シマ選択で9割の勝率の変化があるとしたら・・・? | ホルコンマスターコウの虎視眈々
2010年03月09日(火) 02時53分08秒

シマ選択で9割の勝率の変化があるとしたら・・・?

テーマ:ホルコン攻略理論

コウです。こんばんは。

私が今、滞在している地域は、


お世辞にもパチンコのホール環境がいいとは言えません。


結構、厳しいです。そう簡単には当たりません。



今回の内容は、「シマ選択」についてです。


テキストにも「消去選択の技術論」をご紹介しておりますが、


私の前回からの旅でその重要性について痛感しています。


ホールが出す気があるシマであれば適当に座っても当たることが多くなり、


逆に、ホールが出す気がないシマであれば、


せっかく苦労して当てても伸びないことが多くなります。


近況報告を交えながらその話をします。


ホルコンマスターコウの虎視眈々 ホルコンマスターコウの虎視眈々

この「めぞん一刻」については別に出す気がある機種ではないのですが、


新台の「ヤマト3」と同じシマにあることで連動作用が働きます。


本当は出す気がないがしかたなくでも当たる時間帯があるという話です。


「ヤマト3」のグループを基準として狙うことができます。


詳しい内容は書けませんが中古台の機種でも狙い目となりえます。


ホルコンマスターコウの虎視眈々 ホルコンマスターコウの虎視眈々


この「桃太郎侍」も「ヤマト3」の連動関係にありますので、


誰もお客さんがいなくても条件しだいでは当たることがあります。


でも、本来は出す気がないのであまり伸びません。


ホルコンマスターコウの虎視眈々 ホルコンマスターコウの虎視眈々

いきなりこんな仮面が落下したらビビリますねw


ここまでしてスカしたら反応です。周囲に人がいなくても恥ずかしいです。


ホルコンマスターコウの虎視眈々 ホルコンマスターコウの虎視眈々

これも新台「ヤマト3」の連動台である「ヤマト戦記」です。


やはり、伸びませんね。頑張っても3~6箱で止まります。


ホルコンマスターコウの虎視眈々


これは新台の「エヴァスロ」です。水玉模様が激アツ指定になっています。


スロも稼働率が低いと平均連チャン率が下がります。


AスロでもARTでも同じですね。


ホルコンマスターコウの虎視眈々


相方さんのエヴァに水玉が入った瞬間に、


私が打っていた「タイムレスキュー」に反応ステージです。


相方が「777」を揃えたタイミングで通常ステージに戻りました。


反応だけはする?・・・ 稼動率が低いとその反応さえも少なくなります。


ホルコンマスターコウの虎視眈々 ホルコンマスターコウの虎視眈々 ホルコンマスターコウの虎視眈々


さすがにこの「炎のシュレン」では当たりましたが伸びません。


「北斗の拳」ですね。このリーチも激アツ反応になりやすいです。


新台の還元率の設定が高いので、どうしても中古台は隙間産業になりやすいです。


ホールとしては、「新台だけ出しとけばいい」みたいな感じでしょうね。


ホルコンマスターコウの虎視眈々

現在の私は誰も人がいないようなシマで当たりが取れるかの研究もしています。


ですから、相方さんが心配するくらいに金を使うこともあります。


ホールでは3~5万円くらい軽く使うことがあります。


この日のレシートは相方さんのものありますw


私は出しても飲まれて何しているかわかりませんでした (>_<)


研究観察をしながら勝つということは苦労が絶えません。


慣れているホールならいいのですが・・・



最近の興味は、シマにお客さんが少ない状況で当たった場合に、


なぜ、「平均連チャン回数が高くなることがあるのか?」という内容です。


皆さんもお心当たりがあられると思います。


シマに一人しかお客さんがいないのに10箱くらい積んでいることがあります。


出す気があるのかと思いきや、試しに何台か打っても当たる気がしない・・・


このメカニズムを解明できれば、当たりを取ることはできますので、


平均連チャン回数を伸ばせるのではないかと考えております。


自分がその特定の「見せ台」をゲットするという目的です。


ただ、前述の話はマニアックな内容ですので、


ホルコン攻略に慣れておられない方にはお勧めできません。


やはり、新台などでホールが出す気持ちがある場所を狙って頂きたいです。



タイトルにも書いておりますように、


シマ選択の技術で勝敗の行方が「9割」は決まると考えております。


金が流れているシマであれば平均連チャン回数も増加しますが、


誰もお客さんがいないようなシマでは出したくても出せない事情があるようです。


一台を当てるということについてはやや同じ努力ですので、


連チャン回数に期待できるシマの方が効率的です。



ふと、他の中古台のシマを観察したときに、


最大で出しているお客さんが5~6箱であれば悲しいものがあります。


やはり、10箱以上もの連チャン台がピョンピョン出ているようなシマがベストです。


しかし、新台は新台で競争率が高い場合には台選択が運になることもあります。


それでも何とか技術論でカバーできますので、慎重に取り組まれて頂きたいです。


例えば、稼働率が高ければ待機型でカバーができます。


詳しくは今後の更新テキストやカオスフォーラムでご紹介します。


ホール選択に続き、シマ選択も非常に大切であるという内容でした。



では、ありがとうございました。





ホルコンマスターコウさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]