1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2010年05月30日(日) 17時17分54秒

クレヨン先生と松下幸之助氏と「運がいい」

テーマ:独り言


こんにちは。


意味不明のタイトルですみません。今回も「独り言」です。


 前回の「独り言」でもそうでしたが、最近はどうも自分自身を脱皮させたいような衝動があります。何かの転換期を迎えているような感じです。別にカオスを解散するとかの話ではありませんのでご安心下さいw


 口うるさい相方さんに勧められてTVのニュースや本を読むことを考え始めました。昨年の後半に裏切りなどの被害を受けたこともありまして、ここ半年くらいは人間の暗い部分のみを見つめてきたように思います。


「世の中にはどうしてここまで非常識な人間がいるのだろうか?」


「平気で人を裏切って金儲けできる人間って・・・ ありえない!」


 こんなことばかり考え、悩み、答えを模索しておりました。人の考え方を二分化するとプラスかマイナスという話になりそうですが、私の考え方はどうしてもマイナスの要素が強かったように考えるようになりました。何かの哲学書か宗教書に下記の言葉が書いてありました。


「いくら闇を見つめたところで、その闇は消えない。


              闇を消す為には光を当てなければならない。」


 理屈はわかるのですが実感がありません。経験が浅いのでしょう。私はパチンコばかりしてきたような人生ですから、人生の闇の部分を見つめすぎて、光の当て方がわからない、そんな感じです。


 前回の記事にも書きましたように、パチンコなどのギャンプルはパイの取り合いです。誰かが損をして誰かが得をする。おそらくみんなが幸せになるようにはなりません。残念な世界です。当組織のメンバーの皆さんでも、毎月のように何十万と勝っておられる方々もいれば、未だにご成績が安定されない方々もおられます。

パイの取り合いにおける光の当て方・・・


発展的、積極的、肯定的な考え方・・・


パチンコで勝った金の使い方・・・


 本当に難しい課題であると思います。そうしたことを何年と考え続けて、いい加減に脱皮したいと、次のステージに上がりたいという衝動があります。


 最近の話ですが、クレヨン先生と友人になりました。以前の記事でご紹介をさせて頂きました地元の医療病院の先生です。そのクレヨン先生が「松下幸之助氏」の話をされまして、そうそう、鹿児島の黒まるさんもその話をされました。連日の話ですから、これは偶然ではないなと考えまして、私なりに「松下幸之助氏」について詳しく調べてみました。


ホルコンマスターコウの虎視眈々


松下 幸之助氏 (まつした こうのすけ)


 1894年(明治27年)11月27日 - 1989年(平成元年4月27日)日本の実業家。パナソニック(旧社名:松下電器産業、松下電器製作所、松下電気器具製作所)を一代で築き上げた日本屈指の経営者で、経営の神様とも、関係者からは社主とも称された。自分と同じく丁稚から身を起こした思想家の石田梅岩に倣い、PHP研究所を設立して倫理教育に乗り出す一方、晩年は松下政経塾を立ち上げ政治家の育成にも意を注いだ。



 松下幸之助氏は常に「自分は運がいい人間だ」と言い聞かせていたという話です。松下氏は小学校のときに和歌山の実家から大阪に丁稚奉公に出ることになり、母親に見送られて汽車に乗り故郷をあとにしました。家庭の事情で小学校も卒業することができなかったという話です。今の時代ではありえない話ですね。


 松下氏の逸話は様々ですが、私が凄みを感じたのは下記の話です。


 松下氏は港にあるセメント会社で臨時運搬工として働いたことがあるそうですが、通勤で蒸気船に乗っていたときに近くにいた船員の一人がよろめいて、松下氏を道連れに海に落ちてしまったことがあるらしいです。


そのときの松下氏の言葉が・・・


「夏の海だったので助かった」 という内容だったそうです。


 もしかしたら溺れ死んでも仕方がないような状況下での話です。一欠けらも他人の責任という感覚がありません。


「自分は運がよかったから助かった」 という考え方です。


 他にも松下氏が自転車で道を走っていたときに、偶然か何か知りませんが自動車に跳ねられたこともあったようです。そのときにも・・・ 


「自分に命があったということは幸運なことだ」 と考えられたそうです。


私ならどうやって慰謝料を請求するか考えるかもですw


 この世の中でイラっとする話は尽きません。毎日、毎日、会社でも家庭でもパチンコホールでも嫌なことはあります。偉そうににしているだけの上司、言うことを聞かない部下、ずる賢い同僚・・・ 


 会社は終わっているのにいつまでも帰ってこない旦那さん、おしゃれは得意だけど家のことは何にもしない奥さん、宿題もしないでいつもまでもTVゲームをして遊んでいる我が子・・・


「いくら闇を見つめたところで、その闇は消えない。


              闇を消す為には光を当てなければならない。」


 クレヨン先生も、「自分は運がいい人間だ」と自信を持って言われます。それは決して楽観的な考え方や過剰な自惚れ意識ではなく、そう考えた方が積極的・建設的・肯定的な人生を送る秘訣ではないかと思います。幸福な人生を建設する必要な要素であると考えます。


 「自分は運がいい」と確信している人間こそが、他の人達にもいい影響を与えることができるのではないかと思います。そう考えたときに、私も本当は感謝するべきことが見つかります。

(1) パチンコを攻略できる技術がある


(2) 多くの仲間や友人がいる


 このふたつだけでも、「自分も運がいい人間だ」と思わなければならない要素であり、感謝しなければならないことだと深く感じております。


 多くの友人や言葉に触れて、自分の考え方も変わるものだと知りました。頑固さだけには自信があった私ですが、今後は、松下幸之助氏やクレヨン先生を見習いまして、「自分は運がいい」と考えて前向きに努力していきたいと思います。



<お祝いの言葉>


 ベッキーさん、この度のご出産、謹んでお祝い申し上げます。私は子育ての経験がありませんが、ベッキーさんは最高のお父さんになれると自信を持って言えます。赤ちゃんのお名前で・・・ 男の子なら「コウ」で、女の子なら「コウ」はいかがですか?とか冗談を考えていましたが、もう、遅かったみたいですね。ごめんなさい。


 次回は乗り遅れないように努力します。末永くお幸せになられるように見守らせて下さい。今後とも宜しくお願い致します。



では、ありがとうございました。




いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /