ちゃお しゃおばおです

広州三大酒家を巡る、飲茶の旅、
続いては、広大な庭園が素晴らしい
泮溪酒家
(広州市荔湾区龍津西路151号)

このお店の特徴は、何と言っても、その建物&庭園の美しさ。
入口の雰囲気も、レトロでいい感じ。
ご飯時には、お客さんひっきりなしに出入りするので、
写真撮るのが大変です。
{7B1EEE7F-4A9B-46EF-9609-3DA9E0D975FB:01}

な、な、なんと、平日なら、お得ポイントが2つも!
その1
平日朝の飲茶なら、
メニューが全て2元(約30円)割引! 
(お茶は値引きありません)
{8826A227-8204-4BE0-B6DE-B5ADF7DD7F0B:01}

その2
平日の下午茶、(15:00-16:30)
2品を正規料金でオーダーすれば、
毎日日替わりで、特定メニューが激安に!
月曜日 エビ餃子 10元
火曜日 ワンタンメン 10元
水曜日 包子  5元
木曜日 咸水角 (ハムシュイゴッ)5元
金曜日 エッグタルト 5元
近所なら、毎日通いたくなる、魅力デス

えー、現在は、大手食品メーカーの四洲食品がこのレストランを
経営しているようで、同じ敷地内に、四洲食品の店舗も併設されてます。
{863B8D7E-3E87-4C92-94B7-DE9EF34C49AF:01}

ここにも、
広州老字号の看板や、
2012年広州10大酒家の看板があり、
{C9AE5B37-9FAD-464F-84B4-F64019A4CA8D:01}


{6159CA7A-6471-4924-92B0-D39235F4EEFD:01}


広東名点心として、3品が入選してます。
・馳名咸煎饼
・荔湾艇仔粥
・珍珠咸水角 (木曜日の下午茶で 5元になる品です)

{0184C75B-9E2C-45AD-9517-6A9CC887E6C5:01}

動物の形をした、創作点心も有名。
ウサギさんに似せた、エビ餃子
{DBB71235-CEF5-4EBD-8EAC-74C9B9F2B04C:01}

羊に似せた、揚げもの
(名前は忘れました…)
{B0962529-E5C0-45CC-B740-23F36AE49A0B:01}

まずは入口で、番号を取って待ちます。
ここも30分くらいは待つかも。。。
{3AF28095-5158-4117-B15B-A957146F103C:01}


番号呼ばれると、札を受付に見せて、場所を書いてもらいます。
とにかく広ーーーーーーーーーーーーーーい敷地内。

色んな建物があるので、自分の行く場所がどこか、
地図を確認して進んでね。
{C8761937-779C-42F5-A3DC-F953E38F22FC:01}


この日入ったお部屋は、広いホール。
何か、香港の美都のような感じです。
{40CDC0D0-86E4-4F3A-9458-E267A92B0E7E:01}

あ、お客さん多いので、人数少ないと、
1つの丸テーブルで、相席になるので、予めご了承を。
相席は当たり前なのが、ローカル流。

メニューはこちら!
{D09B3D46-D863-40F6-9E4C-EC2F765226CC:01}

{D4C07E16-EAE5-4D2F-ADE7-8F0642A10AB5:01}

蒸し物をはじめ、一通りのメニューが揃っています、
さすが老舗店!

お茶を洗うのも、ローカル流ですね。
{1DEAE8CE-7C24-42E5-91F1-06698194718A:01}


さて、まずは、排骨から。
{39E840F6-1CAC-4EE8-AA2D-A80DBA7657EC:01}

ちょっと濃いめの味付けですが、芋まで味が染みてて美味しい

珍しく、ニラ餃子をいただきましたが、
日本の餃子よりも美味しいわ
{AE0A9E4A-8070-4B0F-8140-F400D34A8BE5:01}


お店の看板メニューの一つ、
泮塘马蹄糕 、
{F51F2B95-4851-4CE9-A078-5F166C4A6B0D:01}

さっぱりとした口当たりと、クワイのシャキシャキが、
文句なしの一品。

看板メニュー、その2
秘制金沙包
まーんまるで美しい
{C8B9144F-31DC-466E-BB16-1E0AB6D33A97:01}

断面ショーはこちら!
{A9F911D1-6D71-4AED-A46B-CD2FC86B8548:01}

{DA17B66A-6911-4570-9666-6D7DD7C91EF6:01}

甘くて美味しいカスタードがたーーーーっぷり。
カスタードまん、冷凍食品でもあるけど、
老舗の味は、桁違いデスわ
ノックアウト!

看板メニュー、その3
上汤云吞面
{6F0196E0-AA4A-471C-9937-1B5743964D4E:01}

相席のオジサン達や、老夫婦も頼んでいた、
恐らく鉄板メニュー

伝統的なワンタンメンは、麺の生地に玉子がたっぷり混じっているので、
黄色い色になっているんです。
ちぢれているのは、スープを染み込ませる為。
エビなどの出汁が効いてます。

看板メニュー、その4
鲜虾干蒸卖 
{3FDFF060-236F-44FB-9E0D-8F7594F2D056:01}


エビが大きいです!
間違いなく美味しいけど、しゃおばおの好みだと、
広州NO.1のエビシューマイは、
陶陶居
かなあ。。。

泮溪酒家、長く愛される理由は、美味しさと
そして安さ!

お茶代は一人6元。
上記6品頼んで、お会計が101.80元!
つまり、一人50元でお腹いっぱいになるんです!

これは、通い詰められるわ…

地元のお年寄りが、「ちょっとお茶」しにやってくる、
そんなお店ですね。
伝統も実力もあるのに、庶民的なところが、非常に好印象。

お庭はこんな感じ。
{3A703806-5FDA-4F47-AD99-54DEB6694FE6:01}

{064E2422-FCAF-4AAA-A58C-F4FAC32E963F:01}
大きなお屋敷です。


船の上で食べることもできるみたい(予約いるのかな??)
{C5EEF3F2-2FA6-48FF-B925-42CDFC4F86FC:01}



最後に、お買い計済ませると、もらえるレシートで、
お店の隣にある、四洲食品の店舗に行くと、
指定商品をプレゼントしてくれます。

のりえびせんべいでした。。。
{CBCAC0FA-5296-4731-9E69-12FAB5DE0636:01}

最寄り駅は地下鉄5号線の
中山八駅。
珠江新城駅から約30分の距離。

ここから、通りを暫く歩いて、
荔枝湾へ向かって歩いていくと、
広州の下町エリアへやってきます。

この辺り、美食街で、
ローカルフードのお店が沢山!
お粥や、濑粉(米粉の短い麺みたいなもの)や、スイーツなどなど。
今度はこういったところでも食べてみたいな。

普段あまり行かないエリアですが、
中山七八エリアは、
レトロな広州の魅力が沢山!
美食が沢山!
絶対にまた行きたい場所なのでした

ごちそうさまでした

AD