Chanty 芥オフィシャルブログ「続・凡人代表(仮)」Powered by Ameba

Chanty 芥オフィシャルブログ「続・凡人代表(仮)」Powered by Ameba

Chanty 芥オフィシャルブログ「続・凡人代表(仮)」Powered by Ameba

2018年9月16日(日)TSUTAYA O-WEST

Chanty 5th Anniversary oneman

『Chantyの世界へようこそ』

OPEN 17:30 / START 18:00
前売り 4,000円 / 当日4,500円(D代別)

オフィシャルサイト

http://www.chanty.jp/
NEW !
テーマ:

もう今日で5周年から一週間

 

ということは6周年まで358日

 

もたもたしていられません

 

改めてこの間は

 

Chanty 5th Anniversary oneman 

 

『Chantyの世界へようこそ』

 

ご来場いただきありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

一曲目の綺麗事

 

あかずきんちゃんがマッチ売りに弾き語りを導入したわけではなく

 

 

 

 

 

 

 

 

千歳君がプロレス業界に参入したわけでもなく

 

 

 

 

 

 

 

 

走り疲れた野中拓が

 

 

 

 

 

 

 

 

天に召されたわけでもありません

 

ツイッターでも書いたけど

 

本当に人生みたいなライブで

 

最後の最後で笑えたのは

 

 

 

 

 

 

 

成人犬がハウスに新しいマットを手にいれたから

 

 

でもありません

 

 

よし

 

とりあえずお気に入りの写真は載せたので本題です

 

 

 

 

本当に幸せな1日でした

 

 

 

 

当たり前の一日にしたいってずっと思いながらも

どうしても特別に思ってしまう9月16日

 

 

 

1曲目の綺麗事って曲は

自分から消えたいと願ってしまう人が多いこの世界で

そんな人がまわりにいたならなにができるだろうって最近よく考えたりして

何を思いついても全部綺麗事に思えてきてしまって

最終的にいつでもここにいるよって居場所を示すのが

一番の救いになるんじゃないかなって思ったのがきっかけで書いた曲

 

 

しゃがれた魂も捨てないで取っといて

いったりきたりしてもいいよ

いつでもここにいるから

 

 

僕らにとっての「いつでもここにいる」の体現に近い916WEST。

 

 

今伝えたかったり自分にも言い聞かせたいことが少し吐き出せた気がします

 

 

正直去年の周年から順風満帆に進めたとは言いがたいこの一年

 

 

折れそうになることもありました

 

 

でも、暗がりで歌い始めた綺麗事に灯りがついたとき

目の前に広がった景色が本当に綺麗で

ああーこれは綺麗事じゃないわー

って意味わからないことを思いながらアコギをかきむしった覚えがあります

 

 

そこから始まった916Chantyの世界

 

 

最後の最後まで救われっぱなしだったなあ

 

 

見せつけてやろうみたいな気持ちがどんどん削ぎ落とされて

最終的に剥き出しの本心になった感じ

悔しいことも山ほどあったんだけど

どうでもよくなっちゃうくらい与えてもらった気がする

本当にこんな恵まれたバンドっているのかって思った

 

 

本編最後に歌った「終わりの始まり」とアンコール二曲目で歌った【3.0.17】を赤い糸で結ぶことができて

そこから歩いて出会った「最低」を届けたあとに演奏したひさびさの「C」は本当に鳥肌がたったよ。

自然と上がったあの手の平は一生忘れない感覚だと思います。

どうあっても音楽やってると「のせる」ってことを意識してしまうんだけど

こうなってほしいって思ったものが何の発信もなく現実になった瞬間って

どうしようもなくなるもんだね

あとちょっとで泣くところだった

 

 

 

いつも制作で入ってくれる関係者さんが

Chantyのお客さんってこんなにすごかったですっけ?

って言ってくれた

 

 

どういうことか聞いたら

客層が変わったとかそういうことじゃないんだけど

とにかくなんだかすごかったそうだ

 

 

うれしいね。こっちもなんか嬉しいです。

変わったわけじゃないもんね。

五年分繋いだからそうなったと思うんです。

 

 

ダブルアンコールまでありがとうね

あの感覚、出ていくしかねえだろ!ってメンバー全員が無意味に走ってステージに向かいました

終わったと、制作チームが満面の笑みで迎えてくれたのをめっちゃ覚えています

勢いで叫んだ最後の言葉も

らしくなさすぎて笑った

けど気持ちよかった

あの日言ったどの言葉よりも純度の高い本心だったんだとおもう

 

 

見届けてくれてありがとう

 

 

一緒に創ってくれてありがとう

 

 

そして一つの大きな目標を叶えてくれてありがとう

 

 

改めてまだまだなバンドだって思ったよ

 

 

もっとかっこよくなるね

 

 

次のライブからまた創っていきましょう

 

 

そのいつもどうりの繰り返しを繋いでいきます

 

 

遅くなっちゃったけどミニアルバム「壊創するシンポジウム」楽しみにしててね

 

 

そして新しい目標、憧れの「名古屋ELL」にてワンマン

 

 

なかなか震えますが非常に楽しみです

 

 

来年の予定も少しづつ決まりはじめました

 

 

これからもよろしくお願いします

 

 

Chantyの世界へようこそ

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース