6 調べて行けばよかった善通寺 | 夫婦世界旅行-妻編

夫婦世界旅行-妻編

2001年4月から1年間、世間では中高年に括られる夫婦2人して、世界一周を目指し、貧乏旅行した時の日記です。とにかく楽しく読んでいただければ。画面左端の「ブックマーク」の「夫婦世界旅行―妻編part1へ」をクリックすると、一番最初のページへ飛べます。


テーマ:

2017年12月 徳島・香川旅行

 

6 調べて行けばよかった善通寺

 

讃岐である。琴平にも評判のうどん屋さんは点在していた。

そのリストも手元にあった。チョキ

しかし、なぜか姉は善通寺に行きたがり、そちらに行ってもうどん屋はあるでしょということで、そちらへまず移動。電車

土讃線でほんの4~5分の移動なり。(一本逃すと次は20分は来ないので、要注意。あせる

 

だいぶ傷んだ感のある木造駅の前は、立派な大通りで。キラキラ

しかし、立派な建物も並んでいるが、閑散~とした感じ。カラス

人もほとんどいないし、活気もない。ダウン

 

駅前からまっすぐ伸びている大通りを徒歩20分ほど行けば善通寺があるはず!

「善通寺」と駅の名前にもなっているので、さぞ大きなお寺なのだろうから、

参道もそれなりの賑わいが音譜……と思っていたら、

大通りは「参道」というムードはひとかけらもなく。ダウン

広い道路がより広く感じる街並み~。えー?

 

うどん屋や製麺所が見当たりません~。あせる

やがて2軒ほど見かけたものの、営業してないみたい……?あせる

空がどんよりしているから、通りも余計さむざむしく感じます~。汗

 

(後日、調べたら、善通寺にもうどん屋や製麺所がいっぱいあった! サーチ

しかし、それらは駅前大通りからは逸れた、駅からはちょっと奥まった通りにあるのだった! ちゃんと調べて狙いを定めていかねば、徒歩旅行者はうまいうどんにはありつけぬのだ!えーん

 

つまらない通りを20分歩くのは、つまらん。ダウン

が、通りの先にはこんもりしたお山が連なって見えてきて、せめてもの風景であった。太白山(仙台)太白山(仙台)

 

腹ごしらえもままならぬまま、大通りの右手に善通寺の五重塔が見えてきた。ひらめき電球

 

 

大通りからちょっと右へ入ると、善通寺。

 

 

お願い事が 善く通る寺」……そういう意味だったのか! 本当か? うどん屋が見当たらないんですけど~? 美味しいうどんが食べたいんですけど~?ぐすん

 

……これも後日、ネットで調べたら、サーチ

五岳山 善通寺の創建は、『多度郡屏風浦善通寺之記』(江戸時代中期成立)によると、

唐より帰朝されたお大師さまが、御父の寄進した四町四方の地に、師である恵果和尚の住した長安・青龍寺を模して建立したお寺で、

大同2年(807)臘月(陰暦12月)朔日に斧始めを行い、弘仁4年(813)6月15日に落慶し、

父の諱『善通(よしみち)』をとって『善通寺』と号したと記されています。」 となっ!ポーン

 

弘法大師のご尊父の名前から付いたんじゃん~!

それにしても、807年創建とは、古いっ!びっくり

そして、弘法大師誕生の寺、となっ?ビックリマーク

 

金堂(本堂)」。

 

境内には見事な楠が! ううむ。この木に会えただけでも、よしとするか、と思える楠。ウインク

大きな楠って、たいていどや顔をしているのだけど、

ここの楠の大木は、ちょっと疲れて見えた……のは、私がお腹が空いていたせいでしょうか。汗

 

でも、こちらの楠は元気なムード。アップ 背が低めなのは、お年のせいかな? 樹齢千数百年とか?

 

 

空海の像って、各地の寺でよく見かけるけれど、ここの像は、私には響かないなぁ。ダウンねー

うどんにありつけない苛立ちからか、

寺の空海像にまで、不満を感じ始め、

なんでも空海像を置けばいいっつーもんじゃないわよー! パンチ!

と、心のどこかで毒づく私であった。

 

だがしかし、後日ググって知ったことだが、サーチ

 

ここ善通寺は、「京都の東寺、和歌山の高野山とならぶ弘法大師三大霊跡のひとつ」となっ!ポーン

 

この善通寺の中には(「西の院」テリトリーに)、弘法大師が生まれたときに用いた産湯の井戸がある、となっ! びっくり

(知らずに、見てこなかったww。遅くとも700年代から井戸として使われ、今に至る? 〝井戸歴“、長っ!あせる

 

どうやら弘法大師がまさにこの地で生まれたということらしい。

弘法大師の父(当時この地の豪族)の地所で、

その地に父の名を冠した寺を弘法大師が創建したのが、善通寺ーーということのようだ。びっくり

 

なんという由緒正しき歴史あるお寺であったことか!

そーとも知らず、

「立派そうだけど、取り立てて面白みがあるという寺ではないね~ねー」などと思い、

むしろ境内の隅(もしかしたら、境内の外にあたるのか?)の五百羅漢を楽しく拝見。

 

 

五百羅漢の顔って、いつもそこら辺にいるどこかのおじさんのような表情をしていて面白いなぁと思う。ラブ

いつらのどこが「羅漢」(仏教において最高の悟りを得た聖者)なのか? といつも失笑してしまう。ウシシ

とても人間臭くて、面白い。音譜

 

そして、門の辺りでやおらすり寄ってきた野良猫と興じる。

 

薄汚く、なにやら病気ももっていそう。かわいそうに。

「ごめんね。何もあげられるもの、持ってないんだよ。うどんも食べてないよ」と独り言ちるのであった。汗

 

余談だが、

「願い事が 善く通じる」善通寺、とは上手く語呂を合わせたなと思う。

 

で、

便秘が治る「便通寺」なんてあったら、参拝客が後を絶たないんじゃないかなぁと思ったことであった。にひひ

 

 あと一話、つづく。

シャンティcocoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス