卵の白身のパウンドケーキアレンジ

 

韮の黄身乗せ”を沢山作って白身が溜まってしまったので、あせる

白身を利用してパウンドケーキを作ってみた。照れ

 

みどりさんのお姑さま直伝の生姜入りロンボックコーヒーの粉も使って。チョキ(このコーヒー入れるとお菓子が美味しくなるわ~ラブ

 

うっかり賞味期限を過ぎてしまったが諦めきれず、ガンガンに炒ったら

真っ黒になってしまった炒りグルミ。あせる

それをさらに黒砂糖で絡め、冷ましたものも使って。

バターの代わりにオリーブオイルを使って。チョキ

 

したらば、

ラム酒に漬けておいた干し葡萄も汁ごとた~っぷり入れたのに、

シフォンケーキのようなパウンドケーキのような中途半端な

ちょっとパサパサなケーキが出来てしまった。ショボーン

(食べられなくはない。炒り過ぎたクルミとインドネシアコーヒーが香ばしい点はグッド。)

 

で、先日夫の誕生日だったので、

残っていたこのケーキをアレンジして

小さなバースディケーキを作ったろう♪ と考えた。ひらめき電球

 

出来損ないのパサパサパウンドケーキをスライスして~音譜

間にしっとりする美味しいものを入れたらいいんじゃね?ゲラゲラ

つまり、抹茶アイスクリーム、マスカルポーネチーズとエスプレッソソース、ジューシーなマンゴージャム、杏のシロップ漬け、生クリーム。

 

で、こうなった!

 

一応、杏色の火の灯るキャンドルをイメージしてみました。キャンドル笑い泣き

生クリームにラム酒をドボっと入れてしまったため、

上手くホイップできず。あせる

いや、しかし、むしろ、

蝋燭が溶けたような具合がうまく出来た!……と前向きに考えよう。ゲラゲラ

 

――こういう場合、「蝋燭が溶けている感じを出すのが難しかったのだが、なかなか上手く出てるでしょ? 」と言うのであった。――ニヒヒ

 

断面はこんな感じ。

 

しっとりと美味しいものが色々プラスされたのだから、

もちろん美味しさはグレイドアップされていて、

めでたしめでたし。ねー

腹に入ればみな同じ。マガモ なにごとも創意工夫!ニヤニヤ←チガウカあせる

AD

庭仕事

テーマ:

庭仕事

 

実家に行くたび、狭―いお庭のお手入れを少々するようになった。あせる

 

実家を出てからもう何十年も庭のお手入れなんてしていなかったので、

雑草を抜きながらダンゴムシ摘まんでしまったり、ゲロー

足の指先をダンゴ虫に乗られたり、ゲロー

ともかく何十匹というダンゴムシと毎回“こんにちは”で、ゲロー

ゲゲ! ギャっ! じぇ~~! とダンゴムシに気をとられているうちにあせる

一回で20箇所蚊に刺されてた……なんて目に遭い。えーん

 

こりゃ、防御せねば! パンチ!

と、

ネット付きの帽子を被り、パンチ!

(ネットより拝借画像)

 

こんなツナギを着て、パンチ!

 

日本手ぬぐいを首にびしっと巻き、パンチ!

ゴム手袋をし、パンチ!

手首や足など外に出てしまう肌に虫除けスプレーを塗り捲り、DASH!

手首足首に防虫リンクを嵌めて、

腰に携帯蚊取り線香を焚いて

庭仕事をするようにした。

なかなか効果がある!チョキウシシ

 

が、

昨日は時間がなくて水遣りだけ。あせる

なので、虫除けスプレーだけしてDASH!

水を撒いていたほんの数十分の間に

またしても散々刺された!えーん

 

刺された部分はパンパンに腫れあがり、親指より太くなった。どの指だかわかるかな?

(手の平側も3箇所刺されていて、実はボコボコ。)

 

そして、多分同じ蚊だろうか、

私の目頭をチクっと、チューチューとやってくれたらしく、

右の目頭がパンパンに……。えーん 目

 

自分が見ると顔がちょっと変形したように思えるのだが、ゲッソリ

他の人が見たら別にそういう顔だと思う程度らしい。ガーン

悔しいような嬉しいような……?汗

とにかく痒いwwww.

 

献血に挑むたびに血が薄いということでなかなか献血できないのだが、

蚊は私の血を「薄味だなぁ。その割りにドロドロで飲みにくいぜ」なんて思いながら、

物足りなくてつい吸い過ぎるのだろうか?笑い泣き

 

来週も頑張って雑草抜きをしなくては。グー

老母は雑草に除草剤を撒くように言うのだが、

どうも除草剤って抵抗があるんだよね。汗

他の植物やらダンゴムシやらに影響しちゃうんじゃない?

どうなんだろう?はてなマーク

植物を枯らす成分って、なんだか怖いんですけど。ドクロ

 

・・・…って、一生懸命育てても鉢植えの植物を枯らしてしまう私が何を心配するんじゃ?って感じではあるが。滝汗

AD

“齢”飲み比べ と韮のおつまみ

 

この3月、広島の亀齢(キレイ)酒造見学旅行に行く予定だった。

が、前日の夜から突然39度近い発熱。ゲロー

旅行会社に連絡しようもなく、

当日ドタキャンだとキャンセル料は全額だ。あせる

 

熱が下がることを願ったが、あせるあせるあせる

明け方になっても治らず。ドクロえーんドクロ

意地でも行きたいが、

こんな発熱人間は、同車する新幹線のお客さんにも

見学旅行を一緒にする人々にも酒蔵の人にも迷惑千万。ガックリU

 

とにかく少しでもキャンセル料を安くするため、朝5時半から駅の窓口へふらふらと歩いて行き、チケットキャンセル。……できた。チョキ汗

ホテルにネットから連絡。……間に合うかどうかわからないが、とにかく出来るだけのことはしてみた。チョキ汗

 

なんとか旅費半額のキャンセル料で済んだ。ベル

後日無事返金されたわ。チョキ

しかし、福沢さんたちが無駄に去ってはいった。えーん

折角の亀齢酒造見学も出来なかった。えーんえーん

 

私が風邪(?)を引いたのも、

この春から突然歩けなくなってしまった老母を連日介護して疲れが溜まっていたからかも……

と、兄は思ってくれたのだろうか、はてなマーク

それとも酒蔵見学にいけなかった私があまりに残念な顔をしていたからだろうか、はてなマーク

 

なんとか母が落ち着いてきた頃、

兄が「亀齢」だけでなく「鶴齢」、「万齢」を取り寄せてプレゼントしてくれた! なんという大サービス!ポーン笑い泣き

 

で、先日、遅ればせの私のバースディパーティを友と開き、やっと飲み比べた。チョキ

年を重ねるときに相応しいお酒じゃね?ウシシ

 

 

鶴齢(カクレイ) 純米酒」  新潟(青木酒造さん)

万齢(マンレイ) 純米吟醸」  佐渡(小松酒造さん)

亀齢(キレイ)大吟醸 創」  広島(亀齢酒造さん)……「亀齢」って他にもあるようだけど、今回は広島の亀齢酒造さんの亀齢です。

 

なんと贅沢な~♪ラブ

すべて常温か冷で頂いた。

 

どれも美味いっ!!! 笑い泣き

中でも私が気に入ったのは、万齢と鶴齢。ラブラブ

九州で酒というと焼酎のことらしいが、佐渡の日本酒もレベル高っ!

俄然佐渡を訪れたくなった。ドキドキ

 

鶴齢はどちらかというと“新潟らしくない”感じ? でも美味いっ!!

 

亀齢ももちろん美味しいのだけど、

亀齢は醸造アルコールが入っていたので、あの“ぴりぴり感”が私は苦手。

でも、燗にしたらまた違った美味しさが出てきそう。涼しくなったら、お燗で飲んでみたい♡ラブ

兄ぃ、ありがとうございました。(。-人-。)

とりよせてくれた居酒屋さん(?)も、ありがとうございました。(。-人-。)

 

で、友が作ってくれたご馳走が今年もどれも美味しかったのだが、

とりわけ「韮の黄身乗せ」がびっくりの美味しさだった。ラブ

 

材料(一人分):韮一把、卵の黄身1個、麺つゆ適宜

 

①     韮をさっと好みの柔らかさに茹で、水にとって、綺麗に束ね、水気を絞り、

3~4cmの長さに切りそろえ、器に盛る。

②     器に盛った韮の上にちょっと窪みを作り、卵の黄身を乗せ、麺つゆを掛ける。

 

これだけ。びっくり

黄身をつぶして麺つゆと和えながら食べる韮の美味さよ!ドキドキ

 

韮って、1把使うだけでも結構大変だったけれど、あせる

これなら1把ペロリと食べられちゃう。びっくり!

しかもお手軽に作れる!チョキ

 

うまし肴とうまし酒。ラブラブ

美味いものを毎年発見する。ラブラブ

美味いものに毎年出会える。ラブラブ

年をとるのも悪くない。デレデレ

AD

2017年6月 朝比奈切り通し散策 2 十二所神社(ジュウニソウ ジンジャ)

 

金沢街道は鎌倉時代、横浜の金沢は六浦(ムツウラ)で作られた塩を鎌倉へ運ぶ重要な道で、鎌倉八幡と六浦とを結んでいる。☆ワ-(ノ。・ω・)八(。・ω・。)八(・ω・。)ノ-ィ!!!

 

切り通しを歩き切るのが目的なので、体力温存するため、切り通しのそばまではバスで行くことにした。バス

 

鎌倉駅前(東口)からバス(23)に乗り込み、「十二所神社」で下車メモ

ネットで調べたら、鎌倉駅からバスで12分ということだったが、30分以上掛った。時計おーっ!

 

バスの停車表示で、やっと「十二所神社」が「じゅうにそうじんじゃ」と読むことを知る!びっくり

「所」をなぜに「そう」と読むの?はてなマークはてなマークはてなマーク

 

じゅうにそ? じゅうにそう? じゅうにしゃじゃない? と混乱してたら、

うっかり一つ手前の「十二所稲荷神社」で降りてしまった。ズゴンガックリ

 

大通りから登り階段がずっと続いて、先の方は木々に覆われて暗く、面白そうなのだが、ラブラブ

最初から寄り道していてはいかん……と、まずは十二所神社を目指す。あせる

 

稲荷神社から大型車がブンブン行き交う大通りを5分ほど先へ進み、

大通りから横道を、少し下るように回りこんでいくと十二社神社が見えてきた。

 

由来などの説明板は特になく、山を削り取った空間に、山に守られるように鎮座しているこじんまりした無人の神社。

広さは3畳ほどもないんじゃない?ってくらい小さいお社。

 

木材は相当古びているのだが、鈴を鳴らす紅白の紐(?)など定期的に付け替えられているようで、しっかりとしていたし、境内に雑草が茫茫ということもなく、小奇麗にさりげなく手入れされている感じ。キラキラ

 

鈴も心なしか綺麗だ。

 

社の段も触るとざらざらと砂埃が積もっているのだが、どこを見ても洗いざらしたようなすっきりした感じ。キラキラ

 

社の彫り物は中央に兎さんが。ラブ

 

波と兎……神話を表しているのか?

 

鎌倉八幡の東に位置し、鎌倉の東の端を守る……そんな意味合いがあるのかないのか、

とにかく、東=兎ではあるね。

 

狛犬のような顔をしてるけど、龍?

 

岩を穿って作られたヤグラらしきところにも、なにやら祀られている。

 

二つならんだ墓石のようなもののひとつには、

『疱瘡神』と書いてあります。」とのこと。滝汗

参照:「鎌倉怨霊散歩」

 

なんとなく近づくのが怖かったので、遠くから合掌。(。-人-。)

 

地之神社(大地主神)

 

崖には、自生の百合が咲いていた。鎌倉は野生の百合が多いのね~。

 

静かで落ち着いた空間。キラキラ

どうせ誰も来ないだろうと、埃まみれのベンチに座って、早めのランチ(コンビニのオムスビと水)をもさもさ食べていたら、参拝の人が来て、ちょっとびっくり。滝汗

いつもお参りされているようで、お社に拝礼したら、すっと境内の脇にあった階段を下りていってしまった。びっくり

近所の方のようだ。こうして近所の人々に守られている十二所神社だから、こざっぱりしてるんだなぁと納得。チョキ

 

6月の鎌倉は初夏のお花がいっぱい。

紫陽花に

 

ホタルブクロ?

 

 

後日調べたところ、

十二所神社(じゅうにしょじんじゃ)、十二社神社(じゅうにしゃじんじゃ)、十二神社(じゅうにじんじゃ)という名前の神社日本全国に存在し、十二社(じゅうにそう)と称するものもある。」 とな!

 

「古くからの十二様と称する土着の山の神を祀ったものと、熊野神社の系列のものとがある。

 

前者の信仰は射日儀礼を含む「十二講」の習俗を伴い、北関東・甲信越を中心にして東日本の山間部に分布する。後者は十二所権現社などと呼ばれる熊野三山の神(熊野権現)を勧請して祀ったものである。それらの中には明治神仏分離によって祭神を「天神七代地神五代」としている所もある。」

参照:ウィキペディア「十二所神社」

 

 

朝比奈切り通しの終ったところには、熊野神社がある!チョキ

ということは、鎌倉のこの十二所神社は“熊野系”ということだよね。おーっ!

でも、なぜ「じゅうにそう」と読むのかは結局わからない……。ハートブレイク

 

しかし、この後、日本地図を見ていると、ちょこちょこと「十二」がついた神社が目につくようになった。“12ソウ(所)”って、もともと方向を12に分けて“12相”として、それぞれその地のポイントからどの方面かによって、12の干支で表現されていたりするんじゃない? 日本全国のジュウニソウ神社を全部チェックしたら何かが見えてくる気がする……。(それができる時間もお金もないが。)シャベル

 

                  つづく

暑中お見舞い申し上げます

 

東北地方の豪雨被害、ひどいですね。あせる

東北のみなさん、ご無事だろうか?

どうかご無事で!(→o←)ゞ

 

これって梅雨なの? ってくらい猛暑続きの梅雨もやっと明けたらしい。

が、もはや、日本には「梅雨」という括りがなくなってしまったのではないか?

と思えてならない。

昔は梅雨って、じとじとと雨が降らなかったっけ?雨あじさい。

ゲリラ豪雨のようなことはなかったと記憶するのだが……。アセアセ

 

 

月日は瞬く間に過ぎていく。

6月の鎌倉、朝比奈切り通し散策のことを書き始めたら、あっという間に時間が経過してしまった。あせる

実家の老母もなんとか自力で歩けるようにはなってくれた。チョキ

が、まだまだ“すっかり元気”というほどではなく。足のむくみがとれない。ショボーン

そんな老母でも元気になったら行けそうな温泉を探し、姉と温泉の下見にあちこち行ってみたり、キョロキョロ

太極拳のささやかな発表会があったり、滝汗

プチ旅行にも行ってみたり、照れ

ひとつ年を重ね、色々な方面にマスマス衰えを感じたり、チーン

その間ずっと、病気で入院しているらしいブロ友さんの様子がわからず心配だったり……。ぐすん

 

――まったく私の“ブロ友”さんならば、せめて1ヶ月に1度は更新して頂きたいものだ。心配しちゃうんですよ!パンチ!

 

病気なら病気でいいんだけど、(いや、まぁよくはないけどあせる

ブログはリアルがわからないから、

単にブログを止めたのなら止めたと報告さえあればまだわかるが、

なにもないまま何ヶ月もブログが更新されないと、

どーしたんだろう? と心配になって仕方がない。アセアセあせる

リアルがわからないから、余計心配になるわ。えーん

とにかく、みんな元気でいてくださいっ。(。-人-。)

更新してないブロ友さんは更新してくださーい。ヽ(●´Д`●)ノ (…って、私も更新遅れ気味ではあるが。汗