ちょっと前になりますが、
ドイツで活躍する塩田千春さんの個展、
「魂がふるえる」を観に行ってきました。


血を連想させる赤い糸でいろんなものを取り囲んでいる作品や、
ドイツの家の古い窓を沢山くっつけて「過去の目撃者」の目を表現した作品、
無数のスーツケースを天井から吊るして旅の意味を問う作品など、
しばしそこから動けずに引き込まれてしまう作品が多かったです。
写真OKの展示でしたが、
鑑賞が進むうちに写真を撮る気になれないほど見入ってしまいました。



作品のほか、
魂ってどんなもの?
とドイツの小学校の子どもたちに聞いたインタビューも圧巻でした。

10才くらいですが、
みんなきちんと自分の意見を持っていて、
それがみんなと同じでなく、
それぞれに違っていて、しかも自信をもって語れている。
日本で受けた教育ではなかなかそこまでできないな、と
自分の小学生時代を振り返って思いました。

我が子には自分の意見をしっかり持ち、
自信を持って話せる子になってほしい、とも思いました。

10月27日まで森美術館で開催されています。



そしてただただ美しく癒やされたこちら。
新しい日本画を切り開いた山口蓬春の作品展です。

このポスターのしろくまもとても可愛いのですが、
紅葉やひまわり、紫陽花などの季節の植物を描いた作品が、
とても美しくてため息が出ました。
もともと洋画を描いていた山口は日本画に転向すると
その2つのジャンルを混ぜ合わせたような新たな趣の作品を作るようになりました。

違うものをミックスしたときに生まれる新鮮さは
とても面白いものだなと感じます。


こちらはもう終わってしまった作品展ですが、
良いものを見せて頂き、とても気持ちが満たされました。


LINEスタンプ作りましたピンクハート

そして、
4か月ぶりのフレンチジャズライブを開催しますフランス

2019年8月30日金曜
野毛 ル・タン・ペルデュでライブをします。
19時〜、20時〜、21時〜、22時〜の4回ステージがあり、
好きなお時間にお越しいただけるようになっています。

ボーカル福山知沙
ピアノ神多恭子
ベース多田和弘

ジャズ、ボサノバ、シャンソン、フレンチポップス、そして日本のアニメソング(まさか!の曲もあります)のフレンチボッサバージョンなど、
ほぼ全曲フランス語で歌います。

ミュージックチャージはなく投げ銭で、
ご自身が自由に設定した金額をステージごとに金魚鉢に入れる変わったシステムです^_^

1ステージだけ見るお客様もいますし、
ずっといてくださる方もいらっしゃいますし
自由!


20時からの2ndステージでは、
今年1月に亡くなったミシェル・ルグラン特集をします。三曲ルグランの曲を歌いますが、それ以外はゆかりのある作曲家の曲を。

そして21時からの3rdステージの前半はお客様も演奏や歌をどうぞ!
譜面や楽器を持ってきてくださいね^_^


雰囲気のいいお店、ル・タン・ペルデュ。
マスターがパリで10年パントマイムをやっていた人で、
ヨーロッパじゅうで買い集めたものたちで飾られた不思議なお店で私は大好きです!

そしてベルギービールが美味しいラブ
わたしはサクランボのビールが好き!

もし良かったら遊びに来てください。


※10月25日(金)、
11月9日(土)も同じお店でのライブが決まりました。
(11月9日はお客様の演奏タイムは予定されていませんが、10月25日はあります。)












講談社より出版した絵本
「しょうぎのくにであそぼう」
(作/中倉彰子、
絵・キャラクター原案/福山知沙)の
刊行記念イベントを
8月12日に紀伊國屋書店新宿本店にて開催しました。


午前、午後の二回にわたって行ったこのイベント。
たくさんのお子さんたちが参加してくれました!
各回とも、まずは駒の動かし方のお教室。

キャラクターのペープサートと
顔の形の駒を使います。
ふうくん(歩)は赤ちゃんだからよち、よちと前に一歩ずつ!
きょうこねえさん(香)はローラースケートを履いているから前にズバーっと進めるんだよ!
など、あくまで子どもさんがわかるように^_^

キャラクターの特徴に沿って動き方を覚えてもらいました。

この道具↓がなかったら今回のイベントは開催できなかったと思います。
彰子先生の、5年生のお嬢さんがお人形にセリフをつけて登場してくれました^_^

ペープサートやキャラクター駒を作ってくださったのは講談社の酒井さん。
絵本のために描いた絵をきれいに印刷して工作してくれました。

もともと絵本のPR動画のために作ってくださったペープサートやキャラクター駒。
せっかくだからイベントでも使わせていただきました。
本当にありがたいです。


駒の動きを覚えたら、
今度はお子さんたちに実際に将棋を体験してもらいます。

といってもいきなり難しくはしません。
ひろみ先生のおうさまを捕まえる遊びです。
この裸玉を詰ます遊びは
私が8年前に将棋を覚えた時、
よくやっていた「ハム将棋」にヒントを得ました^_^


みんなキャラクターの駒を触りたくてうずうず。
そんなに食いついてくれて、
とっても嬉しかったです。
ちなみに息子もキャラクターで駒の動きを覚えました^_^


サイン会も開かせてもらいました。

彰子さんのように毛筆でスラスラ、美しい字が書けたらカッコいいですが、、、
わたしはみなさんのお好みのキャラクターの顔をお聞きして、
サインに反映しました。
(名前の頭文字のCをキャラクターの顔にするサインです^_^)


制作チームで記念に!
中倉姉妹と、講談社の編集の川崎さん^_^
川崎さんは前作「しょうぎのくにのだいぼうけん」を読んで将棋を覚え、
今では初段に近づく勢い。
講談社の将棋部で日々腕を磨いていらっしゃいます^_^



一緒に写真を撮れなかったけれど、
後任の酒井さんも朝からイベントを手伝ってくださいました。


イベントには伊藤真吾五段と島井咲緒里女流二段も!
イトシンTVが大人気の伊藤五段。
お子さんたちを連れてご家族で来てくれました。
「イェイイェイおとうさん」だ!笑


そしてそして、、

矢内理絵子女流五段、本田小百合女流三段、
上川香織女流二段、井道千尋女流二段もイベントに来てくださいました^_^
みなさんお子さんを連れてお越しくださり、
暑い中本当にありがたいと思いました。
ありがとうございました!



本田さんがクレープを差し入れしてくださいました。
うれしくて、美味しかった^_^


仕事でお世話になっている方や友人も
お子さん連れで来てくれました。
こちらは、プレゼントにお渡しした塗り絵!
「ひしゃおくんが好き」といいながら塗ってくれた
6歳の女の子の作品です。上手!^_^

小さいお子さんたちも感想を聞いたら
またおうさま捕まえるゲームやりたい!
と言ってくれて、
嬉しい。
イベントは大成功!だと思いました^_^。。


また絵本とキャラクターを通して、
お子さんたちと将棋に親しむイベントが出来たらいいな、と思います^_^

そして、小さなお子さんたちと将棋をつなぐきっかけを作っていけたら、と思いました。



ひまわりひまわりひまわりひまわりひまわり
今回のイベントを、
スポーツ報知さんに記事にしていただきました。
取材の様子。
(記事の中でわたしの名前の漢字が間違っていました。紗ではなく沙、ですがよく間違われます。)

スポーツ報知さん、記事にしてくださりありがとうございました!



LINEスタンプ作りましたピンクハート

そして、
4か月ぶりのフレンチジャズライブを開催しますフランス

2019年8月30日金曜
野毛 ル・タン・ペルデュでライブをします。
19時〜、20時〜、21時〜、22時〜の4回ステージがあり、
好きなお時間にお越しいただけるようになっています。

ボーカル福山知沙
ピアノ神多恭子
ベース多田和弘

ジャズ、ボサノバ、シャンソン、フレンチポップス、そして日本のアニメソング(まさか!の曲もあります)のフレンチボッサバージョンなど、
ほぼ全曲フランス語で歌います。

ミュージックチャージはなく投げ銭で、
ご自身が自由に設定した金額をステージごとに金魚鉢に入れる変わったシステムです^_^

1ステージだけ見るお客様もいますし、
ずっといてくださる方もいらっしゃいますし
自由!


20時からの2ndステージでは、
今年1月に亡くなったミシェル・ルグラン特集をします。三曲ルグランの曲を歌いますが、それ以外はゆかりのある作曲家の曲を。

そして21時からの3rdステージの前半はお客様も演奏や歌をどうぞ!
譜面や楽器を持ってきてくださいね^_^


雰囲気のいいお店、ル・タン・ペルデュ。
マスターがパリで10年パントマイムをやっていた人で、
ヨーロッパじゅうで買い集めたものたちで飾られた不思議なお店で私は大好きです!

そしてベルギービールが美味しいラブ
わたしはサクランボのビールが好き!

もし良かったら遊びに来てください。








つい先ほど、
「せんそうしない」という、
最近読んだ絵本のタイトルをお借りし
記事を書いたばかりですが、
もう一本。

2年前の8月15日、
フランス・ノルマンディー地方を旅行中に
平和記念館と兵士の墓地を訪ねたときのブログも
リブログします。

平和を祈る気持ちに国籍は関係なく
世界中から戦争がなくなってほしい、
と強く思った日でした。



今週は「せんそうしない」という絵本を図書館で借りてきました。
谷川俊太郎さんのシンプルだけど心に響く言葉と、
えがしらみちこさんの美しくて温かな水彩画が目に優しい絵本です。

ちょうちょと ちょうちょは せんそう しない、
きんぎょと きんぎょも せんそう しない
、、、、、
こどもと こどもも せんそうしない
けんかは するけど せんそう しない。

そんな当たり前のことが綴られています。


そして「せんそう するのは  おとなと おとな」と
あります。


息子はこの絵本を何度も「読んで」と言います。
どうしてせんそうするの?と。
絵本には「じぶんのくにを まもるため」とあります。

彼には去年の秋に広島に旅行に行ったときに
資料館で原爆のことを話したのですが、
時間が経って記憶が薄れてきたようです。

それで東京大空襲のことが描かれたアニメーションを少し見せました。

親兄弟と離れ離れになる疎開のことや、
いま住んでいる東京の町がみんな焼けてしまったこと、
たくさんの人が亡くなったこと、
アニメを見てどんなことが起きたのか、
彼なりに分かったと思います。


私も戦争は知らない世代だけれど、
中学の修学旅行でも広島に行き、
被爆された方から直にお話を聞くことができました。

でも息子たちの世代はもうそんなことは出来なくなります。
戦争というものがどんどん過去のものとなり、
人々の記憶から薄れていってしまう気がして、
私はそれがとても怖いです。

息子たちが大人になる頃、
どんな未来になるのか。
時々不安になります。

しっかり一人一人が考えて、
戦争しない国を守ってほしい、
平和な世界になってほしいと思います。


明日8月12日午前10時05分からは
テレビ東京で「Tokyoほっと情報」が放送されます。


東京都の警察消防委員会、
警察分野では、
振り込め詐欺、高齢ドライバーによる交通事故、
そして来年のオリンピックパラリンピックに向けた様々な対策を行なっています。
また消防分野では夏場増える救急車の出場件数に対応するため新しい部隊を設置したりしています。


そして開幕までもうまもなくのラグビーワールドカップについてイベントや特別サイトのご紹介、
オリンピックパラリンピックの機運を盛り上げる都庁の展示のご紹介など、
盛りだくさんです^_^


今年の警視庁での収録は、
例年より暑くなく助かりました^_^


オリンピックパラリンピック関連では
特別なものも見てきました^_^
よろしければご覧ください^_^


私は明日11時からこちらのイベントにおります。
紀伊国屋書店新宿本店9階イベントスペースにて
絵本「しょうぎのくにであそぼう」刊行記念イベントを開きます。


お子様を将棋に触れさせてみたい、という方。
ぜひご参加お待ちしていまーす^_^



好評発売中です!


LINEスタンプ作りましたピンクハート





マイクフランスゆめみる宝石乙女のトキメキ
4か月ぶりのフレンチジャズライブを開催しますフランス

2019年8月30日金曜
野毛 ル・タン・ペルデュでライブをします。
19時〜、20時〜、21時〜、22時〜の4回ステージがあり、
好きなお時間にお越しいただけるようになっています。

ボーカル福山知沙
ピアノ神多恭子
ベース多田和弘

ジャズ、ボサノバ、シャンソン、フレンチポップス、そして日本のアニメソング(まさか!の曲もあります)のフレンチボッサバージョンなど、
ほぼ全曲フランス語で歌います。

ミュージックチャージはなく投げ銭で、
ご自身が自由に設定した金額をステージごとに金魚鉢に入れる変わったシステムです^_^

1ステージだけ見るお客様もいますし、
ずっといてくださる方もいらっしゃいますし
自由!


20時からの2ndステージでは、
今年1月に亡くなったミシェル・ルグラン特集をします。三曲ルグランの曲を歌いますが、それ以外はゆかりのある作曲家の曲を。

そして21時からの3rdステージの前半はお客様も演奏や歌をどうぞ!
譜面や楽器を持ってきてくださいね^_^


雰囲気のいいお店、ル・タン・ペルデュ。
マスターがパリで10年パントマイムをやっていた人で、
ヨーロッパじゅうで買い集めたものたちで飾られた不思議なお店で私は大好きです!

そしてベルギービールが美味しいラブ
わたしはサクランボのビールが好き!

もし良かったら遊びに来てください。













法事で山形に行っていました。
東北中央自動車道が開通してからは初めて!
新しく出来たので立ち寄った道の駅米沢で買った
スイカサイダースイカ

山形の南陽市が母のふるさと。
伯母家族たちも一緒に、私たち子供が小さかった頃から毎年のように夏を過ごした場所です。


思い出がたくさんあります。
いとこと私がプールに行っている間におばあちゃんが大きな焼きおにぎりを作っておいてくれて、
それを毎日おやつとして食べてたら丸々と太ってまったこともありました滝汗

餃子を山のように作ってみんなで全部食べたり、
お墓まいりのためにおばあちゃんが白玉団子とか枝豆とか用意したのを葉っぱのお皿の上に並べたり、、、
飼っていたインコを逃しそうになったり。

妹といとこは、夕食後テレビを見ながら眠ってしまい、ふと目覚めて隣をみると
おじちゃんも寝ていてしかもカ◯ラがズレているぅ!!ポーン
ていうかカ◯ラだったの!?(やっぱり??)っていう思い出もあるそうです。

山形に行くといろんな記憶がぱーっと出てきます。

このまるなす漬けは、
何年か前に売っているお店をいとこが発見し、
それ以来かならずそのお店に行って買っています。

おばあちゃんが漬けたものに味がそっくりなのです!

あまりにおばあちゃんの作ったなす漬けに似ているので、
やっぱり同じような歳のおばあちゃんが作ってるのかな?と思いお店の40代くらいの男の人に聞いたら、
「男衆が漬けてるんですよ!」と。へーーー!


でも、聞くと、
やはり作り方を教えてくれたのは彼らのおばあちゃんだそう。
ただ!
塩とかミョウバンなどの量がすべて「目分量」なのが、
作り方を習う上で最大の苦労だったとか。
うちのおばあちゃんも「大体このくらい」という
職人技みたいなものを持ってました。

でも売り物にするには、安定した味にしなければ、
とお兄さんたち色々実験して試行錯誤して、
今の味を毎回作れるようになったそうです。

尊い、、、、キラキラ
必ずまた買いに行くから、ずっと作り続けて欲しいです。



昨日は夕方からセミナー司会の仕事がありました。

相続をテーマにした不動産のお話でした。


お盆は家族が集まる時期。
普段はあまり話題にしないけど、
聞いておかなければいけないな、という話を切り出してみようか、どうしようか、
と思っているところです。
大好きなラジオ「生活は踊る」では
備忘録として家族で共有しておきたい話も
連絡帳のように記しておくといい、
と言っていました。それくらい気軽に出来ればいいですよね。

ということで、今日からわたしは実家のある小田原へ行きます。
先日の山形で、母が山形の郷土料理の材料を色々買っていたので、
ご飯が楽しみ^_^!


みなさま、良いお盆休みを!



福山知沙



キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ
お知らせ2つ!



8月12日月曜日に、紀伊国屋書店新宿本店9階イベントスペースにて!
絵本「しょうぎのくにであそぼう」刊行記念イベントを開きます。


お子様を将棋に触れさせてみたい、という方。
ぜひご参加ください。  
まだ若干ご参加人数余裕があるそうです。
ご予約お待ちしております^_^
03-3354-0756
(紀伊國屋書店新宿本店 児童書・実用書売場)
もちろん大人の方のご見学も大歓迎!
ご見学は予約いりません^_^


あと、LINEスタンプ作りましたピンクハート

そして、
4か月ぶりのフレンチジャズライブを開催しますフランス

2019年8月30日金曜
野毛 ル・タン・ペルデュでライブをします。
19時〜、20時〜、21時〜、22時〜の4回ステージがあり、
好きなお時間にお越しいただけるようになっています。

ボーカル福山知沙
ピアノ神多恭子
ベース多田和弘

ジャズ、ボサノバ、シャンソン、フレンチポップス、そして日本のアニメソング(まさか!の曲もあります)のフレンチボッサバージョンなど、
ほぼ全曲フランス語で歌います。

ミュージックチャージはなく投げ銭で、
ご自身が自由に設定した金額をステージごとに金魚鉢に入れる変わったシステムです^_^

1ステージだけ見るお客様もいますし、
ずっといてくださる方もいらっしゃいますし
自由!


20時からの2ndステージでは、
今年1月に亡くなったミシェル・ルグラン特集をします。三曲ルグランの曲を歌いますが、それ以外はゆかりのある作曲家の曲を。

そして21時からの3rdステージの前半はお客様も演奏や歌をどうぞ!
譜面や楽器を持ってきてくださいね^_^


雰囲気のいいお店、ル・タン・ペルデュ。
マスターがパリで10年パントマイムをやっていた人で、
ヨーロッパじゅうで買い集めたものたちで飾られた不思議なお店で私は大好きです!

そしてベルギービールが美味しいラブ
わたしはサクランボのビールが好き!

もし良かったら遊びに来てください。







息子が7月19日で5歳になりました!

早い早い、もう成人式まで4分の1きちゃった。


誕生日の感慨深さは1歳の時がピークでしたが、

5歳となると幼児でいるのもあとちょっとか、と楽になるなと嬉しいけど、ちょっと寂しい。




こんなちっちゃな赤ちゃんだったのにー、いつのまに!と時々切なくなってしまうのです。

(これは、生後三ヶ月頃。)


毎年おじいちゃんおばあちゃんを招いて、誕生日会をしています。


5歳の誕生日を

6日ほど早めにお祝いしました。



ご馳走つくりました。







バースデーケーキは自分で選ばせました。


壁の飾りは三年前から使い回しになっているもの、

もったいないからずっと使います。

多分新幹線好きは当分続くし!


年々、この会はおじいちゃんおばあちゃんたち同士のため、という意味も増してきました。

同世代の人たち同士の交流は楽しそうだし、

適度な緊張と刺激もたまには大事だなあと思って^_^


お料理は、これまた年々下手になっていますね。

普段手抜きしているから笑


何しろ、今回ゆで卵の殻を綺麗にむく方法を知らずに生きていたことがわかりました。


ツイッターでみなさんがゆで卵の剥き方を教えてくれて助かりました^_^



誕生日の翌々日は、ホテルに泊まりました。



梅雨明け前で、曇り空だったので暑くなく、プールにゆっくり入れました。



そしてついでに、のっからないと!

私の絵本の出版も祝ってもらいました^_^笑



都内で近場だけど、息子の誕生日をお祝いできたし、わたしもゆっくりリフレッシュしました。



この一年の一番大きな進歩はバイオリンがとても上手になったこと。
一年前に撮ったビデオをみるとその差は歴然で驚きました。

ピアノも好きで、習ってはいませんが、好きな曲をよく耳コピして一本指で弾いています。

5才の一年はどんな成長が見られるか、
楽しみです。

なにより健康に、病気や怪我をせず元気に過ごしてほしい。
一番の願いです。








この投稿をInstagramで見る

日経オトナ女子の会、今日は恵比寿での開催でした。 今年に入って、もう8回、そのなかで一日2公演なので16公演のトークショーに出演していただいた 河北裕介さんと講談社の藤平奈那子さん。 本日が日経オトナ女子の会としては最後のご出演でした。 みんなのあこがれ、河北メイクのお話はもちろんいつも素晴らしくて 小顔メイクやその季節のお悩みに合わせたお話も大盛況! しかしそのほかにも、 地球環境にやさしい化粧品について考えていく姿勢や、 仕事への気持ちの持ち方、 将来へのお金の備え方や考え方、 それぞれの個性の発揮の仕方、、 などなど、 女性がより魅力的に輝くにはどうするといいのか、 たくさんのヒントをくださいました。 「読む河北メイク」に書いてある言葉も、 どれも今から意識を変えたり、実践できたりすることばかり。 いつ始めるか、なんだな、と感じさせられます。 この日経オトナ女子の会のお仕事に携わらせてもらって三年ですが、 河北さんをはじめとしたゲストのみなさんのお話に共通して感じるのは、 「今日が自分の人生で一番若い」ということ。 いま始めれば、10年後、20年後、 ぜったい変われる。 後半のファイナンシャルプランナーの方のお話もそうです。 最近やっと、つみたて投資を始めました。 そして仕事以外のことであるフランス語の勉強や、 フレンチジャズライブも長く続けていくぞ。 日経オトナ女子の会は、 お客様といっしょに私もお話を聴きながら 毎回改めて誓いの気持ちが強くなる仕事です。 めずらしく長文を書いてしまいました。笑 河北さんのお坊っちゃんに読んでいただきたいな、 と 「しょうぎのくにであそぼう」をプレゼントさせていただきました! お坊っちゃんに喜んでいただけますように。 #読む河北メイク #講談社 #日経オトナ女子の会 #河北裕介 #藤平さんは本当に聞き手がお上手です #福山知沙 #しょうぎのくにであそぼう

Chisa_Fukuyamaさん(@chisa_en_voyage)がシェアした投稿 -



昨日7月23日に、
講談社から「しょうぎのくにであそぼう」(作/中倉彰子、絵・キャラクター原案/福山知沙)が
発売になりました!

この企画が持ち上がったのが2年前の2017年。
最初の絵本「しょうぎのくにのだいぼうけん」が出版されてから数ヶ月経った頃のことでした。

ちょうど藤井聡太四段(当時)29連勝で将棋ブームに世の中が湧き、
将棋を始めるお子さんが増えた頃です。

「次は未就学児向けの〝将棋入門絵本〟を作りましょう。」と
講談社さんからお話をいただきました。


元々一作目は「将棋をモチーフにした絵本を作ろう」と、中倉彰子さんと宏美さんが企画し、
私に話を持ってきてくださった絵本。
(それが2015年、もう四年も前のこと!)
アナウンサーとして将棋番組に携わるうち仲良くなった中倉姉妹、
わたしが美大出身で絵を描けることを思い出してくれたのです。

絵本の形のラフを作り、
講談社の塩見亮さんの元に3人で何度も通って
修正したラフを提出し続けました。
もっと面白くして、なんとか形にならないか、
と模索を続けた一作目。

苦労してやっと出版に漕ぎ着けた!という感じだったので、
まさか何度も重版になったり、
ましてや二作目を作らせてもらうことになるとは
当時夢にも思いませんでした。


一作目の裏表紙に、本当に思いつきで描いたキャラクターの顔の形の駒。
塩見さんが「いつかこれをリアルに盤に並べたいですねー」と言うのを聞き、
それが叶ったら可愛いだろうなあ…、とボンヤリ思っていたのですが、
この二作目でそれが実現することに。



キャラクターの顔のシルエットを生かしながら、
本当の駒の漢字も付いている新しい駒を使うことにしたのです。

一作目の評判を聞くと、
絵本を読んだお子さんたちがご自宅や将棋教室で「これはきんこちゃん(金)だからこうだよー」とか、
「ここはかっくん(角)だからー」など、
絵本を見ながらキャラクターの名前で駒を呼んでくれる子が多かったとのこと。
ラフ作りからずっとモニターとして協力してくれている、うちの息子もそう!
駒=キャラクター、として考えてくれています。

それはキャラクターを作った私にとって心の底から嬉しいことですが、
いつかは絵本から離れて漢字の駒だけを使う日が来ます。
なので今回の絵本に使う駒は、
子どもたちが認識しやすい形は残しながら
駒の漢字もいっしょに覚えられるように考えました。

今回の絵本は、駒の動かし方を覚えた後、
取る、成る、打つ、王手、詰みが分かるようになっています。

そして、その動きを絵に置き換えて表現しました。
どういうことが起きているのかな?と
子どもが感覚的に分かるように。
(これは私が将棋を覚えたての頃、
頭の中で思い描いていた図でもあります。)


こんな感じで基本をおぼえたあと、
彰子先生作の詰将棋(1手詰め)を解くのが
この絵本のゴールです。


成りの表現にも、注目していただきたいです^_^

変身するとみーんな、きんこちゃんと同じ動きになる!

ひしゃおくんは龍に乗り、かっくんは馬に乗る。
そんなことをとにかく目で見て分かるようにしました。


それから、
「駒の価値」を視覚的に子どもに伝える絵も工夫しています。
友だちの子どもにもヒアリングした結果を生かしました。
伝わるといいな。

人から求められて絵を描かせてもらえるという幸せ。
美大受験や美大生時代を通して周りの天才を見て、絵を描くことに自信を失ったこともありましたが、絵本を描かせてもらえることになるなんて。
大きな責任も、純粋な楽しさも全部噛み締めながら描きました。


主人公の幼いきょうだい。


モデルになってくれたのは私の姪と、息子です。

息子のおもちゃや、お気に入りの図鑑も描き込んでいます。

一作目の編集さんは塩見さん、
二作目を担当してくださったのは川崎萌美さんです。
一作目を読んで将棋の駒の動かし方を覚えてくださった川崎さん、
今では将棋にハマって初段に近づく勢いです。
すごくきめ細やかによく気がつく方で、
ラフが固まるまで相当全体の構成やテキストを一緒に悩んでくださいました。

原画の入稿が終わる頃、川崎さんの後任である酒井友里さんもチームに加わりました。

今回の作品のPR動画を川崎さんと酒井さんが作成してくれましたが、
手作りアイテムもこんなに沢山。

新入社員の酒井さん、初めての担当でこんなに色んなものを作ってくださいました。

(この写真、半目だったり、みんな違うとこを向いているけど、全員写っているのがこれしかありませんでした。。笑)


そして、LPSA理事として毎日頑張る中倉宏美さんは、絵本のプロモーションを担当してくださっています。


宏美さんが企画してくれた絵本刊行記念イベント。


8月12日に紀伊國屋書店新宿本店さんで開催します!


1回目 10:45開場/11:00開演 

2回目 13:45開場/14:00開演


イベント内容

●将棋入門講座 

本の読み聞かせとキャラクターを使っての駒の動かし方解説

(一回目11:00~ 二回目14:00~)

●リレー将棋 大きな将棋盤を使ってキャラクターにアレンジした駒を実際に動かしてもらいます。

(一回目11:30~ 二回目14:30~)

●絵本購入者対象にサイン会。

(一回目12:00頃~ 二回目15:00頃~)


 定 員|一回目、二回目ともに各回親子12組 

小さなお子さんに来ていただきたいです!


*サイン会は参加・見学自由

キャラクターのぬりえもプレゼントします!



会 場|紀伊國屋書店新宿本店9階イベントスペース

無料です。


店頭・お電話にてご予約を受け付けています。 


ご予約電話番号:03-3354-0756

新宿本店6階児童書・実用書売場直通(10:00~21:00


最後に、

一作目に続き、二作目も帯のコメントを書いてくださった羽生善治先生。


ううう…「おすすめの絵本」て書いてくださったのを見て、

泣きそうになりました!

羽生先生ありがとうございました!



絵本に関わってくださった人は、

ここに書いただけでなく、

もっとたくさんいらっしゃいます。

こんなに色んな方々の力の結集で出来た絵本。

感謝しかありません。


描いているときは無我夢中でしたが、

本の形になって世の中に出てきてくれると、

より強く感謝の気持ちが溢れます。



「しょうぎのくにであそぼう」が多くの方に愛される絵本になりますように。






令和元年7月24日

福山知沙



現在、担当している港区の広報番組と、、↑

東京都議会の広報番組。↓

昨日は東京都の建設局の方に都の水害対策についてお話を聞きに行きました。
(建設局水門管理課の藤原さんと)

今回、ロケした場所が自宅からすごく近いところでした。
自分の住む地域の水害対策がどうなっているか普段全く知らずにいたので、
お話を聞いてなんと有り難いことかと思いました。

MCとしてコンビを組ませていただいている山口良一さんとは
もう丸8年ご一緒しています!
ときどき山口さんの舞台を観に行くのが楽しみです。先週は五年前から三部作シリーズで観劇している「世襲戦隊カゾクマン」を観に行きました。

とてもキュートな熊谷真実さんともお写真撮れました!嬉しい^_^!!
朝ドラ、マーねえちゃんも観てました!再放送で^_^
相変わらず可愛らしくてステキ!



そして、港区のロケでもいろんなところに。
メインは港区役所にいったり保健所にいったり。

港区役所のロビーにはギャラリーコーナーがあり
先日はがんとともに生きる方々の写真展が開かれていました。



しばし立ち止まってじっくり見たくなる展示ばかりで、ロケのたび楽しみにのぞいています。

去年までは港区内の美術館に行くことも多かったです。(今年はあまり美術館コーナーが多くないそうで残念!)



最近よく行くのは幼稚園ロケ。
この前はお台場にある幼稚園に取材に行きました。
この海の目の前にある幼稚園、カニを取って遊んでいる園児たちをみて、
東京の都会に住みながら、海を庭代わりに遊べるとはなんと幸せな子供たち!とうらやましくなりました。


明日は中学校にロケに行きます。
なかなか普段入れない場所だし、
自分の卒業した学校でなくてもなんだか懐かしくなるので楽しみです。