先週は馬インフルエンザのために競馬がありませんでした。今週はまさに「強行開催」という言葉がピッタリな感じですね。再開は嬉しいですが、いまいちマスコミやファンに対する情報公開の姿勢があまりないのが気にかかるところです。どの馬が陽性反応だったのかというのは、ある程度リストを公開すべきだと思うんですが。せめてオープン馬くらいは…。

ま、誰も聞いていない戯言は置いておいて、さっそく明日の重賞予想です。


・第43回新潟記念(GIII)
◎ユメノシルシ
○ヤマニンアラバスタ
▲スクリーンヒーロー
△ニシノナースコール
△シアトルユー
△センカク

本命と目されていたサンレイジャスパーがインフル検査で陽性反応が出たらしく回避。ここでの高橋成調教師の「なぜ回避かは私の口から言えない」というコメント、おかしいよなぁ。どうせわかっちゃうんだからはっきり「陽性反応で回避」って言えばいいのに。どうもあの調教師は好かん。それはともかく、本命はユメノシルシ。開催終盤の新潟だけに外枠は好材料でしょう。他には「夏は牝馬」の格言に従い、ヤマニンアラバスタとニシノナースコールの2頭、あとはテキトーにスクリーンヒーローとシアトルユーとセンカクを選んでみました。

・第2回キーンランドカップ(JpnIII)
◎アグネスラズベリ
○レヴリ
▲ローレルゲレイロ
△サープラスシンガー
△ワイルドシャウト
△クーヴェルチュール

こちらも「夏は牝馬」の格言に従って牝馬をチョイス。特にアグネスラズベリにはエアジハード産駒ということと主戦が角田騎手ということで頑張ってほしいので本命。あと札幌命!的な出走をしているレヴリを対抗に抜擢。けいはんでのローレルゲレイロとサープラスシンガーの3歳勢を押さえつつ、リーディングの岩田騎手が乗るワイルドシャウトも押さえ、最後に鞍上への期待もこめてクーヴェルチュールも追加です。

※今週もOCNブログ様へのTBが不調のようです。申し訳ございません。