第3回NGL | - Change Myself -
2012-01-27

第3回NGL

テーマ:ブログ
本日は第3回NGLを開催しました。参加者は43名。お忙しい中、本当に多くの方がお越しくださいました。ありがとうございます。

講師の石山さんからはライブドア事件の真相から、堀江氏逮捕に至るまでの状況、ライブドア事業部600名の査定制度を作る上での苦労、さらにこれから同氏が育てようとしている新しい産業の話しまで、非常に学び深いお話しを聞くことができました。

講演中に語られていたライブドア当時の状況も極めてリアルで生々しく、「この世の不条理」とも言える、あまりの理不尽さに何とも言えない感情が湧きあがってきました。「自分が事件の渦中にいたらはたして…」そんなことばかりを考えてしまいましたね。

今日、石山さんは講演の中で、米国在住の400人の資産家の資産が、米人口の半分を占める1億5,000万人の貧困者の資産合計と同程度である、といった言わば「1%の人間が40%の富を支配する経済システム」について警鐘をならしていました。また実際にすでにこの世で確立している技術で、「刺青をプリントするようにワイヤレス電子機器を人間の皮膚に埋め込む技術」や、「マウスの胚と卵子に固体識別バーコードを埋め込む技術」などについてもお話しをされていました。今や気象をも操作できる兵器が存在するといった話しも聞いたことがありますが、これら生態系や人類をも脅かす科学技術の発展に対して、人が成長していないことに対して問題提起をされていました。「これらの技術を自由に利用できる立場にいたら、何ができると思いますか?」という私達にかけられた問いが印象的でした。

講演の後半にはこうした不条理や懸念を是正する一つの策として、新たな産業についてのお話しがありました。これに関しては、私を含めて全てを理解できた方はそういないのではないかと察しています。

ただ、世の中に変革をもたらしてきた革新者というのは、凡人には見えていない世界が見えているといいます。そしてその革命を成し遂げてきた人は、そこに大きな使命感を備えているものです。絶頂と絶望、両極を味わった経験からか、石山さんの使命感や志の高さというのは凄まじいものがあります。私的にはそれを応援したいと思っていますし、同時に道や手法は異なるかもしれませんが、私も社会を少しでも良くするための何かを形にしたいと思っています。

ここまでいろいろ書きましたが、ただ今日の時間でもっとも深く考えたことは、何か不条理な事件に巻き込まれた際に、「僕のことを知らないその他大勢の方が僕のことを信じてくれなくても、本当に近い人たちには信じてもらえるようになりたい」ということですね。。講演の内容とは直接的には結びつきませんが、そんなことを考えてしまいました。(このあたりは自信がありません…)

講師の石山さんをはじめ、ご参加の皆様、本日はほんとうにありがとうございました。今回ご参加の方、また参加したいけどできなかった方、また2ヶ月後にお会いしましょう!次回もステキな講師をお招きするので楽しみにしていてください!!

mizoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ