朝起きたら腰が痛いときにするべきストレッチと体操|木もれび鍼灸院|大阪 | 大阪池田市で自律神経失調症・頭痛・腰痛を得意とする針治療専門の木もれび鍼灸院

大阪池田市で自律神経失調症・頭痛・腰痛を得意とする針治療専門の木もれび鍼灸院

「たった3日間(5時間)で完治したのは感謝」
「内臓や心ストレスにも対応されているのですね。」

その痛みや症状が治ったらどんな事をしたいですか?

完全予約制:072-761-5589

朝起きたら腰が痛いときにするべきストレッチと体操

 

朝腰が痛い、寝起きに腰や足が痛い、だるいときにするストレッチと体操方法です。

これらをすると、お昼や夕方には痛みを忘れることができるストレッチ+体操を解説しています。

 

寝起きの腰の痛みは単純に腰の状態が悪いというわけではなく、就寝時に首や首の神経周辺の筋緊張が起こることによって、神経伝達に異常が出ることによって、下半身の痛みや違和感となって脳が認識します。

 

痛みやだるさの感覚だけではなく筋肉の硬直も同時に起こってしまうことから、何もせずに無理に動こうとすると腰の筋肉を痛める可能性のあるので、仕事や学校へ行く前には痛みやだるさを解消させる必要があります。

 

動画内では

大胸筋のストレッチを行うことで

  • 小胸筋の緊張を緩める
  • 斜角筋の緊張を緩める
  • 首肩全体の筋緊張を緩和する
  • 頚椎に関わる神経の障害を取り除く
ことを第一に行います。
 
腸腰筋の運動をすることで
  • 立ち座りの動作の際に腰に負担のかからないようにする
  • 腸腰筋などインナーマッスルの動きを正常にする
  • 歩くだけでお尻の筋肉の動きが正常になる
  • 腰椎の負担を減らし腰痛の悪化を防ぐ
という目的で行います。
 
動画はこちらから

 

 

 
起床後の腰の痛みやだるさは
腰単独で起こるのではなく、頚椎や首肩周辺の神経障害も併せて起こっているということを理解した上でストレッチや体操を行われるとより効果が上がるでしょう。

 

 

 

木もれび鍼灸院公式LINEでは定期的に東洋医学から身体の秘密を解き明かすコラムを発信しています!ぜひ登録してみてください!

 

YOUTUBEではセルフケアについて配信中!

 

 

■阪急石橋駅徒歩3分の鍼灸専門院■

池田市石橋1-23-5 神戸屋ビル1階

072-761-5589

初診時の治療の流れについて

施術料金について

アクセス

患者様の声

メールでのご予約はこちらから

お問い合わせフォーム

電話でのご予約はこちらから

072-761-5589

木もれび鍼灸院のホームページ