手術以外で【目のクマ】を薄くする方法 - 木もれび鍼灸院 - 大阪 | 大阪池田市で自律神経失調症・頭痛・腰痛を得意とする針治療専門の木もれび鍼灸院

大阪池田市で自律神経失調症・頭痛・腰痛を得意とする針治療専門の木もれび鍼灸院

「たった3日間(5時間)で完治したのは感謝」
「内臓や心ストレスにも対応されているのですね。」

その痛みや症状が治ったらどんな事をしたいですか?

完全予約制:072-761-5589


テーマ:

手術以外で目のクマを薄くする方法

 

目のクマの正体があまり知られていない理由

目のクマが実は皮下脂肪の影だということはあまり知られていんません。

眼球の周囲には目を動かす筋肉やまぶたの筋肉があり、長時間何かを見たり、起きてる時間が長いと目の周囲の筋肉が緊張します。

緊張した目の周囲の筋肉が皮下脂肪を圧迫することでクマが深く出てしまいます。

目の周囲の筋肉や脂肪組織は複雑な構造なので、ネットなどではあまり知られていません。

 

また生まれつき目の周囲の皮下脂肪が多い方はクマが濃く出てしまうことになります。

 

 

脳と直結する目の神経たち

目に関係する神経は眼神経や動眼神経など様々あります。

目の位置は脳と近いため、脳から直接神経が伸びで目の周囲やまぶたとつながります。

よく脳梗塞などで目の視野に以上が見られることがありますが、脳に異常がある場合一番最初に反応が起こりやすいのが、視覚や聴覚になります。

強いストレスを感じると視力や眼精疲労を感じやすいのも目の位置が脳に近いからです。

 

 

目の神経でも副交感神経と繋がる動眼神経

動眼神経という目の動きや光の量を調整したり、まぶたの動きに関わる神経があります。

動眼神経は他の目の神経と違い、副交感神経と交わっています。

ストレスを受けるとまっさきに働きが悪くなる神経が動眼神経です。

目のクマで困っている方だけでなく、目の周囲のパンダのようなクマ、まぶたに力が入らない、夜暗いところで目が見えにくくなる方も動眼神経の負担を減らすと改善することができます

 

続きはこちらから

↓↓↓

 

目のクマについて【コラム】


木もれび鍼灸院公式LINEでは定期的に東洋医学から身体の秘密を解き明かすコラムを発信しています!ぜひ登録してみてください!

 

YOUTUBEではセルフケアについて配信中!

 

 

■阪急石橋駅徒歩3分の鍼灸専門院■

池田市石橋1-23-5 神戸屋ビル1階

072-761-5589

初診時の治療の流れについて

施術料金について

アクセス

患者様の声

メールでのご予約はこちらから

お問い合わせフォーム

電話でのご予約はこちらから

072-761-5589

木もれび鍼灸院のホームページ

池田市鉢塚、井口堂、天神、川西市、豊中市、川西能勢口、蛍池、岡町、曽根はじめ、宝塚市、箕面市、川西市、伊丹市、豊中市、吹田市、東京、名古屋、神戸などからお越しいただいております。 伝統はりきゅう専門の鍼灸院です。 本当の治療の為の治療院をお探しの方のための鍼灸院。

木もれび鍼灸院.院長のブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ