台風による低気圧頭痛は漢方で治すことが可能かもしれない【五苓散】 | 池田市で頑固な坐骨神経痛を改善する中国針治療専門の鍼灸院

池田市で頑固な坐骨神経痛を改善する中国針治療専門の鍼灸院

「たった3日間(5時間)で完治したのは感謝」
「内臓や心ストレスにも対応されているのですね。」

その痛みや症状が治ったらどんな事をしたいですか?

完全予約制:072-761-5589


テーマ:

台風による低気圧頭痛は漢方で治すことが可能かもしれない

こんにちは。

木もれび鍼灸院の弓削です。

 

関西はまったく風は吹いていないですが、関東から東は台風の接近に伴って天候が荒れそうです。

昨日あたりから、頭痛・頭重感・めまい・関節痛・神経痛がきついという方は【気象病】かもしれません。

気象病とは

近年認知されつつある病名で、気象の変化によって症状が出現する、あるいは悪化する疾患の総称。症状は「天気が悪いと古傷がうずく」といった天気痛のほか、メニエール病、喘息、めまい症、うつ病、頭痛、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、蕁麻疹、吐き気など様々である。心臓発作や脳卒中のきっかけになり、生命にかかわる場合もある。

wikiより転載

気象病は昔から臨床現場では見聞きされていましたが、証明されたのは最近のことで西洋医学としては新しい概念の様です。

 

気象病はなぜ起こるのか?

気圧の変化が内耳の気圧センサーを刺激し、自律神経中枢を介し交感神経を興奮させて痛みを悪化させる。

痛みが起こっている頭や膝などが問題でなく、気圧の変化を受けやすい耳の中に原因があることがわかっています。

東洋医学では

東洋医学ではこういった問題には「昔からうちらは知っていたよ。もちろん対処方法もしっている」といった、

ちょっと上から目線になってしまいます。

東洋医学が嫌われる一因になっていると思いますが、、、

実際トリプタン製剤やNSAIDsなどでもコントロールが効かない頭痛に対して漢方薬をうまく利用することができます。

 

気象病と水毒

台風など気圧の変化による身体の変化を東洋医学では水毒の一種としています。

水毒(すいどく)、水邪(すいじゃ)とは、中国医学・漢方医学などの中国医学系伝統医学において、体液の偏在が起こった状態、つまり体内の水分の代謝障害(水の滞り、水滞、水気、宿水)が起こった状態を指す用語である。水滞によって病的な浸出液や異常分泌などを起こし、発汗、排尿などにも異変が起こるとされる。今日では一般的に水毒と言われるが、水邪とも言われていた。

水毒について wikiより転載

水毒の身体所見は舌歯痕や色白の肌をみます。


 

低気圧頭痛に対する漢方薬とは

気象病による頭痛に対して、五苓散という漢方薬の有効性が報告されています。

元々風邪の初期、漢方で言う「太陽病」によって、膀胱(東洋医学でいう)の機能が落ちることで身体に水が蓄えられることによって起こる、

頭痛、むくみ、めまい、尿の出が悪いといった症状に対する漢方薬でした。

台風が来る前や、天気が崩れる前に飲んでおくと効果を実感できそうです。

日常的に飲む薬ではないので注意が必要ですね。

 

五苓散と併用できるツボ

豊隆

 

関元

 

陰陵泉

 

低気圧頭痛を防ぐ養生法「未病治」

気象病の原因は内耳にあると証明されていますが、

東洋医学では脾虚という体質が気象病を引き起こすと考えられています。

脾虚は日ごろから甘いものや脂っこいものを食べている。

ストレスや睡眠不足によって引き起こされる身体の虚弱な状態です。

痛み止めや漢方薬に頼る生活はいつか最悪の結果を招くかもしれません。

日々の生活を見直すことがまず第一にするべきです。

 

 

まとめ

気象病は内耳の問題

気象病に五苓散という漢方薬の効果が確認されている。

薬に頼るのでなく日々の生活を見直すことが必要

 

 

阪急石橋駅徒歩3分の鍼灸専門院

池田市石橋1-23-5 神戸屋ビル1階 072-761-5589 初診時の治療の流れについて 施術料金について アクセス 患者様の声 メールでのご予約はこちらからお問い合わせフォーム 電話でのご予約はこちらから072-761-5589木もれび鍼灸院のホームページ薬膳教室のブログ

池田市鉢塚、井口堂、天神、川西市、豊中市、川西能勢口、蛍池、岡町、曽根はじめ、宝塚市、箕面市、川西市、伊丹市、豊中市、吹田市、東京、名古屋、兵庫、京都などからお越しいただいております。 伝統はりきゅう専門の鍼灸院です。 本当の治療の為の治療院をお探しの方のための鍼灸院。

木もれび鍼灸院.院長のブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス