寝たきりからの回復:食べ過ぎが思考をおかしくさせる | 大阪池田市で自律神経失調症・頭痛・腰痛を得意とする針治療専門の木もれび鍼灸院

大阪池田市で自律神経失調症・頭痛・腰痛を得意とする針治療専門の木もれび鍼灸院

「たった3日間(5時間)で完治したのは感謝」
「内臓や心ストレスにも対応されているのですね。」

その痛みや症状が治ったらどんな事をしたいですか?

完全予約制:072-761-5589


テーマ:

・寝たきりからの回復:食べ過ぎが思考をおかしくさせる

 

こんにちは。

木もれび鍼灸院の弓削です。

 

 

食べ過ぎと寝たきりどう関係するの?

と思うかもしれません。

 

実は私は老人ホームで鍼灸やマッサージ業務をしたことがあります。

立ち上げを行ったので、かなり詳しいです。

 

老人ホームでも特別養護老人ホームのほう。

重度の認知症や寝たきりの方が入る施設です。

 

自宅ではもう介護できない。という方ばかりですね。

 

認知症や寝たきりは健康な人や若い方からすると、

衰弱しきった状態、元気がないという印象があるかと思いますが、

実際はその逆です。

 

興奮状態にある人、ずっと動いている、意識はないように見えて実は起きている。

そして、めちゃくちゃ食べる人。

 

満腹中枢が破壊されているんじゃないかと思うくらい食べます。

実際に満腹感はあまりなく、強い飢餓感をもっている。

特に甘いものを欲しがります。

 

寝たきりになって食欲が増えると、

介護従事者や家族は喜んで食べさせます。

 

食べる量=元気になる、と思い込んでいるからですね。

病院に入院していると、看護婦さんが「食べましたか?」と聞いてくるので、

『食べなくちゃいけないんだ』と思い込んで、がんばって食べる方がほとんどです。

 

しかし食べる量と比例して、寝ている時間が増えていきます。

これは単純に食事の消化のために疲れてしまうからです。

 

重度の寝たきりの場合は食べ過ぎの傾向があります。

一日の必要エネルギー量は少ないはずなのに。。。

 

寝たきりからの回復の第一歩は食事量を減らす。

飢餓感が強いので、お腹が空いたときは甘味料だけのタブレットで飢えをしのいでもらう必要があります。

 

 

 

 

 

■阪急石橋駅徒歩3分の鍼灸専門院■

池田市石橋1-23-5 神戸屋ビル1階
072-761-5589
初診時の治療の流れについて
施術料金について
アクセス
患者様の声
メールでのご予約はこちらから
お問い合わせフォーム
電話でのご予約はこちらから
072-761-5589
木もれび鍼灸院のホームページ

池田市鉢塚、井口堂、天神、石橋、川西能勢口、蛍池はじめ、宝塚市、箕面市、川西市、伊丹市、豊中市、吹田市などからお越しいただいております。
伝統はりきゅう専門の鍼灸院です。
本当の治療の為の鍼灸をお考えの方の為の鍼灸院。

木もれび鍼灸院.院長のブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス