"白湯"を上手に取り入れる知恵① 【自律神経失調症専門 箕面・池田の木もれび鍼灸院】 | 大阪池田市で自律神経失調症・頭痛・腰痛を得意とする針治療専門の木もれび鍼灸院

大阪池田市で自律神経失調症・頭痛・腰痛を得意とする針治療専門の木もれび鍼灸院

「たった3日間(5時間)で完治したのは感謝」
「内臓や心ストレスにも対応されているのですね。」

その痛みや症状が治ったらどんな事をしたいですか?

完全予約制:072-761-5589


テーマ:
女優さんが健康法に取り入れているのもあってか、白湯を飲む健康法が女性の間で広がっています。
僕も(男性ですが)毎日起き掛けに白湯を飲んでいます!
中医薬大学の留学中に同級生がみんな飲んでいたので、白湯を飲む習慣ができました。


"白湯"を上手に取り入れる7つの知恵
①そもそも白湯って何なんでしょう?
一度沸かしたお湯を少し冷ました状態のもののことです。
中医学では白湯を飲むことで身体を整えことができると考えられています。
胃腸が弱い
むくみがある
鬱々している
風邪をひきやすい
など
身体が弱っているかなと思ったらお勧めですよ!

②どんな効果があるのでしょう?
身体を温めてくれる(冷え性)
身体の老廃物を流してくれる(デトックス)
太りにくい体質になる(ダイエット)
代謝が良くなる(便秘やむくみ)

③どれくらい続けたらいいの?
一日でも効果を実感できますが、一週間試してみてはどうでしょうか?
女性は美肌効果を続けることで実感できます。

④白湯の作り方は?
ポットで沸かした白湯でもいいですよ!
a.ステンレスかガラス製のヤカンを用意します。
b.ヤカンに1ℓ程度の水を入れて沸騰させます。(水は水道水でもOK)
c.沸騰したら火を弱めて10分ほど沸かし続けます。
d.10分したら火を止めて完成
※沸騰させることで口当たりが良くなります。

⑤白湯の飲み方は?
やけどしない程度(50度くらい)まで冷やしたら飲みましょう。
この時に一気飲みしないでゆっくり飲むのがコツです。

⑥白湯の飲む量は?
一回にコップ一杯ゆっくり飲むのがお勧め。

⑦白湯を飲むタイミングは?
朝起きて最初の一杯目が理想的です。


水道水は軟水。実は軟水は世界でも貴重なんですよっ!!
そう!!もともと日本のお水は身体に優しいんです!
沸騰させることで、さらにまろやかに、身体に浸透してくれる・・・
無料、だけど効果が実感できる。
朝のコーヒーの前に〝白湯”の習慣を始めてみませんか?



■阪急石橋駅徒歩3分の鍼灸専門院■

池田市石橋1-23-5 神戸屋ビル1階
072-761-5589
初診時の治療の流れについて
施術料金について
アクセス
患者様の声
メールでのご予約はこちらから
お問い合わせフォーム
電話でのご予約はこちらから
072-761-5589
木もれび鍼灸院のホームページ
薬膳教室のブログ
池田市鉢塚、井口堂、天神、川西市、豊中市、川西能勢口、蛍池、岡町、曽根はじめ、宝塚市、箕面市、川西市、伊丹市、豊中市、吹田市、東京、名古屋、兵庫などからお越しいただいております。
伝統はりきゅう専門の鍼灸院です。
本当の治療の為の治療院をお探しの方のための鍼灸院。

木もれび鍼灸院.院長のブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス