宮崎県日向市 プロコミュニケーター(仮)母ちゃんの日常☆

宮崎県日向市 プロコミュニケーター(仮)母ちゃんの日常☆

初めてまして!ゆかりです(^^)
PCM(プロコミュニケーションモデル)という実用心理学を学んでいます。PCMは子育てをしていく上でも欠かせない知識!PCMを使って育児がどのように変わっていくのか?を日々綴っていく日記です。

実用心理学で子育て中イライラやモヤモヤを解消!幸せが増えていく毎日へ♡

Amebaでブログを始めよう!
こんにちは!



さっきFacebookでも呟いたんだけど

これって本当に凄いことなんだって知ってもらいたくてここでもシェア♡笑




この本で



記憶というものは身体中のすべての細胞に保存されていて

そして前の世代の記憶も受け継がれるって書いてあって。


それを読んで


その家の代々のカルマとかっていうのは、この細胞に保存された記憶を受け継いでいるからとかなのかな〜?って思った。


と同時に、数えきれないほどいるご先祖さま達の知恵や経験や才能も細胞の記憶として受け継がれているんじゃないかなって思ったんです。

PCMのワークで

何でも知っているポジションから問題を感じているポジションにアドバイスをするっていうものもあるんだけど

その時に自分でもビックリするようなアドバイスが出てくる事がある。


これって細胞の中に無限の知恵が眠っていて、そこにアクセスしてるのかもしれないなって思ったら

叡智は自分の中にあるというのが凄く納得できた。

てか、もしこれが本当なら自分という身体1つの中に何人力?!っていうくらいのパワーが眠っているということにもなるよね(^^)

つまり、自分の中の無限の知恵や才能を信頼すればするほど

何者にでもなれる!っていうことの証明な気がするし、たくさんのご先祖様がチカラを貸してくれてるって事でもある。


これってめっちゃ浪漫を感じませんか?!

これに気がついた時、私はすごく感動しました。


声を大にして言いたい!!


私たちはホントにホントにみんな凄い存在なのだ(≧∇≦)☆
今、私が学んでいるPCM(プロコミニケーションモデル)を作った宇野ひろみさん。

そんな宇野ひろみさんについて

お弟子さんの長岡はるみさんがこんな記事を書いてくれてます(^^)


この記事を読んでふと思い出したこと。



トイレトレーニングの悩みから育児ノイローゼのようになり

子供が気絶してしまうくらい怒鳴りつけ

『いつか手を上げてしまうのではないか、虐待していまうのではないか』

怒鳴りつけるたびにそんな恐怖と戦っていました。


また、期外収縮が起きたのをきっかけにパニック発作が出るようになり

突然くる期外収縮の恐怖とパニック発作への恐怖に、自分がどうなってしまうのか?怖くてたまらなかった。


今でも子育ての悩みは尽きないし


期外収縮だってまだ治ってないし、出たらフツーにしんどい。


でも、PCMのおかげで


怒鳴りつけることもなくなったし

虐待や期外収縮の恐怖からは解放されたし

パニック発作もほとんど出なくなりました。


そして、PCMを本格的に学ぼうと思ったきっかけの1つが『生きるって何?』だった。


ずーーーーーっとその答えを求めて


どこかにあると探し続けて


その答えは自分の中にしかないんだ。ということも

ここのスクールで腑に落とせた。


PCMに出会えたおかげで、生きることがだいぶ自由になってきました(^^)

なんか、何を言いたいか良くわからなくなってきたけど(^^;


この記事を読んで


宇野さん凄いなぁって改めて思ったし


今、生きることが人生で一番楽しいのは


宇野さんをはじめ


色んな人たちがこうやってPCMを伝えてきてくれたおかげなんですよね。



もうホント感謝しかないです(´;ω;`)



自分も少しずつでも伝えていけるようになりたいな。


少しでも多く必要な人に届きますように。


こんにちは!

ゆかりです。


ここ1ヶ月前の私の悩みに


『子どもに宿題を教えるのが苦痛』


というのがありました。








どうしたら分かりやすく伝わるか?


一生懸命に考えて教えているのに


全然聞いてない(ように見える)。


教えているところを見ずに手遊びしている(ように見える)。



こっちは他にもやることいっぱいあるから


これだけに時間かけていられない。けど、教えてって言うから付き合ってあげてるのに


なんなの⁈その態度は⁈ってイライラ…。






ちゃんと話しを聞かんかーっ!!と爆発。


そして爆発したあとに


『ああ、また怒ってしまった…。』と


罪悪感でいっぱいになる、その繰り返しでした。


そんな悩みを先月

PCM(プロコミュニケーシモデル)を学ぶスクールで教えてもらったワークにかけたら


サクッと解決しました(笑)


うちのあの悩みは何やったっちゃろう??


っていうくらいサクッと解決(笑)


最近、PCMを学んで本当に良かったな〜。と感じるのは


悩みたいなら、とことん悩んでいられるし


悩むところから抜け出したいなら


そのための具体的な方法を使って、抜け出すこともできる。


どっちも選べることが出来るようになったこと(^^)


どっちも選べるって本当に自由。


今はワークで作ったアンカーを発動させれば


宿題を教える時にイライラすることは、ほぼありません(o^^o)

PCM本当に凄いです!
こんにちは!ゆかりです。




わたし…




子どもは褒めて伸ばすを勘違いしていた事に気がつきました…!汗


何か出来た時には『凄いね!』とかちょこちょこ褒めてて

本人もまぁ、それなりに喜んではいたんだけど…。



昨日、娘が学校から持って帰ってきたポスターが


すごく気に入ったので壁に飾って


それに気がついた娘に


『この絵すごく良いね。可愛くて、この絵お母さん好きやから飾っちゃった。』って言ったら


今まで見たことないくらい嬉しそうで、ずっと『えへへ♡』って笑ってて

なんかこっちも嬉しくなって『えへへ♡』ってなって

親子でニヤニヤしてましたw


素直に『良い』と伝えるとこんなにもお互いの反応が変わるんですね〜!


今までの『褒める』は単なるヨイショだったんだなぁ。。。


しかも多分、娘を上手くコントロールしたいっていう下心ありのヨイショだったんだと思う。


言葉に乗せる想いっていうのは


やっぱり良くも悪くも無意識に相手に届くんだなー。って実感した出来事でした。


ちょっと『褒めて伸ばす』を意識するのをやめて


素直に気持ちを伝えることと、嬉しいとか楽しいとかを共有するっていう方向に意識を向けてみようと思います(o^^o)