自然の摂理を知ってみる

テーマ:
ヨガの練習を通して




日々、色んなことを考えるのです。





ヨガは、

なんてことないことを

思い出す練習なんだぁとふと思いました。





当たり前過ぎて

なんてことないこと。




当たり前過ぎて

忘れてしまいがちなこと。




当たり前のことなんだけど

それを思い出すと

なんだか五感がふるふる震えて

なんだか感動しちゃうこと。




そんなことなんだと思います。




空が青いなぁ~とか




太陽はひとつなんだ~

だけど、めっちゃあったかいな~とか





そういえば、

生まれてからずっと呼吸してる~とか





それを思い出したからって

生きること自体には


直接影響しないかもしれないけど、





でも、きっと思い出すことで



生活に潜む一瞬を遊ぶ子供みたいに



日常のなんてことないこと風景が



特別な遊び場に変わるのかなと思います。





ダンスや音楽やアートとかとおんなじで




それを体験することで



ちょっぴりご飯を美味しく感じたり



ちょっぴり笑顔が優しくなったり。




それは、とっても小さいけれど




とっても大事な感覚だと信じています。








先日、実家のある北海道へ



ご先祖さまのお墓参りと



入院中のおばあちゃんのお見舞いに



行きました。






私のおじいちゃんとおばあちゃん。



私のおとうさんとおかあさん。



おじいちゃんとおばあちゃんには



そのまた、



おとうさんとおかあさんがいて。





当たり前だけど、




たっっくさんのご先祖さまが




それぞれ愛する人と出逢って生きた証が




私のこの身体に残ってるんだぁ




"2つの異なるものが1つになる=yoga"





そう思い出したら、




「この身体に全て備わっている」という



ヨガ的考え方がとっても自然なものなのだと




心から感じました。






私が私を愛することは



私のご先祖さまや家族を愛することになる。





私が私に戻って



私らしく生きることを選ぶこと



私が愛する人生を選ぶことは



ご先祖さまや家族に



有り難うを表現してることになる。





ぜーーーーんぶここに在るのだと


信じられる今日。夏至でした。




在ることが尊い。

有ることが難しい。

有り難う。





ヨガを学ぶことは


当たり前すぎる自然の摂理を


思い出すことのようです(^^)



なんてことないけど


なんてことある


贅沢な北海道の風景に有り難う(^^)








私、加藤千明は都内でのヨガクラスやダンスパフォーマンス活動をはじめ、
岩手県内、盛岡市を中心に吉田心之介と2人で活動しています。
また、都内で二人での活動も多いためヨガやダンスのセッション等可能です。


吉田心之介
・理学療法士
・Talent Focus®️プラクティショナー
・ヨガティーチャートレーニング受講中
・Somatic Flow™️受講中


加藤千明
・ヨガティーチャー(シヴァナンダヨガ)  RYT500
・ダンサー(舞踏、コンテンポラリーダンス、バレエ他)



・WS
・パーソナルセッション、グループセッション
・トレーナーサポート


ご興味ある方は
polepolemail@gmail.com
までご連絡を下さい♪