復活から再生へ,豪雨の日産で見た東方神起のプライド&日産実況公式動画 | ☆☆東方神起ブログ No.3☆☆

☆☆東方神起ブログ No.3☆☆

チャンミンのファンです。
東方神起のことを書いています。


テーマ:

 

復活から再生へ、豪雨の日産スタジアムで見た東方神起のプライド



東方神起 LIVE TOUR ~Begin Again~ Special Edition in NISSAN STADIUM
2018.6.10 日産スタジアム



東方神起 にとって3度目の全国5大ドームツアーとなった『東方神起 LIVE TOUR 2017 ~Begin Again~』。札幌ドームを皮切りに、札幌、東京、名古屋、大阪、福岡と、追加公演も含め自己最多ドーム公演数となる全国5大ドーム17公演を行ない、2017年と2018年を跨いで78万人を動員して締めくくられた壮大なツアーとなった今ツアーは、2015年に入隊したユンホ とチャンミンとの約2年ぶりの再会の場でもあったことから、いつも以上にそこは、特別な場所となっていた。


そんなドームツアーから約4ヵ月。彼ら東方神起 は日産スタジアムのステージに立った。6月8日、9日、10日に行なわれたライブは言うまでもなくソールドアウト。日産スタジアムでの3日間単独公演はアーティスト史上初の偉業である。


彼らが日産スタジアムに立つのは5年ぶりのこと。5年前に見た景色と同じ景色を再び目にした彼らは、何度も何度も感謝の言葉を口にしていた。もはや、【東方神起 】と聞いて、その存在を知らない者はいない。そんな存在になった今も、彼らは常にステージの上から謙虚な言葉をオーディエンスへと投げかける。今回の日産スタジアムでのライブでもそうだった。


その言葉に決して嘘は無い。今では、チケットを入手するのが困難なほど、即日完売してしまう彼らだが、日本デビュー当時は小さなライブハウスから活動をスタートさせているのだ。母国では既に絶大な人気を誇っていたこともあり、戸惑うことも多かっただろう。基盤の整った場所に立ったわけではなかった。彼らは新たに課せられた試煉の中、一から開拓していったのだ。彼らはきっと、今もそんな景色を忘れていないのだろう。故に、徐々に自分達を愛してくれる人達が増えていった喜びは本物であり、それこそが彼らの支えとなっていったに違いない。


彼らが今、自分達を愛してくれる人達を“東方神起 のプライド”と呼ぶのは、応援してくれる人達と共に、自らの努力と実力で築き上げた地位と歴史を意味する言葉であると同時に、それは強い絆を意味するものであると私は思う。


MCでユンホ が言った「いつまでも初心を忘れることなく、頑張っていきたいと思っています」という言葉からも、その想いが強く感じ取れた。そして。何よりも、ユノもチャンミンも、一瞬たりとも手を抜くことのないパフォーマンスと歌唱で、見る者を楽しませようと全力を尽くすその姿からは、言葉以上の愛とプライドが放たれていた。




続きは↓

http://spice.eplus.jp/articles/193037













東方神起TVXQin NISSAN STADIUM実況



































モモコさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス