青土ダムと踏切と救急車と

テーマ:

 

青土ダムです。

犬さんを3匹ずつ乗せたカート3台で

お散歩に来ている

若い女性ばかりの集団がありました。

 

この辺に 保護施設でも

あるのかしら?

 

いつもなら話しかけて訊いてみる飼い主も

この時はお腹が痛くて

そういう気分ではありませんでした。

 

僕を触ってもいいですか?

という要望に いつも通り

どうぞと応えました。

 

「犬の臭い? へっちゃらです、この子は気にしません。

 というより犬に好かれてしまうタイプ。」

 

こんにちは。チャンプです。

 

   人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

 

   ポチしてくれると嬉しいです。

 

 

関連記事

 【青土ダム

いつもと違って あまり歩かずにさっさと

車に戻りました。

僕もあまり歩く気になりませんでした。

飼い主 上のリンクの時のことを まだ根にもっているのかな? ( ´艸`)

 

緊急時って わらをもすがる気になりますよね。

これはまた違った緊急時ですが、

人身事故で、電車が通るわけでもないのに

30分開かない踏切に腹を立て

遮断機をのこぎりで切ってしまうという

事件が起こりましたね。

 

犯罪はいけない

思いつつ 気持ちがよくわかると

大きくうなずいた飼い主です。

 

開かずの踏切はあちこちにあって

大渋滞も常に起こっています。

 

やっと開いたと思っても

車1~2台通ってまた閉まることも多々ですが

駅の近くの踏切は特に

電車が来なくても

かなり待たされます。

 

いくら自動化されているからとはいっても

困っている人は 多数いるはず。

電車が来もしないのに

長い間待たされるイライラは

輪をかけてかなりのものです。

 

通常の踏切事故に比べ

開かずの踏切の事故発生率は4倍、

踏切待ちによる時間損失を貨幣価値に換算すれば

年間約1兆5,000億円。

 

経済損失の大きさから

線路の高架化や道路のアンダーパス化など

対策は進められてはいるものの

 

改良すべきと指定を受けてはいなくても

イライラ踏切はまだまだ多数あるんです。

 

 (踏切で 上り下りの電車の通過を待つ救急車

 対向車線側に停まっていることから

 急ぎであることがわかって貰えると思う写真)

 

仕事に遅れそうだとか

人それぞれ訳もありますが

差し迫った人命にかかわる理由も

あるはずです。

 

インスタグラムはこちら→ 

 

 posted by (C)パパメイアン

 

 

    黒猫チャンプの猫の飼い方実践講座-読者になってね

 

メインブログ

楽天ブログバナー.jpg

 

 

別館 (お花のページ)

お花へ

毎日を愉快に生きたいできごと日記

写真整理が追い付かず休止中。

メインブログの方に載せています。アップ

 

本日もご訪問ありがとうございました。

下のバナーを押して応援いただけると嬉しいです。

 

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ