ベティ・ブープと海底二万哩 | chambreclaireのブログ

chambreclaireのブログ

長野県長野市でフォトスタジオ、WEB制作しています。スマホサイト制作格安制作しています。


テーマ:

長野市権堂イトーヨーカドーから

徒歩2分

シャンブルクレールフォトスタジオです。ネザーランド・ドワーフ

証明写真、ブライダル和装前撮りスナップ

格安ホームページ制作

ご不要なジュエリー

高価お買い取りしてます。コアラ

http://c2.dip.jp/ヒヨコ

http://e-agency.info/ねずみ

 

 

ディズニーの映画に『海底二万哩』という

SF映画があります。(空想科学映画と言ったほうが、いいかも)

大ダコが、出て来る映画です。タコ

 

ディズニーシーでもアトラクションに

なっていますね。メロンパン

 

ジュール・ヴェルヌの原作で、

リチャード・フライシャーという人が

監督をしています。クローバー

 

このリチャード・フライシャーという人を

思うとき、いつも不思議な感じがします。オカメインコ

 

というのは、この人のお父さんは

アニメーションを作っていました。

 

フライシャー兄弟といって、

1920~1930年代にかけて、アニメーションの世界では

ウオルト・ディズニーとは、

1,2位を争うライバル関係にありました。

 

この兄弟のお兄さんの方がリチャードの

お父さんです。

 

フライシャー兄弟は、

『ベティ・ブープ』『ポパイ』を制作しています。

 

第2次大戦後、フライシャー兄弟に

いくつかの不運が重なり、

アニメーションは、ディズニーの

一人勝ちになりました。スライム

 

そのディズニーが、

『海底二万哩』を制作するにあたって、

その息子のリチャード・フライシャーを

監督に指名したのです。UMAくん

 

息子のリチャード・フライシャーは、

父親のライバルの会社で

『海底二万哩』という、傑作を撮りあげてしまいました。バイキンくん

 

そして

このリチャード・フライシャーは

『トラ・トラ・トラ!』という日米合作映画も

撮っているのですが、

これは、真珠湾攻撃をめぐる映画です。おひつじ座

 

実は、幾つかの不運によって

不振に陥っていた、

父親のフライシャー兄弟が

起死回生をはかって

制作したのが『バッタ君町に行く』

という長編アニメーションでした。

製作期間約2年、制作費は100万ドル、製作スタッフ総勢700人という超大作。クマムシくん

 

しかし、この『バッタ君町に行く』が

公開された2日後、

真珠湾攻撃によって、

太平洋戦争が開戦してしまいました。

戦争で興行成績が伸びるわけもなく、

2週間ほどで上映終了となってしまいました。UMAくん

 

このあとフライシャー兄弟は、

業界の主流に返り咲くことは

できませんでした。

 

その真珠湾攻撃をめぐる映画の

監督にリチャード・フライシャーは

指名されたのです。ハムスター

 

『海底二万哩』、『トラ・トラ・トラ!』を

撮ることになる運命。宇宙人宇宙人宇宙人

 

そして、そんな運命の中、

リチャード・フライシャーは軽々と

それらを撮りあげてしまいました。

彼は、何を思って映画を撮っていたのでしょう。ふたご座

 

 

 

chambreclaire(シャンブルクレール明るい部屋)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。