こんにちは。
クリエイティブデザインラボの岩崎です。

 

大げさなタイトルかもしれませんが、大真面目なタイトルです。

 

2020年2月27日、日本政府は全国の小中学校に向けて、新型コロナ対策にむけて強烈なメッセージを発信しました。
それは、

週明けの3月2日から臨時休校とするように要請した

ということ。

これが強烈でした。
不意に早く訪れた春休みに子どもたちは狂喜乱舞したことでしょう。

しかし、それもおそらく最初の内だけ。

これまで、6歳のころから「学校に行く」ことを刷り込まれている大多数の子どもにとって、本来行っているはずの学校、やっているはずの授業、会えるはずの友達がすべてないことは、じわりじわりとストレスを溜めます。

それがどれだけ子どもや家庭に影響を及ぼしているのかは、多くの記事がネットに転がっているのでそちらに譲るとして、今回はこの要請によってよかったと思える部分を洗い出しましょう。

 

コロナ休校の意味を知るとき

子どもだってしっかりした人間。なぜ今世の中がこんなことになっているかなどは、深さに違いはあれど理解しているでしょう。
そして、この騒ぎの原因がコロナであることに気づきます。どうやら、このコロナが悪さをしているようだ、と。
しかしコロナは目に見えません。得体もしれません。そんな未知の脅威に対して直接敵対心を向けられるほど、人間の心は強くありません。

 

ただでさえ普段と違う日常に不安を抱えているのに、さらに不安と恐怖がマシマシです。

そこで、その不安を解消するために、同質の目に見える存在を敵対視することで心の安定を図ろうとします。

なんとなくお分かりですね。大人ですらやるのですから、子どもはもっと当たり前にやります。


そう、感染者に対しての敵対です。

本来コロナそのものが悪いはずなのに、人の心はいつしかコロナに罹患してしまった被害者をも敵としてしまうのです。
コロナ休校は、ここから生まれる最悪の事態を防ぐのに、非常に役に立ったと考えています。

コロナ休校が摘んだいじめの芽

学校を休校に追いやり、日常を奪った敵、コロナ。
そのコロナに罹患した子は、他の子どもにとってはコロナそのものと同質です。ですから、感染者=敵とみなしておそらく攻撃対象となることがあるでしょう。
まずは言葉による阻害、ついで接触を揶揄、それらがだんだんとエスカレートし、凶悪ないじめに発展する可能性があります。

もちろん、コロナに関係なく、もしその時期に風邪をひいたり、けがをしたりして数日間学校を休むことで勝手にうわさが生まれ、濡れ衣を着せられてちょっといじめられる・・・なんてこともあり得ます。私たちの子ども時代でも、似たようなことありましたしね。

 

そんなバカな!

 

なんて思います?でも、実際こんな事件も起きています。
陰湿極まりない嫌がらせ…感染患者・家族の家に投石や落書き被害 三重県

いい年した大人がやるんです。
子どもならなおさらでしょう。

・・・続きはこちらから


 

■ お知らせ ■ 

都内にてPapaCafé開催します!

石田勝紀が始め、全国のファシリテーターが次々とその波を広げる『MamaCafe

子育てをするパパのために、仕事と子育てに共通するマネジメント技法をお伝えします!

お申し込み方法など、詳しい情報は近日公開!

 

 

 

 

■ お知らせ ■ 

今だけの期間限定!

 

 

 

 

◆Parenting Program セミナー のご案内鋭意製作中!
子ども自立した人間に育てたい。親であれば、だれもが考えることです。
そのための子育てノウハウ本やセミナーは多く存在しますが、私たちはそんなテクニックや子どもへの態度よりも、親自身の内面が、自立できる子供にふさわしい親になれているかということの方が大切であると考えます。
当社では、自立した子供を育てるための、親業のノウハウを詰め込んだ座談会式セミナーを開催予定です。
詳細が決まり次第、このブログのほか、公式ホームページ、Facebookなどでお知らせします。

Parenting Programはコチラから

 

 

◆ セミナー開催のお知らせ あなたの叱り方は大丈夫?~叱ってやる気を出すメカニズムを知ろう~ 
単発90分のセミナーを毎月開催予定!
こんなニュアンスのノウハウ本を本屋さんで手にしたことはありませんか?
✅『上手な叱り方』
✅『〇歳までの褒め方叱り方』
✅『やる気を伸ばす叱り方ノウハウ』
✅『うまく叱ろう』


子どもが言うことを聞かない、どれだけ怒っても心に響かない。
親の気持ちは空回りするだけ・・・
現状を打破するためにノウハウ本を手にしてみたけど、書いてあることは実践しても効果が見えない・・・

このようなお悩みを持つパパママも多いことだと思います。
本に書かれていることは、間違っていません。しかし、重要なのは、叱る側なのです。

✅叱るには褒めることも必要です
✅叱ったことが効果が出るには、普段からの準備が必要です
✅叱ることで生まれる効果を認知心理学・脳生理学の観点で知りましょう

✅使う言葉に、親がふさわしくなっていなければいけません




効果的に叱るには、親がそれにふさわしく変わっていかなければいけません。
子どもは親の言葉でみるみる変わります。
この機会に、ぜひ一度お越しください!

こんにちは。
クリエイティブデザインラボの岩崎です。

実はテレワークを始めてから、「仕事のリズムを作るためになるべく普段通りに起きて、通勤時間の分をブログ執筆に充てよう!」と息巻いていました。このサイトで突然ブログの数が増えたのはそれが理由です。

 

だがしかし。

 

先日体調を崩しました。なぜか突然の発熱。

 


良くない対処ですが、以前熱が高かったりしたときに服用するように処方され、しかし飲むことのなかった解熱剤を飲み、栄養剤をぶち込みおとなしくしていたら翌日には復活。

しかしなぜこのような事態になったのか。

ここには、のっぴきならない、身体にとって最悪なことを色々としていました。

 

今回はそれを探ります。

 

身体を動かすことが体のメンテナンス

「健康な体は適度な運動から」などといわせていますが、これは事実です。
そもそも運動をすることで心拍数が上がり、呼吸が早く深くなります。これにより酸素と二酸化炭素の体内循環が早くなり、より新鮮な酸素が体内に取り込まれます。
それにより、体内は活性化。細胞は酸素がエネルギーの一つだから当然体の隅々まで元気の源が運ばれるようになります。

 

 

さらに、体を動かすことで体温が上昇。上がりすぎた体温を適正にするために、体は汗をかきます。
汗には体の水分が必要で、この汗を作り出すために身体は様々な働きをします。そして発汗とともに・・・

 

・・・続きはこちらから


 

■ お知らせ ■ 

都内にてPapaCafé開催します!

石田勝紀が始め、全国のファシリテーターが次々とその波を広げる『MamaCafe

子育てをするパパのために、仕事と子育てに共通するマネジメント技法をお伝えします!

お申し込み方法など、詳しい情報は近日公開!

 

 

 

 

■ お知らせ ■ 

今だけの期間限定!

 

 

 

 

◆Parenting Program セミナー のご案内鋭意製作中!
子ども自立した人間に育てたい。親であれば、だれもが考えることです。
そのための子育てノウハウ本やセミナーは多く存在しますが、私たちはそんなテクニックや子どもへの態度よりも、親自身の内面が、自立できる子供にふさわしい親になれているかということの方が大切であると考えます。
当社では、自立した子供を育てるための、親業のノウハウを詰め込んだ座談会式セミナーを開催予定です。
詳細が決まり次第、このブログのほか、公式ホームページ、Facebookなどでお知らせします。

Parenting Programはコチラから

 

 

◆ セミナー開催のお知らせ あなたの叱り方は大丈夫?~叱ってやる気を出すメカニズムを知ろう~ 
単発90分のセミナーを毎月開催予定!
こんなニュアンスのノウハウ本を本屋さんで手にしたことはありませんか?
✅『上手な叱り方』
✅『〇歳までの褒め方叱り方』
✅『やる気を伸ばす叱り方ノウハウ』
✅『うまく叱ろう』


子どもが言うことを聞かない、どれだけ怒っても心に響かない。
親の気持ちは空回りするだけ・・・
現状を打破するためにノウハウ本を手にしてみたけど、書いてあることは実践しても効果が見えない・・・

このようなお悩みを持つパパママも多いことだと思います。
本に書かれていることは、間違っていません。しかし、重要なのは、叱る側なのです。

✅叱るには褒めることも必要です
✅叱ったことが効果が出るには、普段からの準備が必要です
✅叱ることで生まれる効果を認知心理学・脳生理学の観点で知りましょう

✅使う言葉に、親がふさわしくなっていなければいけません




効果的に叱るには、親がそれにふさわしく変わっていかなければいけません。
子どもは親の言葉でみるみる変わります。
この機会に、ぜひ一度お越しください!

こんにちは。
クリエイティブデザインラボの岩崎です。

日本政府が再三メディアを通じて訴えているように、在宅勤務やテレワークが推奨されています。
これは、極力8割、最低7割人との接触を減らそうとする試みの一つで、感染者数を減らしていくことを目的としています。

その中で、現在問題になっているのが、家庭内不和。

思った通り表面化してきました。


ではこれ、なぜ起きるのか。今回は下記のケースで考えます。

  • 夫→毎日出勤していたがテレワークにより在宅勤務。
  • 妻→兼業主婦。職場は閉鎖中で在宅でやれる仕事をやる。
  • 5歳の子どもがいる。

この家庭で考えていきましょう。

テレワークで生まれるそれぞれの考え方

まずはそれぞれが家の中にいてどんなこことを考えているかです。
所謂、頭でわかっていること。

夫の立場

職場に行かない分通勤時間がない分心身共に負担がなくて楽だ。しかし、家の中で仕事をするのは、誰かしらが動いていて落ち着かない。
出勤していないだけで仕事している時間であることに変わりはない。この時間は仕事に集中できるように家族には協力して欲しいな。
でも、家にいるのに家のことしないのも気が引ける(これは一部の旦那に芽生える感情)

妻の立場

出勤しないだけで、夫は仕事をしていることに変わりはない。邪魔をしてはいけないだろう。何かを手伝ってほしいが、本来いない人にそれを依頼するのもどうか。
それでも出勤時間がない分、ちょっとだけ、例えばゴミ出しとか手伝ってくれると嬉しいな。

子の立場

・・・続きはこちらから


 

■ お知らせ ■ 

都内にてPapaCafé開催します!

石田勝紀が始め、全国のファシリテーターが次々とその波を広げる『MamaCafe

子育てをするパパのために、仕事と子育てに共通するマネジメント技法をお伝えします!

お申し込み方法など、詳しい情報は近日公開!

 

 

 

 

■ お知らせ ■ 

今だけの期間限定!

 

 

 

 

◆Parenting Program セミナー のご案内鋭意製作中!
子ども自立した人間に育てたい。親であれば、だれもが考えることです。
そのための子育てノウハウ本やセミナーは多く存在しますが、私たちはそんなテクニックや子どもへの態度よりも、親自身の内面が、自立できる子供にふさわしい親になれているかということの方が大切であると考えます。
当社では、自立した子供を育てるための、親業のノウハウを詰め込んだ座談会式セミナーを開催予定です。
詳細が決まり次第、このブログのほか、公式ホームページ、Facebookなどでお知らせします。

Parenting Programはコチラから

 

 

◆ セミナー開催のお知らせ あなたの叱り方は大丈夫?~叱ってやる気を出すメカニズムを知ろう~ 
単発90分のセミナーを毎月開催予定!
こんなニュアンスのノウハウ本を本屋さんで手にしたことはありませんか?
✅『上手な叱り方』
✅『〇歳までの褒め方叱り方』
✅『やる気を伸ばす叱り方ノウハウ』
✅『うまく叱ろう』


子どもが言うことを聞かない、どれだけ怒っても心に響かない。
親の気持ちは空回りするだけ・・・
現状を打破するためにノウハウ本を手にしてみたけど、書いてあることは実践しても効果が見えない・・・

このようなお悩みを持つパパママも多いことだと思います。
本に書かれていることは、間違っていません。しかし、重要なのは、叱る側なのです。

✅叱るには褒めることも必要です
✅叱ったことが効果が出るには、普段からの準備が必要です
✅叱ることで生まれる効果を認知心理学・脳生理学の観点で知りましょう

✅使う言葉に、親がふさわしくなっていなければいけません




効果的に叱るには、親がそれにふさわしく変わっていかなければいけません。
子どもは親の言葉でみるみる変わります。
この機会に、ぜひ一度お越しください!