冬土用スペシャルケア! として、先週から5名の方がエントリーして、

この冬土用を迎えるべく、カラダと意識を整えるスタンスでスタートしました。

11日の満月には、オリエンテーション的なエネルギーワークを行うことができました。

参加できなかった方も、時間を意識して、ワークを行って頂きました。

 

満月は、氣が上に上がりやすい。

下半身が固縮していたり、冷えたりしている人は特に氣が上がってしまう。

寒さも手伝い、首や肩がコチコチに固縮していたら、

頭が重く感じたり、頭痛が発症したり、眩暈や耳の不調などを訴える人も増えます。

 

頭頂から、踵の骨まで エネルギーが流れるような感覚まで、調整ができれば

グッドですね^^

 

特に、ご提案していることは、

1日の内、16時間の食間を設けることです。

夜8時に食事を済ませたら、翌日の12時過ぎに最初の食事を摂るということです。

 

朝食を推奨する団体もあったり、テレビで取り上げたりしているので、

多くの方は疑問に思っているかもしれませんが、とりあえず実践して体験してもらいます。

消化器を休めることと、代謝酵素で浄化してもらう機会を作るというのが目的です。

 

いよいよ今週末から、冬の土用入りです。

 

エントリー頂いた方は、不思議と 日干「甲」の人ばかりです。

日干が「甲」ですが、五行は土質が突出して多い方ばかりです。

 

実は、CHAKA自身も土用生まれの土質過多。

おまけに、丑月は「午丑の害」が成立しますので、誰よりも氣を引き締めて臨んでいます。

 

毎年、2月の節入り頃には、腰の不調が発症します。

今年は、冬土用を5名のお客さま達と、励まし合いながら過ごします。

 

============================

 

さて、話題は変わりますが・・・

バドミントンの桃田選手の事故は、とても驚きました。

絶好調での事故となると、気になるのが運勢でしたので、

早速、どんな運勢の中で起きたことなんだろうか? と調べてみました。

 

バドミントンでは負けなしで、快調そのものに見えた桃田選手でしたが、

今年(2月節入りまで)は、五行えねるぎーが今までにないバランスでした。

肉体的には、結構きつく、それを支える精神もハードだったように感じられます。

加えて、干合が重なっていたことも気になります。

大運の干「乙」、事故を起こした昨日の日干も「乙」でした。

 

エネルギーバランスが不安定で、パワー不足な時期というのは、

運の強さというものにも関わっているように感じられて仕方が無いですね。

疲れ果ててしまうと、注意力も散漫になります。

 

とは言え、不幸中の幸いです。

アスリートとして復帰の目途が立ったようで、本当に安心しました。

オリンピック年の2020年は、思い通りにプレイできるかと問われれば、

しんどい中でがんばる・・・という中で、精神性が疲弊するかもしれませんね。

とてもCHAKA的に気になるのは、冷えと自律神経の不安定という読み方もでき、

しんどいだろうなぁ・・・と感じます。

 

大きな期待に応えていこうとする、プレッシャーにどう対処していくか。。。。なのかな?

 

まぁ、宿命と運勢なので、

実際は、どう燃焼していくかは桃田選手にかかっていますね。

とにかく、応援しまーす!