https://www.facebook.com/taeko.ikeno/videos/1786280678121585

 

 

こんにちは、CHAKAです^^

いよいよ、新しい酸化還元電位計が本日、到着しました。

 

アマロリ生活において、自らの血液状態を把握しながらの考察をしていく計画です。

明日には、ph計測計も入荷予定です^^

 

血液検査は、なかなか頻繁に行うわけにはいきませんが

尿検査は簡単に家庭で行うことができます。

尿は、血液そのものですからね。

 

血液がどのような状態なら、私たちは健康といえるのでしょうか?

 

それは、酸化還元状態であることが不可欠だと言えるでしょう。

酸化とは、言ってみれば老化です。錆びついていくということですね。

 

酸化させる還元電位は、プラス200以上と言われています。

現在の松川町(我が家)の水道水の酸化還元電位は、プラス475です。

流水は、500を超えます。塩素がそのまま存在するからです。

汲み置きすると、還元電位は下がってきます。

しかし、5時間くらい経過でも380前後くらいまでですね。

 

上の画像は、水道水(475)にヒマラヤ紅塩をわずか加えたものです。

この数値のものなら、飲めば酸化還元されるということです。

 

CHAKAの家では、浄水&整水 器が付いています。

水素水を作ります。

水素水モードで、230ppb の水素水を汲み置きしたもので

なんと、マイナス256 という還元電位でした。 優秀ですね。

 

さて、本日CHAKAは、1時~4時くらいまでテニスをしておりました。

実は、昨日は川で無防備に日光浴をしてしまい日焼け著し。。。。。

夜は夜で、スポレックでがんがん汗をかいていました。

この状態(酸化状態)で、計測したアマロリは・・・・

プラス31でした! ぉお! これがどういうことなのか・・・・ という検証はこれからです。

 

アマロリ恐るべし!

 

世の中の、アマロリ強者達は・・・

なんと、マイナス200超えのアマロリを産出する方々がいらっしゃいます!

 

アマロリは、一番影響受けるだろうと思われているのが食べ物です。

食事内容がどんな血液を作っているのか、精妙にわかりますね。

しかし、研究者達によりますと、食べ物よりも感情にかなり影響を受けるらしい。

 

それと、皮膚の状態とかなり連動しているらしい。

皮膚の状態とは、皮膚の常在菌の活動だと考察されています。

合成界面活性剤にてカラダを洗った翌日は、かなり還元電位が上がるようです。

 

やっぱりね。

 

私たちは、まちがいなく菌と共生しています。

皮膚、腸、衣類、住空間の菌と、コミュニティーを保ちながら共生していますね。

 

ゆくゆくは、CHAKAのナチュラルテラピーの最も確かなサービスとして稼働していく

予定です。

 

CHAKAも、実は今年の秋で還暦です。

昔は、還暦と聞けば 人生も晩年? なイメージでしたが

温熱生活13年。瞑想生活8年。集大成のように・・・ アマロリ生活3カ月。

のおかげなのか?

 

動き回っていても、疲れない。

今後、もっと研究を進めていきたいと思っています。

 

お楽しみにねうへうへ