山梨県甲府市シークレットサロン〜Yuan〜

山梨県甲府市シークレットサロン〜Yuan〜

レイキなど様々なヒーリング技術を取得後
大きな広がりと愛に繋がり誕生したエナジー療法。
手技はロミロミをベースに、
身体の声に従い流れに乗っていきます。
2つを同時に行うオリジナルメソッドHanahana。
どうぞご堪能ください。


テーマ:
今朝の夢で流れていた曲がありまして、ハワイアンの有名なシンガーさんの歌でした🌺✨


それが流れていながら、もしも以前の病院での仕事を続けていたらこんな感じ〜という選択が違った場合のパラレルのような映像を夢で見ていました。


天王星牡牛座の7年間が昨年の5月より始まって以来、ゆっくりジリジリと、逆行し、牡羊座までへ戻りつつ順行に戻り、牡牛座のテーマもノックされる日々が続いているように思います。


体感でしか星の動きを見ていませんが、世の中でも、自分の中でも、身体や心に、フィットするもの、しないものがわかってきたように思います。


今日はお昼過ぎまではお仕事をし、そのあとはフリーで、必要な用事も夜以降なので間が空いていました。


友人も、主婦の方なのですが、旦那様は海外出張、子供さん達は急遽県外へ。
人に声かけようも、誰もつかまらず一人でいるのが怖かったそう。


一人でいるのが怖いのは本当の自分と出会うのが怖い時に思うのですよね。


偶然予定が空いた同士ゆっくり、お茶を飲みながら話していました🍵


彼女は自己肯定感が高いとか、ポジティブだとか、あまり深くは悩まない感じでいますが、今日はとても辛くなっていました。


反対に私はとても幸せな気分で(何があったわけでもありませんが、特別気分が良かったのです☺️)
彼女と話しているうちに、明るい楽天的な、カフェオレで言うと(なんで?☕️w)混ぜる前の上のふわふわなミルクの部分のような層と、その下のエスプレッソのような濃いダークな葬られたような二層がちらついてきました。


それを伝えるとそのままお仕事をする流れに💫


1〜4歳が思い出せない彼女と、少しずつ記憶をすり合わせていきます。


はじめのうちは

"私は大事に育てられた"

としか彼女自身は思っていませんでしたが、印象をお伝えしていくうちに、封印した気持ちがあったことに気付いてゆきました。

彼女はいつも

ひとりぼっちでいじけていた。

過去を正しくとらえた瞬間でした。


そしていつも

わたしはずるくて、腹黒いから

と口に出して言うことの意味がわかっていきました。


寂しさと、そうでなければ愛されないと言う認識からでした。


彼女は子宮の病気をかかえていますが、毎日のホルモン剤のお薬でどうにか楽に生活ができている状態。


第1チャクラが弱っていました。


第2チャクラはエネルギーが足りないので無理に稼働して、ネガティヴに嘘で繋がる関係を増やしていました。


嘘をつかれるのは嫌だけれど、嘘をつくことは心地よかったのです。
そして一人じゃないという、承認欲求も満たそうとしていました。


掘り下げていくことで、しっかりとチャクラが動き出し、カフェオレの分断された二層はゆっくりと混ざり合っていきました。


奇跡のように、家族から離れ、一人で過ごさなければならなかったのは、一人で自分を立ち返る必要があり、彼女もわたしも立ち返るために予定が空いた、ご縁に用意されたタイミングの流れでした。


その後、彼女と別れたあと、取り急ぎとても気分がいい!とのご連絡を受けました💫✨


天王星牡牛座期は、自分の土台となる根底の思い込み、家、お金、財産、身を置く場所、自己肯定感の置き所、全てが洗いざらい本来の形へと書き換えられていきます。


自分だと思っていたものが親であったり他者の考えだったりすることにどんどん気付いていくことでしょう。


どんどんと壊れていきます。


私自身、今朝の夢の中で、家を変えるような印象も得たり、お仕事の仕方も変えていくような、そんな印象が強かったです。


夢の中で流れた曲を聴きながらいると、自分の中の壊れていくものに気づいていきました。


父への想いも、母への想いも、パートナーというものへの関わり方も。


全ては別の人間です。


私の中には、父も母も他人という印象が強いです。


一番愛おしくて一番遠くて近づけない人です。


でも一番求めていたのだと思います。


父も母も、一般的な家族や娘といった感覚とは違い、一番甘えてはいけない人達だと思っています。


自分を彼らの子供だと認識していないというのが一番近いかなと思います。


パートナーも、自分がパートナーだという認識がありません。


いつも家族やパートナーといても、私はいつも単体でしかなく、大事に想われているという認識がどこにもありませんでした。


そのセンサーをオフにしていたようです📴


第2チャクラの、人と交流する部分が自己循環のみで、パーソナルな関係性の人との交流だけを絶っていたようなんです。


過去、他者、とくに両親と交流することがあまりにも辛く、とざしてしまったようなんですね。


私は娘ではない。
甘えてはならない。
育ててもらう間お金をかけてもらうなんてありえない。
いつか全額お返ししなければならない。


そんな想いが根底にはありました。


パートナーにもご馳走になったりお世話になると、家事でお返ししたり、できることでお返しします。


それは義務のように。


愛ではないですよね。


嬉しかったから、ではなく、借りがあるから、という感じなのですから。
(もちろん嬉しいな、という気持ちも顕在意識にはあります)


よく、子供の頃は怒られたとき、裸足で外に出される経験がありました。
二十歳ごろになっても、いきなり家を追い出されることになりましたね。


子供の頃からいつも、帰る場所がない、居場所のなくなる不安、恐れを持って生きてきました。


ですから、将来、誰かと共に生きていける未来、誰かにとってかけがえのない存在になり得ることはとても、わたしの思考にも上らないほど、天地がひっくり返っても起こり得ないことのようにインプットされていました。


結婚や、一生誰かと暮らしていくこと、何かを一緒に考えて決めること、など、何もかもが宇宙語のようなとらえられない感覚でした、、👽🛸


"パートナーと何度も何度も喧嘩になりながらも話し合いをしました"というようなメッセージを見ると、なんとも美しすぎてたまらなく涙が出るほどでした🌎✨


先日のブログで書いた


安心できる場所で、安らかに暮らしたい。


という願いはここからきていたようです💫


押し込めた天岩戸が開く時が来たような、そんな印象です。


こうして書いている今も第1、第2チャクラが激しく循環しています💫


くすぐったいほどに。


そのまま上部チャクラまで書き換わっていく感じがするので楽しみに気持ちよく過ごしたいと思います。


友人のチャクラワークが、わたしのチャクラワークも起こしてくれました✨


まさか、こんなところにこんな不自由な概念が潜んでいたなんて。


でも今だったんだなぁと思います。


ハートが気持ちがいいです💚✨


また追って経過を書き留めていきたいと思います。
ご興味ある方はお読みいただけたら幸いです🌟


たくさん、お読みいただきありがとうございました💫


チャクラワークはカウンセリングでできます💫

ご希望の方はご質問でもお気軽にご連絡くださいね💖






Ameba人気のブログ

Amebaトピックス