平型急須

日本茶のワークショップ、

日本茶教室を定期開催しております。

ビギナーさん大歓迎♪

 

 

はたらく女性のリラックスタイムを応援する日本茶SHOP

CHA-ICHI WORKS(ちゃいち わーくす)

市川雅恵です

 

 

 

平型急須

 なんか、通っぽいよね、と思っていた「平型急須」
 
 
日本茶の専門家や、お茶通の方々に愛用者は多いのですが、
この型のメリットは、
 
「底面が広いので、茶葉が重ならずに湯が均等にかかる」
 
つまりは、茶葉が広がりやすく旨みが引き出せる、というメリットがあります。
 
形もなんかカッコイイしね。。。。
 
 
初心者でもおいしく淹れやすい急須です。
で、も、急須って作るの大変だし、この形は職人技だし、それなりに高価ではあります。
 
 
ただ、平型、しかも、極平型と呼ばれるこの形は魅力的。
 
当店にもいくつか入荷しました。
 
 
もう、個人的に全部ほしい!!!
 
 
常滑焼、作家、石龍。
 
水平に平たい。
やや小ぶり。
 
このシンプルさは、超好み。
 
 
 
急須フェチは、みんな知ってる??
 
常滑焼の作家急須、磯部輝之。
美しい工芸品を日常で永く大切に使うという贅沢。
 
輝之の得意とする技法が「印花」です。
ひとつの急須に施される印花は、100個から200個とも言われます。
ただ捺すだけでなく、手間と時間を惜しまずに心をこめて丁寧に施されます。 
 
 
写真だとわかりにくいかもしれませんが、本当にお見事!!です。
 
 
 
愛知県伝統工芸品産業優秀技術者として表彰された加藤秋景(かとうしゅうけい)さん作の常滑急須。

常滑の伝統的手法に様々な焼成方法を駆使して急須を作っていた作家さんです。 
 
これも、とても良いです。
 
 
大量生産の品ではない為、なくなり次第終了とさせていただきます。
 
 
リラックスするお茶時間のお役に立てたら嬉しいです。
 
 
WEBストアも覗いてみてくださいね。
 
 
 
 
 
 
 

★Instagram(フォローしていただけたら嬉しいです!)
chaichi_worksで検索してくださいね
https://www.instagram.com/chaichi_works/

 

 

さらに・・・

日本茶のこともっと詳しく知りたいなと思ったら・・・

https://www.chaichiworks.com/SHOP/mailmag.html

ブログより、濃く!お届けしています★