日本茶のワークショップ、

日本茶教室を定期開催しております。

ビギナーさん大歓迎♪

 

 

はたらく女性のリラックスタイムを応援する日本茶SHOP

CHA-ICHI WORKS(ちゃいち わーくす)

市川雅恵です

 

 

 

念願の沖縄「胃袋」へ行ってきました

 
 
少し前(だいぶ?)の話ですが、仕事仲間と沖縄の料理店「胃袋」へ。
「胃袋」お店の名前です。
 
予約開始が2か月前。
そして予約がとれないことでも有名。
 
店を予約をしてから、沖縄旅を予約しました(笑)
 
店内のセンスも素晴らしい。
ひとことで○○風とは言い表せない。
 
特別な空間で、特別なお料理をいただきます。
 
扉の取っ手が胃袋の形・・
 
この扉を開けると・・・
 
 
お料理も
ひとことで○○風とは言い表せない。
形容しがたく、今までに食したことのない味。
エネルギーがあり「人が食すということ」の意味を再確認してしまいました。
 
「食べる」という、人間の根底をつくる行為。
身体も心も、「食べたもの」と「どう食べたか」と「誰と食べたか」で作られています。
 
メニューはなく、季節にあわせてのコース。
オーナーの関根麻子さんが丁寧に説明してくださいます。
 
忘れたくないので、ここにも記しておこうと。
 
 
オリーブ、枝豆、アーモンドなどのムースとプルーンのセミドライ。
スパイスのはいったヨーグルト添え。
上の葉っぱは、やんばる産の金川紅茶(かにがわ)をオイルと塩でやいてパリパリにしたもの。
 
 
スープとおさかな。
 
もろこしとミルクと塩の冷たいスープ、ケール、スパイス、塩が効いてます。
 
ハマチとシャインマスカットのホワイトビネガー和え、沖縄蜜柑、はちみつ、センバルのオレガノ、ジンジャーリリーなど。
 
 
お肉。今、この瞬間にも、また食べたいと想います。忘れられない味。
 
鶏肉、豚肉を玉ねぎで包み蒸し煮、カレーリーフ、ピクルス、ライムなど。
 
 
 
 
最後に、デザートと共に特別なお茶(中国茶)を出してくださいました。
樹齢100年古樹、在来種。パワーあります。食と同じく、お茶にもエネルギーが宿っています。
 
デザートはカカオと無花果のケーキに、
塩と薔薇を重ねて発酵させた薔薇ソースが栗の渋皮煮に添えてありました。
 
お茶は普段は出してないそうですが、私がお茶の仕事をしているので特別なものをいれてくださいました。
情景が浮かんでくるような、お茶の説明と共に。
 
麻子さんの「おもてなし」の気持ちにも感謝と感動。
 
とても手の込んだお料理を食べさせてくれる特別なお店。

要予約です。
探して行ってみてくださいね。

 
 
 
 
 
 
 

日本茶のこともっと詳しく知りたいなと思ったら・・・

https://www.chaichiworks.com/SHOP/mailmag.html

ブログより、濃く!お届けしています★