日本茶のワークショップ、

日本茶教室を定期開催しております。

ビギナーさん大歓迎♪

 

 

はたらく女性のリラックスタイムを応援する日本茶SHOP

CHA-ICHI WORKS(ちゃいち わーくす)

市川雅恵です

食べるお茶で秋養生

お茶を飲み、茶葉をこんなに美味しく食すことができます

 

すっかりブログが滞っておりました・・

書くことはたくさんありますので、時差が生じつつながらではございますが、徐々に書いてまいりますね。

 

 

さて、女は秋にいっきに老ける、といわれるのは、

夏の疲労が1~2か月遅れでやってきて、なおかつ気温・気圧・湿度変化に、体調が追い付かないから、だとか。

空気もいっきに乾燥しますし。

 

急に涼しくなったときに体調を崩す人も少なくありませんね。

みなさんは大丈夫でしょうか・・?

 

ちょっと前のことになりますが、

 

元氣に身体を整えて、秋を過ごしていただくために9月30日(日)に自由が丘にて

秋の食養生をテーマにした「食べるお茶、飲むお茶」の日本茶ワークショップを行いました。

 

私からは、抗酸化、抗糖化作用を持つ緑茶の話と、

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、それぞれにこんな飲み方ありますよ!というお話。

 

そして「食べるお茶」は、食卓のしをり主宰の佐藤千佳子さん(栄養士・日本茶インストラクター)を講師にお迎えしました。

「茶葉を使ったお料理」を召し上がっていただきながら、レシピも教えてもらえちゃう!!というスペシャルな講座です。

 

佐藤さんとはプライベートでも親しくさせていただいていて、お仕事パートナーでもあります。

 

季節のこと、身体のこと、に基づいた土台論理がしっかりとある上で、

美味しく、やさしく、発見もある素敵なお料理を教えてくださいます。

ご本人も素敵♪(ここ大事)

 

それから、あくまでも生徒さんたちが、おうちで取り入れられる実用的なレシピをお願いいたしました。

日本茶は日常の生活に取り入れてこそと思うからです。

 

 

 

茶殻の下処理の方法をデモンストレーション。

このひと手間で、ぐぐっと美味しくなります。なるほど!

みなさん、真剣です!

 

そして、お茶を使ったお料理は・・・

 

 

CHA-ICHI WORKSの知覧茶使用、和豆と栗のサラダ↑

 

 

 

包みを開いたときの、良い香り・・・・

 

 

CHA-ICHI WORKSの釜炒り茶使用、秋刀魚と釜炒り茶の包み蒸し↑

 

この釜炒り茶は、佐藤先生が大絶賛の茶葉です!

食のプロにお墨付きいただけて嬉しい。

 

阿波番茶をつかった汁物↑

 

茶あ飯の素をつかった焼きおにぎり 青実山椒味噌 ↑

 

混ぜるだけで美味しいと大好評の「茶あ飯の素」、焼きおにぎりにすると茶葉の香りが引き立って、これまた美味です。

 

 

デザート。こちらもCHA-ICHI WORKSの釜炒り茶使用。

色も美しくて、見た瞬間「おお~~~!!!」と感激ものでした。

 

 

こうやって見ると、茶葉料理のフルコースです。

 

お茶は飲んでおいしい。

そして食してもおいしい。

 

いろんな広がりがあることを体験していただいて、

お茶って楽しいを伝えてまいりたいと思います。

 

しかも身体にもいいしね。

 

 

永く、日本人の暮らしに寄り添ってきた不思議な葉のパワーをぜひ生活に取り入れていただきたい。

 

暮らしにお茶を。

 

そして、コメも今おいしい季節ですね。

新米の美味しさ、格別です。

 

しっかり食べて、身体を整えて、秋を過ごしてくださいませ。

 

お忙しいなか、ご参加いただいた皆様。

食卓のしをり主宰、佐藤千佳子先生。

 

どうもありがとうございました!

 

 

 

 

次回へ続く・・・・

 

(また冬に開催予定でございます。こうご期待!)

 

 

 

 

日本茶のこともっと詳しく知りたいなと思ったら・・・

https://www.chaichiworks.com/SHOP/mailmag.html

ブログより、濃く!お届けしています★