TOMY・TECの分売パーツは品番管理です。注文時必ず番号を言いましょう。。。 | どんまいさんのブログ

どんまいさんのブログ

鉄道模型・ホットウィール・トミカなどを、ご紹介するブログです。

今晩は(*^_^*)
 
 
 
ヤフーブログからの掘り起こし記事。。。もう????でしたよ。。。この時ばかりは。。。
 
 
 
 
 
以前、TOMIX(TOMY・TEC ロゴの製品)のDD51のジャンク品を。。。
 
ヤフオクでオマケで手に入れてからハマっております。
 
 
 
 
しかし・・・この商品のジャンク品は前面手摺の側面手摺折れが圧倒的!
 
 
 
なので、TOMY・TECのお客様相談室に電話して。。。
 
品番と旋回窓の付いたボディー(その時品番分からず)を注文しました。
 
 
イメージ 1
 
 
TOMY・TECより注文の商品が届きました。
 
イメージ 2
 
 
 
TOMY・TECに注文するのは初めてで一番驚いたのは品番管理に頼り過ぎて。。
自社商品知識の無いお客様相談室の受付け女性陣が応対する事です。
 
 
品番のみでロットも聞かず、淡々と・・・・。
 
KATOでもマイクロエースでも、
品番を告げると。。。
 
必ず製品年度(ロット)言わずとも必ず確認して来てくれます。
 
 
 
TOMIX(TOMY・TECのロゴ)のお客様相談室の受付けの対応の仕方は、
ずぶのど素人というイメージを持ってしました。
 
 
 
しかもパーツは、アッセンブリ注文で、個別パーツの扱いはありません。
送料は5000円以上購入で無料でした。
 
但し、発送は代引きのみで、代引き手数料は有料(税込324円)です。

 

 

 
 
イメージ 3
 
 
厳重に梱包・・・・・さすがTOMY・TEC!
まっ!メーカーなので当然ですけど。。。。
 
 
イメージ 4
 
 
手摺と旋回窓欲しさに注文したのでしたが、
 
聞いただけなのに。。。。
注文時に「そのような分売はしておりません。」と、きっぱり!
 
 
 
高飛車・・・「恐れ入ります。そのような分売は致しかねます。」って、
言えないものですかね。。。。。。。。
 
 
 
 
手摺は床下パーツに取り付けた状態のカプラー付きです。
旋回窓は、ボディセットになります。
同品番のお買い求めは2個までとなっています。
 
 
 
え~~っと思いましたけど。。。。仕方ない。

 

 

 
 
イメージ 5
 
 
 
明細は、ご覧通り。。。。
 
ボディーパーツが旋回窓1個欲しさに税別2400円(税込2592円)!
手摺パーツは6個欲しかったので。。。。。
同一品番個数制限2個と別品番1個で税別4200円(税込4536円)!
 
発送は代引きとの事で、代引き手数料のみ有料300円(税込324円)!
 
総額税込7452円でした。
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ご利用ありがとうございました。って、高く無いですか~~~~!!
 
 
イメージ 7
 
 
送られて来た内容品は、このような感じです。
 
リーフフレットは、
今年の7月現在の新製品の発売予告ポップでした。
 
 
イメージ 8
 
 
一番ビックリしたのは・・・・この床下!
 
ナント!ダイカスト製品では無く、プラ製品!
 
 
同品番でも、最新ロットのコストダウンしたプラ製品!
 
 
 
TOMY・TECって、製造時期(ロット)の概念が無いようです。
 
 
 
 
これ、手摺を部品取り目的でしたけど、床下パーツ利用だったら、
別ロット製品になっています。(形状は材質違いの同形状で非常に軽い!)

 

 

 
 
イメージ 9
 
 
手摺だけが6個欲しいだけなのに・・・・・このようなプラ製の床下要りません。
 
 
 
このコストダウンとも言えるプラ製品化で自重が軽くなるので、
キャブに緑の色のウェイトを載せる仕様にしたのでしょうね。
 
 
 
 
それも・・・まだ床下がダイカスト製品の内に先を見越して。。。。。
 
 
イメージ 10
 
 
当初の説明では!!
 
品番が変わると床下のモールドが違うと説明を受けましたが。。。。
品番2212の刻印された同じ床下同一製品パーツでした。
 
しかもプラ床下。。。。。
 
 
 
TOMY・TECのお客様相談室の女性陣・・・・ホント!商品知識がありません。
 
品番で商品を管理してロットも関係なく、在庫のあるのみ注文を受け付ける方式です。
 
 
 
 
旧製品を補修する場合は、TOMY・TEC製品は、この点に注意が必要です。
 
 
 
 
結局、品番2212と品番2219は同じ物でした。
当初、製品2212と製品2213は共通、製品2219は、床下モールド違いと説明を受けましたが、全く同じ物でした。
ホント!TOMY・TECのお客様相談室の受付けの女性陣は、ずぶの素人で品番でしか認識出来ていないようです
 
 
 
 
 
製品製造時期で品番を仕分けている為、品番違いでも内容品が同じということはあるそうです。
別のお客様相談室の受付けの女性の方が申されてました。
どうも・・・・社員間で情報の共有もされていないようです。
 
 
 
KATOやマイクロエースの方が、パーツ管理はしっかりしてますね。
データもTOMY・TECは1990年以前の商品データは無いそうです。
 
旧製品のパーツも保存されていないそうです。
話しになりませんね。

 

 

 
 
イメージ 11
 
これらを補修修理しようと・・・・・
 
右端はジャンク車両!
 
残り6両が何らかの不具合とパーツの入れ替えがされていたので整理します。
 
旋回窓が1個欠品だったので、注文時品番が分からず(ジャンク品だからケースが一部一致していない。)だったので、旋回窓の付いたボディーセット税別2400円をお願いしたにも関わらず・・・・
 
送られて来たのは・・・・コレ!
 
 
イメージ 12
 
 
あのね!
DD51-800形は、ワイパー窓でしょうが!
 
早速、クレームの電話を入れました。
 
 
 
 
 
そしたら「品番で、ご注文戴きましたましたでしょうか。品番で管理しておりますので、品番でご注文お願いします。」だって!
 
 
 
 
「品番が分からないから、旋回窓の商品でお願いしますって言ったのに、何を今更言いうんですか。」
 
 
 
「お調べします。」
 
 
 
 
 
誠に失礼致しました。今後は品番でのご注文でお願いいたします。」・・・高飛車・・・私たちは間違っていないを協調!
 
 
 
 
「私共TOMY・TEC(TOMIXとは言わない)お客様相談室では、個々の製品の詳細には詳しく無く、品番管理で分売させて頂いております。
 
 
 
 
 
確かにお客様の会話なので、お電話録音させて頂いた内容では旋回窓のご注文を賜わっておりました。当方のミスですので旋回窓1個郵送させて頂きます。
 
 
 
 
 
 
旋回窓の付いたボディ付き商品が只今品切れしておりまして、在庫がありませんのでご了承願います。」ですと。。。

 

 
DD51北斗星か何かから取り外して送って来るのでしょうか。
 
 
国鉄色のDD51の寒地型のボディーパーツが欠品している事が、
間接的に判明しましたね。
 
しかし・・・この旋回窓、怪しいんです。
 
該当するDD51を見付けられ無いのです。。。。私。
 
 
 
キャブ横に通風換気口がある製品なのですが、屋根は寒地型、窓は旋回窓!
寒地型に通風換気口って、おかしくないですか。。。。
 
 
ジャンク品で手に入れたDD51だから・・・パーツ交換されているとカタログと一致する車両が無いんです。
 
なので・・・・DD51-800番のボディ(税別2400円)に、載せ替えて、ナンバーは、たまたまDD51-500番にオマケ付属の844を取り付けてDD51-844番としました。

 

 

 
 
イメージ 13
 
 
 
こうして・・・・ジャンク品ボディーも巻き込んで、
Bランク級の6両のDD51が修理修復出来ました。
 
 
手摺は、6個全て使い切りました。
 
床下は、全部ダイカスト製品時代の旧ロット!
 
機関車はやはり粘着のため自重が重くないとね。
 
キャブにもウェイト全部入れましたので、相当ズシリと重いです。
 
20016年ロットのDD51を買うと床下プラ製品なのですね。
 
 
 
 
 
HG仕様も良いですけど・・・
機関車の床下がプラ製品だと。。。その分、自重が軽くなりますからね。。。。
 
 
 
 
 
あえて・・・旧製品と言っても外観は、HG仕様と然程変わらない方のDD51です。
 
TOMIX(TOMY・TECのロゴ)分売パーツ!買うの勇気要ります。
 
 
TOMIX(TOMY・TEC製品全般)のお客様相談室の現受付の女性陣、自社の鉄道模型知識を品番に頼り過ぎて。。
 
何も分からない!知らない!・・・・・困ったものです。

 

 

 
 
イメージ 14
 
 
 
しかし・・・・品番違って、中身が同じ!
 
旋回窓って言っているのに、ワイパー窓の税別2400円のボディーセットを送って来るし・・・何考えて仕事しているんだろ。。。。
 
品番変えても中身が同じで、挙句の果てに材質が違う!
 
材質変えたら・・・品番も枝番付けるべきでしょう。
 
TOMIX(TOMY・TECのロゴ)の品番管理に疑問を持ちました!
 
やはり私には、TOMIX(TOMY・TECのロゴ)製品は向いて無いです。
 
TOMIXの時代(TOMY・TECの印字が無い商品)の方が分かりやすくて良いですね。

 

 

 
 
イメージ 15
 
 
製品の正常な状態を見抜くのに苦労しました。
屋根変えて、窓変えて、ナンバーを適当に付けられたら・・・・どの製品から弄ったのか全然見当も付きませんでした。
 
やっている内に・・・・段々、見えて来ました!
1両のDD51・・・・弄り倒されているのに気が付きました。
 
この車両にDD51-800番のボディーを載せると、一辺に解決出来ました。
 
 
しかし・・・この通風換気口の付いた旋回窓のキャブの正体がわかれば良いんですけどね。
 
トミックス (TOMY・TECのロゴ)の注文、品番同じだからと・・・
 
必ず欲しい製造年(ロット)の物は送られて来ません。
 
最新ロットの同品番です。
 
昔の製品を修理修復するには、ジャンク品の状態の良い物から部品取りする方がオリジナルに戻せますね。
 
何とか6両・・・完全修理修復完成です!
 
 
 
 
(*^^)v