皆さんおはようございます。

本日もご覧いただきありがとうございます。

 

ゴールデンウィーク 最終日は、天気が良かったので、三浦市にある自然岩礁の

"盗人狩(ぬすっとがり)"

へ行ってきました。

 

三浦海岸駅から、京急バス🚌に乗り、

終点・剱崎(つるぎざき)まで行きましてそこから歩いて向かうことに・・・

(三浦海岸から三崎東岡行きバスに乗ればもっと近くで下車が出来ます)

 

終点・剱崎からの景色です。

 

距離にすると45分ほどです。

 

まずは住宅地を歩いていきます。

 

 

海岸沿いをひたすら歩きます。

ヤシの木🌴🌴🌴があったりと、雰囲気が沖縄っぽいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、トンネルを通るコースもありますが、

バスが走るコースの方を歩きました。右手にはキャベツ畑が広がっています。

 

 

 

さて、だいぶ歩いたところで、ここの分岐点にさしかかります。

左手方向へいきましょう。

 

漁港の中を通るので、本当にあっているのか不安になりましたが、

案内標識が見えてきました。

だいぶ雲もかかってきました・・・

 

 

まずは岩礁に到着です。

ゴツゴツした岩、海水が所々溜まっているので、

ここからはゆっくり歩いていきましょう。

 

写真じゃ伝わりづらいと思うんですが、結構起伏あるんです。

 

しばらく歩いていくと、この岩礁の最大の見どころといっていい

"盗人狩"のポイントです。

 

 

 

 

この雰囲気だけみると、外国みたいですね。

 

盗人狩の由来

この名前の由来ですが、昔 盗賊がいた時代、

盗賊が追われてこの山の端まで来た際、断崖絶壁と怒涛のさか巻きに身震いし、

容易く捕らえられてしまったという逸話からこのような名前となったようです。

 

 

 

今日は、投稿写真が多くなってしまったので、

次回は、この岩壁を見た後の風景、

ここに向かうまでの注意点などを書いていきたいと思います。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。