また一つ最後の戦いが終わりました! | ふぞくやのブログ

ふぞくやのブログ

株式会社クロップオザキの社長、
尾崎博之の公式ブログです。

神田駅の周辺で歩いていて見つけたガラケー専門ショップ。店内には2007年以前モデルの文字も。いろいろなショップがあるものですね♪

 

 

ボタン、ファスナー、生地など洋服の資材を扱う株式会社クロップオザキの2代目社長の尾崎博之(@cropozaki)です。

 

さて、今日のお話は、「また一つ最後の戦いが終わりました!」です。

 

日曜日は、中3の長男が所属する中学シニア野球(硬式野球)の試合でした。上部大会に繋がる試合としては、中3の選手にとっては最後の戦い。集大成の戦いです。この大会は関東に所属するシニアチームがすべて参加するため、とても大きな大会で、5回くらい勝たないと上部(全国)大会には行けません。そんな大事な大会の初戦が日曜日でした。

 

 

空はどんより曇り空。私たちのチームは第2試合で、11時過ぎに始まりました。

 

 

試合前に円陣を組んで気合を入れて望みます。いつもより盛り上がっている感じがこちらにも伝わってきました。

 

 

肝心の試合の写真は、応援に夢中になり過ぎて、撮れませんでした(笑)

 

試合は白熱した投手戦。初回はどちらも無得点で終わります。

 

2回にこっちは下位打線でしたが、1点を先制。その後、3回に相手に1点を返され、1−1の同点のまま、最終回の7回に。

 

表のこちらの攻撃で、ランナーひとり置いて、5番バッターが2ラン、ホームラン! 親たちも大盛り上がり!!あとは7回裏の相手の攻撃を抑えれば勝利。

 

2アウトまで行くも、ランナーは2、3塁。ここで野球の神様が簡単には終わらせてくれませんでした。ショートへの強いゴロがレフトへ抜け、土壇場で同点に。その後のバッターは抑え、延長線に。

 

延長戦はタイブレイク方式で、1アウト満塁からスタート。こうなると戦術的に先攻の我々は不利です。とにかく、たくさん点数を取るしかないです。ところが、この会から交代した相手のピッチャーにタイミング合わず、2三振で無得点。絶対絶命です。相手は、外野フライでもスクイズでも、とにかく1点取ればゲームセットですから。

 

こちらもピッチャーを代え、臨みます。その代わったピッチャーもいい球を投げ、スクイズを失敗させます。結局、相手も無得点で切り抜けます。もうハラハラドキドキです。

 

9回、またしてもタイブレイクで1アウト満塁からの攻撃。打順もよかったのですが、相手のピッチャーにやられ、またも無得点。この辺りから雨が本降りに。そして、最後、相手の攻撃で、犠牲フライを打たれ、ゲームセット。みんな、呆然です。

 

我に帰った時には、子どもたちが泣いているのが見えました。負けた気のしないゲームだったので、尚更悔しかったでしょう。ワンワン泣いていました。

 

親たちも掛け合う言葉もなく、沈黙。仕方がないです。まさか1回戦で終わると誰も思っていませんでしたから。

 

でも、今まで見た中で最高にいいゲームだったことは確かです。ファインプレーもあったし、いいところでホームランも出た。チームワークもよかった。結果は負けてしまいましたが、いいゲームで終えられたことに違いはないです。

 

これからも野球をやっていく子どもたちです。彼らのこれからの野球の糧になることは間違いないです。

 

明日は、親の思いを綴りたいと思います。

 

なんか、まだ現実を受け入れられない自分がいます(笑)

 

今日の教訓

 

楽しい時は長くは続かない!PT2

 

今日のボタン

 

 

ユニクロの子供服のジーンズ。ボタンは止めていると大人のジーンズと同じタックボタンに見えます。しかし、ボタンホールにボタンを止めるのは子どもでは難しいので、フックで引っ掛けられるようになってます。子ども服のパンツはこういう仕様が多いです。