入学前に学校から

長年働いていた前の職場で働けると聞き選んだ道。

働けると聞いていただけに納得できない情況。

しかも学校らの就労ビザはカナダ政府からのビザ。

 

しかし労働ビザをもらい長年働いていた会社は

政府と仕事しているから、そのビザでは

前のようにはあなたを雇えないと言われ

 

泣く泣く人手不足の時にしか働けない

パートタイムでしか雇ってもらえませんでしたが

カナダライフ最後はフルタイムで働きたかった。

学校を選んだ理由の1つである。

 

働けない現実に直面し

どれほど仕事がスキだったかと改めて実感させられました。

 

はじめはパートタイムが納得できませんでしたが

全く働けないことを選ぶよりもと

長年働いていた職場でパートタイマーとして働きましたが

 

2015 / 2016年の冬は

満足できるどころか全く持って不満足😭

合計しても10日も働くことができませんでした。

 

それが学校でプログラム最終日。

政府にも提出されている労働時間は不正時間。

 

書かれている仕事時間は

何倍もの日数が不正して書かれていたんですよね。

働きたくても働けなかったのに

許せなかったどころかありえない違法。

 

生まれてはじめて

人生を返せと思った経験でした。

 

人生返せ

クソババー\(*`∧´)/

 

こんなにも悔しい気持ちは

被害に合った自分しかわかりませんが

できることならみんなにみせたいほど悔しいわけで

 

経験した本人でないと

わからない痛みがある。

 

あまりの腹立たしさに

そんなことを思った自分でした😡💢

 

それに騙されただけではなく

意見しては散々嫌な思いをしていれば

自分が受講した政府のプログラムは

最高で2年まで受けられるコース。

 

海外では自分は外国人。

外国人にはビザが必要で

自由に生きられないわけで

 

最後にチャンスがあるのならもう1年

カナダ生活をしたいと思えば

こんな気持ちで帰ったら絶対に悔いが残り後悔する。

 

そう思った自分は学校にはお願いはしたくなかったし

悔しくて悔しくてたまりませんでしたが

 

自分のスキだと言う思いは大きく

気持ちを押し殺し

学校にビザ延長の申請をお願いしました。

 

しかし

 

生徒の人数によってのクラス分け。

ホームページに書いてある内容と現実の違い。

 

文化について学び気がつかされますが

自分は長年の海外生活していたことで

 

カルチャーショック。

逆カルチャーショックを繰り返し

知らずにカナダの文化を持ち合わせ

 

学費を払っていれば

意見していたんですよね。

 

カルチャーショック?  

逆カルチャーショック?とは・・・

https://ameblo.jp/cero-worldwide-friends/entry-12211215233.html

 

 

学校に意見すると気に入られず

嫌な目にあう学校だとは知っていましたが

 

満足できない授業。

ホームページに書いてある内容の違いにガマンできず。

 

意見していた自分だけは

ビザが延長できないと言われたんですよね。

 

 

・・・続

 

 

(海外で騙され、仕事ビザを失った話し その②)

        ⬇️ ⬇️ ⬇️

https://ameblo.jp/cero-worldwide-friends/entry-12313549967.html

 

AD