アメリカでは今大学受験の願書提出の
時期が始まっていて、
親子がさまざまな戦略で準備をしてます。

一家の自己資産評価も
入試の資料に含まれるから
親だって気が抜けないよね~。

というのも、アメリカの大学はめちゃくちゃ
授業料がかかるから

大学側もそれが払える人じゃないと
入学許可をしたくないわけで、

少子化で定員割れになっちゃうことを
恐れ
大学の費用までデフレ化が進んでいる日本
とは状況が違うのだ

ちなみに、

大学に提出する資料をみれば、その国が
どんな人材を求めているかがわかります。

日本の国立大学は
5教科に加えて、提出する小論文も
学術的なことが多い。

一方で、アメリカの入試は
統一試験や学校の成績が
満点であっても、世界から
優秀な人が集まってくるわけで

そこからが激戦で

小論文は
自分はどんな人なのか?というところを
アピールする内容のエッセイを

5万通の受験者の中から、キラッと
ひかる文章で書かないと通らないわけで、

「私という人物がいかにユニークで、
こういうパッションをもって、
こんなことをやりたい、学びたい」
という、エネルギーを文章にのせないと
いけない。

そのためには、

自分とは何か? 
一体、何者なのか?
どうして、今までこう思ってきたんだろうか?

と突き詰めて自分自身と向き合い
考えないと、書けないわけで

誰かの代筆じゃ無理なんだ。

よっぽど、私が書いてやるから
それ英語にしろ!と思いましたよ。

そういう意味では
ずっと勉強ばっかりして
平坦な道のりよりも

様々な経験を通して、
彩のある人生を送って来た人の方が

人間として魅力がありますよね。

だから、過去破産しちゃったりしてるけど
大統領にまでのぼりつめた

自信満々なトランプ一家って
なんだかんだ言っても
支持する人がいるわけだ。

安倍さんと比べてみると、
各国が求めるリーダー像が
よくわかるし

人的魅力って、どこにあるのか?

あなたの子供は、価値の高い子に
したいですよね?

自信をもって発言できる子供を育てたい方、
相談にのります。こちらから~
http://kyoikuiju.com/kidsbusiness



 
これからの日本に必要なCEOマインドを伝えていく講師として  
イゲット千恵子と一緒に「未来の子供に幸せを授ける事業」を
展開しませんか。

ハワイ・日本で数々の事業を立ち上げたイゲット千恵子が
直接皆さんに、アカデミー事業開始のコツや必要なビジネスマインドを
お伝えします。

CEOキッズプログラム講師養成講座日程

2018年11月26日(月)東京 9:30-17:00 
2018年11月28日(水)大阪 9:30-17:00 

申し込みは、いますぐ、こちらから
http://kyoikuiju.com/kidsbusiness