能力に関する誤解

テーマ:

こんにちは。

 

名護教室講師 金城日菜です。

 

 

 

「下手でも心を燃やせるものなら

ぜったいにやり続けよう」

 

これはマイク・マクマナス著

「ソース」からの一文。

 

あなたの人生の源は

ワクワクすることにある。

 

 

だとしたら、今日、明日、

あなたは何をしますか?

 

こどもがやりたい!ということを

どこまで応援できますか?

 

 


能力がない、

能力がなさそう

 

その思い込みは

人生の豊かさを

半減させているかも?

 

 

だってそれ、超主観的だから。

誰かから見たら

めちゃくちゃすごい能力だったりする。

 

 

ワクワクすることなら、

人は自然にやる気が出てきて、

だんだん上手になっていくし、

幸せで満足そうな人のところには

人や機会やお金が

引き寄せられてくるもの

 

 

 

バスケットボール選手の

マイケルジョーダンは、

高校時代、バスケ部のレギュラーに

なれなかったんですって。

 

 

エイブラハム・リンカーンは

大統領選挙に立候補するまで、

どの選挙にも落選したそうです。

 

 

能力って、好きってことかなと最近思う。

これが好き!はすでにすごい才能。

 

 

親が子どもを見る立場になるとちょっと欲が

出てきちゃうこともありますよね。

 

 

その子の人生はその子の人生。

親の私達の人生も、自分自身の人生。

 

 

へたくそでも、

かっこ悪くても、

やりたいこと、やろう!