16日に臨時議会が開催され、

 

文化センター本館の耐震改修の契約や、

台風15号関連の補修費用の補正予算が

可決されました。

 

その後、会派代表者会議が開催され、

議会として、来年度予算の要望事項として、

トイレの改修を要求することになったと、

会派代表者から連絡がありました。

 

え?

ちょっと待って下さい。

 

確かに、議会棟(本館)2、3階のトイレは、

古い和式便所で、ウォシュレットがいいです。

 

ですが、

 

費用が 

280万円 

かかるそうです。

 

しかも、現在凍結されているとは言え、

 

庁舎は近い将来、解体・建替えが

予定されています。

 

49億円の財源不足が発覚し、

庁舎の建て替えを凍結、

徹底的な行財政改革を求めている市議会が、

自分たちのトイレだけは特別扱いでいいのか?

 

9月議会では、

 

市の交付金手続きミス、市営住宅家賃ミスで、

職員による市の損失の補填案に反対し、

※森本は賛成

 

市営住宅で市が徴収するべき、

家賃の債権放棄を認めた議会が、

※森本は反対

 

自分たちは、特別扱いでいいのか?

自分たちより、まずは、

小中学校などのトイレ洋式化を、

優先すべきではないのか?

 

自分を除く議会の考えが、常識なのか?

自分の考えが、常識からかけ離れているのか?

 

【WEB投票】

 

 

を行うことにしました。

 

 

http://tagvote.grinspace.jp/Cb01_Vote?Key=838a8adf0a1d4d379819d0ad9267381f

 

 

※上記から投票してください。

  後日、結果は発表します。

 

投票期間は10月31日

正午までとなっていますので、

皆様、よろしくお願いいたします。