ブログ

ブログ

渡米目指して準備中の根がグウタラな腎臓内科医です。気づいた点や手続きのやり方などシェアします。


テーマ:
セントラルパークの桜も葉桜になりつつあり、いよいよ春から初夏に移りいく季節だなと感じさせられます。

渡米してもう10ヶ月経つのかと驚きです。少しずつでいいので成長していると希望的に信じつつ…。

さて、日本にいたときは当たり前に感じていましたが、実はとてもありがたいものだなと感じるものを独断と偏見で選んで羅列していきたいと思います。

(1)立ち食いそば屋、牛丼屋
「手軽に安くおいしくて(それなりに)体にいい物を食べたい」というニーズに対する究極の答えなのではないかと個人的に思います。

アメリカで安い食べ物を探そうとなるとピザやハンバーガーなどおよそ健康に良いと言えないものが殆どとなってしまいます。

そして日本だと牛丼屋や立ち食いそばがあちこちにありますので帰り道などにふらりと寄れるのも魅力ですね。サラダなどをつけても500円程度という驚愕のコスパはアメリカではまず見つかりません。

(2)コンビニ 
コンビニで特に驚きなのがおにぎりとスイーツではないかと思います。あれだけの種類のおにぎり全てが美味しいのも驚き。そしてスイーツの種類、安さ、クオリティどれをとってもハイレベル。アメリカだと暴力的な甘さ、脂っこさのものが多いので、繊細な甘さが恋しくなります。ローソンのロールケーキは最も好きなやつです。ああ、食べたい…。

関係ありませんが、コンビニの24時間営業は全店舗が常にフル稼働状態ではなく、地域によってグループ分けして輪番制とかできないのですかね。

(3)スーパーのお惣菜
アメリカのスーパーなどにあるデリカテッセンはどうも食指がのびません。日本のスーパーにあるかき揚げ、唐揚げ、コロッケなどの揚げ物は自炊で揚げ物したくない身としては(賛同者いらっしゃるはず)助かりますし、煮物やお弁当などで夕食とつまみまで揃ってしまうのはありがたい限りです。
日本に住んでいた時はOKストアが近くにあったので、タイムサービスのお寿司には大変お世話になりました。

(4)回転寿司
アメリカでもSushiは人気ですが、いかんせん高い。リーズナブルなお店でも50-60ドルくらいはするイメージです。安月給のレジデントには厳しい価格…。
日本の回転寿司だと(ネタさえ選べば)1500円でお腹いっぱいになります。特に100円均一の回転寿司はコスパすごいなとありがたみを痛感します。

(5)冷凍食品
一般的なスーパーで売ってる冷凍食品の中には「旨味という概念知ってる?」というものが散見されます。Trader Joe'sはかなり頑張ってくれてる方だと思います。しかし日本の冷凍食品には比べるべくもありません。
個人的にはセブンプレミアムの冷凍ラーメンと、ニチレイや味の素が出している冷凍チャーハンは尋常じゃなくおいしいと思います。大学生の頃チャーハンの美味しい作り方は色々試行錯誤しましたが、最終的に冷凍食品には敵わないという結論に至ったほどです。


今後日本を離れる予定の方は是非日本にいる間にこれらを堪能していただければと思います!笑

Ameba人気のブログ