アルカンの誕生日に | Cellist Yoko Hasegawa Official Blog
2018-12-01 11:59:09

アルカンの誕生日に

テーマ:チェロ

予定では先週の広島のコンサートについて書く予定でしたが、

先に昨日無事終了したアルカンのチェロ・ソナタのコンサートについて

綴りたいと思います。

 

ピアニスト以外には正直、アルカンという作曲家は

それほど身近ではないかもしれません。

私も、昨年ショパンのアルバムをリリースするにあたり、

それと背中合わせにする曲を探している時に、このソナタと出会いました。

ちょうどそのころ、昨日のコンサートのピアニストであり、

アルカンの権威の森下唯さんとの出会いがあり、そこから発展し、

昨日の森下さんのリサイタルにゲストとしてお招き頂くことになったわけです。

 

ふと親しみやすい顔を見せたかと思えば、

次の瞬間には突き放したような表情を見せる、一筋縄ではいかない作品でしたが、

リハーサルを重ねるうちに、森下さんのふとおっしゃる一言で、

アルカンを身近に感じられるきっかけがあり、

生き生きとした人間像がイメージできるまでになりました。

 

それにしても世の中には、まだまだ演奏される機会の多くない

名作・大曲が山のように眠っているものですね。

この秋は、新曲続き。野平一郎さんの委嘱作品、広島では渡辺崇さんの新作・・・。

今月12月18日はこれまた新しいレパートリーである、

デ=メイ作曲の超力作、「カサノヴァ~独奏チェロとウインド・オーケストラのための」が

待ち受けています。

2018年締めくくりまで、あとひと月。頑張りますびっくり

 

 

そんな私の原動力は、すばると蓮音。

冬の陽だまりの中で、ごろごろ幸せそうな二匹から

今日も大きなエネルギーをもらっていますハート

 

 

長谷川陽子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント