大宇宙すごろく | CedarBook's

CedarBook's

カードゲームやボードゲーム等アナログゲームから電子端末を使用するゲームを扱って行きたいと思います。
ゲームは世界を繋ぐ、そう信じている。
Kaz!&Ruta 二人三脚で活動します。
活動範囲は主に静岡です。


テーマ:

どうも、CedarBook'sKaz!です。


今回紹介したいのはこちら!!


{3CC7AF88-15CB-4E86-BACC-880031135962}


大宇宙すごろくでございます!!


このゲームはですね(^^)

ツイッターでお世話になっています、はちさんからいただきました!!


詳しくはこちらからお願いします。

大宇宙すごろく: http://toydrop.jp/pd/space-rivals.html


はちさんのブログはこちらからです。

http://www.hachisuka.red/



さて、ゲーム内容と行きましょう。


思いっきりわかりやすく言いますと!!

サイコロを使わないすごろくになっております!!


すごろくと呼んでいますが、レースゲームでもあります!!


さらに、ブラフゲームでもあります!!



どやどや、運よりも読み合い騙し合いが必要なすごろくなのですよ(°°)


では、どうやって進めるマスを決めるのでしょうか。


各プレイヤーにはマッハカードなるカードが配られます。


{40F0E9BA-1A21-40FB-9F02-F2E897C502B4}



手持ちはマッハ10005000を1枚ずつの5枚!!

それを持った状態でスタート。


プレイヤーは、手持ちのカードからどのカードを出したいか話し合いをします。

この時、手持ちカードを見せてはいけません。


この時、本当のことを言っても嘘を言っても構いません。


話し合いが終わったら手持ちカードを1枚伏せる。

全員伏せ終えたら、一斉にカードを表向きにする。


他プレイヤーと異なるカードを出したプレイヤーのみ、駒を進めることができます。


どう?わかりますかね(^^)


ようするに

人を出し抜いて大きな数字を出し、被らなければたくさん進めると言った感じです!!


そして、面白いのはここから。


表にされたカードは自分に戻るのではなく、左隣のプレイヤーの手札に入る。


これは、、なるほどね。


強い手持ちカードを使うと次のターンは隣にとられてしまうんだね(^^)


さらにさらに、右隣からカードが手札に入った時点で、フィールドを確認します。


最下位のプレイヤーは任意のカードを1枚お布施として自分の手前に伏せて置きます。

そして、伏せてあるカードの枚数の2倍の数、自分の駒を進めなければならない。


って事は、最下位になると手札を1枚取られてしまうのだな!?

なんてこったいだね、しかも最下位プレイヤーは1人とは限らない。


そしたら、また話し合いに戻る


を、繰り返して早くゴールにたどり着いたプレイヤーの勝利となりますぞっと(^^)


そんな感じでしょうか。



コンパクトで持ち運びにも便利です。

鞄のポケットにも入ると思います(^^)


サイコロを使わないすごろくゲームってのを一度試してみてもらいたいです。


役職等はないので気が楽です。

ヘマしても吊るされたりしないです(^^)

もしかしたら、大逆転も出来るとても良いゲームだと思います!!

プレイ人数4~6人

対象年齢8歳以上

プレイ時間15分


もう1回商品名叫んでおきますか。


(˃̶͈̀˂̶͈́)⁾⁾ 『大宇宙すごろく』


よろしくお願いします!!


以上、お相手はCedarBook'sKaz!でした。ばいばーい(^^)



これもたしか、コノスさんで買えたと思った!!

気になったらチェックお願いします(*゚∀゚*)

CedarBook'sさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス