2歳の成長記録 | HAIRART JAPAN K.K. (ヘアアート・ジャパン) 社長ブログ

2歳の成長記録

しつけ、知識、自立、トレーニング、、、
2歳の節目に色々な進歩をとげたので記録したいと思います。


潔癖なマミーの真似っこで、お掃除は素質あり。昨年も猫の手よりは使えるレベルでした。
{D6A74CF7-5C4F-4390-A71D-76B725EC800E:01}
この頃はかなり念入り。
{8F0A5703-A84C-426E-A2C3-729B8E870CFB:01}
クッションをまくってお掃除するなど結構徹底してます。

自分で食べるのに精一杯な年頃。
汚さないように、こぼさないように、なんて無理です。じゃんじゃん自分でやって、いっぱい汚して、失敗して、次第にこつをつかんで上手になればいいと思っています。

でも、汚したのは自分で綺麗にしよ~。
こぼしたのも自分でゴミ箱に捨てよ~。

これを教えてきました。後始末する姿を見せ、一緒にやろう、と楽しげに促してきたのですが、結構身についてきたな~、としつけの効果を実感しています。



知識の面では、夏頃から興味が出てきた数字の学習が良い調子です。how many ?と聞かれたら数量のことだ、とわかるようになってからone two three...と指差しながら数えるようになり、
{8A3F7CF8-2C2D-4E4B-9DB6-38AF73C7BC58:01}
そこからはすぐに1~12まで数えられるようになりました。今は区切りの良い20,30...と10飛びで100まで教えています。

ちなみに彼女の中で最もカッコいい響きと思っているのが44のようで、何センチ?も何歳?も"forty four(ふぉーりーふぉー!)"です。

日本語はみっつまでなら数えられますが1~10は音だけ保育園で聞覚えてきただけで意味や順番はまだわかっていません。


そして目覚ましい自立として、苦いお薬を自分で飲んでくれるようになりました。
{FF8C06E2-2651-4295-AE18-D1A42065CF97:01}

もともと何でもめざとい伶香。
薬はナニに混ぜても一口食べた後指をさして「これ、medicine(薬) 」と言い、わかっていながら食べてるんだからね!という主張をする子でしたのでたまに混ぜる食べ物と相性が悪いと食べてくれないこともあり、お病気のたび苦労してきた分野でした。

今回薬に水滴を混ぜて練るところをみせてみたところ、「れいか、じぶんで!」と申し出て、自らスプーンを口に運び、苦いお薬をそのままで服用。一週間ずっと頑張りました。
{AC324896-3946-4260-AEC8-83CDE1E35665:01}
ちなみに久々の受診だった今回。お医者様でもウキウキで聴診器と喉アーンができ、先生にビックリされたのですが、”私がする先生の真似が大好きで、しょっちゅう真似してます”とはさすがに言えずませんでした。ちなみにママ友にも好評のかなり良い出来栄えにひひ口調も手順もバッチリそっくりなので絶対これでイメトレができていた効果だと思います合格


1番ホッとしたのはやはり夏に一度失敗していたトイレトレーニングの成功です。
{6857A9F3-44BA-4C7C-8113-16821DD86C32:01}

当時はおしゃべりもたどたどしかったので、こちらの会話もきっとわからないという前提で

「全然でなかったよ」「あー、また間に合わなかったー」「やっぱり無理かな~」

などなど本人の前で母にもらしていた私。
でも赤ちゃんって喋れなくても言っていることは全部わかっているんですよね。期待に応えたいけど尿意がわからない、そんなジレンマを1人で抱えていたのかお昼も夜もよく寝る伶香が昼に夜に寝ながら大号泣する事件が3日続いてしまい、ストレスになっているのでは?と中止したらピタっとおさまった、という今思い出しながらも可愛そうで胸が痛くなる失敗談があります。

マミーの意気込みが真面目すぎて重荷だったんだ、と反省した私はさっさとオマルをしまい、トイレを促すこともやめていましたが、 10月に入ってからデイケアのレポートにちょくちょくトイレでピッピしたマークがつくようになっていましたので、とある夕方、思い立ってオマルを出し、裸んぼで過ごさせていたら尿意を感じたときに自分でまたぎに行き、出たよ~!と報告してくれたのです。

その夜から毎日、機嫌のよい時間を見計らってまたぐよう促してきました。ピッピが出なくても、トライしたことに自信をもってほしかったので今回のトレーニングにはご褒美のキャンディーをつけてみました。
pigeonのキシリトールUという虫歯予防の乳児用タブレットをトライしたら1粒、ピッピが出たらさらに1粒増えて2粒もらえる仕組みです。


今はオムツ1日2~3枚しか変えず、しかもピッピがでてもご褒美を請求してこないことも多々。達成感があるんでしょうね。いつがその子のタイミングなのか、なかなかわからないものです。自分でオムツが脱げるようになる頃がベスト、という説が伶香にはあっていたと思います。


なんか急速に成長したこの1ヶ月。
{7E8989E0-EE3B-455B-B70C-ACB3CE6F6A7E:01}
私が嬉しい顔をするのが彼女の1番のモチベーション。"mommy is so proud of you!(あなたはマミーの自慢よ!)"と言ったときの嬉しいスマイルがなんともけなげで本当に涙が出ます。
{D2253E2C-6F3A-4CCF-B2B1-098D081B1851:01}

マミー好き?と聞いたら”だいっき”と素直に言ってくれるのがずっと続きますように!
{D1D42A14-D4B5-4F83-BB7E-E1126E3752C7:01}

色々気づきがあって、伶香に感謝です。
私も母親になって2年
楽しい毎日をありがとう。これからもよろしくね!