自由に動けるということ6

テーマ:
自由とまではいかないが
トイレくらいには一人で行けるようになった。
退院してもしばらくは静養しなくてはならない。

静養
いかにも苦手な分野だ。

部屋にある大きな窓のカーテンを
夜明け前に開けて
目の前に少しずつ降りてくる月を眺めた。

正月2日の月はスーパームーンだったらしく
翌日の朝もその次もきれいな姿で
しばらくの時間私を楽しませてくれた。

本当は窓を背にしてベッドを置くのだが
反対にしてもらった。
我儘な患者である。

そんなことができるくらいになったのでから
元気になってきたのだろう。
人のことがわかる、
優しい人にでもなるかと思ったけど
そうでもなく
憎まれ口も叩けるようになった。

あとは体力がついてきてくれたら。
リハビリ頑張らないとね。