自由に動けるということ3

テーマ:
クリスマスイブ
カニしゃぶを食べに行った。
大勢でワイワイ囲む鍋で
楽しい話をしながら
明日のことを忘れようと努めた。

まるで中国からの観光客のように
かに道楽の前で店員さんに集合写真を撮ってもらった。
道頓堀を改めて派手でキラキラしてて
賑やかで大阪にピッタリだと想った。

大阪は元気やなぁ。

私にはこの大阪感が足りてないのだと確信した。

ほとんど眠れないまま夜明けを迎えた。
荷物をまとめて車に乗り込み
いざ出陣。

絶望の只中で希望することの難しさ。
でも私は希望する。
希望だけが私にとっての光だから。

小説ツナグに出てくる言葉を思い出した。

この世は平等に不平等

みんな
何かしら辛いことがある
それらの単位は人によって違うのだから。

私は10kgで痛いけど
友達は10gで痛い。
私は一人でも生きていけるけど
友達は誰かいないと無理。
私は友達を羨ましく思い、
友達は私を恵まれていると思っている。