イタドリを炒めてみた | 弾丸ライナー
2009年04月07日(火) 18時51分51秒

イタドリを炒めてみた

テーマ:ブログ

料理なんか滅多にしない自分がイタドリ料理に挑戦しました。



まずさっと水洗いしてから、熱湯一歩手前のお湯をかけてやわらかくしてから表皮をむく。

↓びっくりするほど簡単にむけました!


ビール・オア・ダイ

イタドリの先端は、葉っぱがはえかけたこんな状態。


ビール・オア・ダイ

↓ピントずれてるけど拡大
ビール・オア・ダイ

先の部分おそるおそる触ってみると・・・水と反応してヌルヌルなんですけどwwwwwww

イタドリと聞いて、先っちょヌルヌルのアレかな?と思った方がもし居ましたら、正解です!←内輪ネタさーせんw



↓そんな先端は取り除き、5センチ程度にちぎる。手でも包丁でも可。

モノによってはポキッと折れます
ビール・オア・ダイ


↓沸騰したお湯で10秒ほどゆでる

ビール・オア・ダイ


微妙に色が変わるのを確認してからさっとあげ、流水につける。

独特の酸味、苦味とりのために流水で4~5時間放置する。

ビール・オア・ダイ








空腹に負け三時間後・・・

↓引き上げて水を切り、味が絡みやすいように斜めに切った。

ビール・オア・ダイ


ごま油を引き、強火でいためる。いためる時間はしゃきしゃき感が大事なため手早いほどいいらしい。

ビール・オア・ダイ


↓みりん、さとう、しょうゆを目分量で味付け・・・

かつお節も混ぜさらにいためる。

ビール・オア・ダイ


炒め始めから5分ほどで完成!


↓盛ってさらにカツオをまぶし、出来ました!

ビール・オア・ダイ


さっそく夕食を兼ねて試食・・ウマー!



・・・のはずでしたが、最後の味付けが薄かったorz

それと途中の流水が3時間程度だったため、ちょっとだけ独特の酸味(アク?)が強かったかなーって点。

ある程度は残っていないとおいしくないんですけどね!やはり流水は5時間程度がちょうど良さそうです。


高知県以外で食べる習慣は少ないと聞きますが、

ネットにレシピは出ていますので、是非お試しを!

木村さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス