健康食品あれこれ

昨日、知り合いの患者さんから相談を受けました。

「とりあえずのがん治療は終了したのだけど、

何もしないのも不安なので健康食品を飲みたい。

候補としてA,B,Cを考えているがどれがいいか?」

 

EBMを標榜する医師の立場からいえば、

「効く根拠のないことはしてはいけない」

といえば事が済みます。

 

一般に大病院の専門医は、自分が行った医療

行為のみが正当化されるべきであり、他のすべ

ての選択肢は統計学的に劣っているから棄却さ

れるべきというテーゼに立っています。

 

でも再発の不安を抱える患者さんの気持ちに寄り

添った対応(NBM)の立場からは一概に否定して

済む問題ではないように思われます。

 

がんにいいといわれる健康食品ですが、その効

果には前提のなる根拠が確立しているものは殆

どありません。一方、使用経験例の検討はなされ

ていることが多いので、服用した場合の毒性に関

しては「この程度」というデータは示されています。

 

そのことを前提としてどのような選択をするのが

望ましいでしょうか?

まず言えることは、どの健康食品も効果が実証

されているわけではなく、摂取し続けて元気に過

ごせたとしてもそれはあくまで結果的にそうなった

としか言えないということです。

ここで重要なことは、「結果として」再発せず副作

用もなかったということです。

 

ということは、自分でこれはいいと思われるものが

3つあるのであれば全部試してみる、もし副作用が

出た場合にはどれかまたは全部をやめるという選

択が、この場合最もふさわしいと考えられます。

 

ただし、あくまでその摂取については自分の判断で

という条件付きではありますが。

 

皆さんはどうお考えでしょうか?