桜の散る速さ、秒速5cmを取り上げたのは、チェンマイ式タイマッサージの理論講義のための、方便でした。

「ゆっくり」を強調したいためのただのパフォーマンスです。

 

しかし、知りませんでしたが、この秒速5cmは山口創先生のご著書によると科学的に証明されていました。

イギリスの研究によると、最も気持ち良いと感じられるタッチングの速度は、秒速5cmでした。

その速度に感応する皮膚の「C触覚繊維」がマッサージの要だったのです。

 

そして、他人の手が触れることによって、愛情ホルモンの「オキシトシン」が分泌され、お客様は幸せを感じます。

人はマッサージの数だけ、恋に落ちるわけですね。

オキシトシン化学構造式

 

 

 

01.桜の散る速さの施術(秒速5cm)① 歴史的エビデンス

02.桜の散る速さの施術(秒速5cm)② 桜の心

03.桜の散る速さの施術(秒速5cm)③ 科学的証明「C触覚繊維」

 

 

 

           

 

 

引用

手のひらの力を見直してみませんか? vol.2 | 暮らしとおしゃれの編集室 (kurashi-to-oshare.jp)