ハーブボールは、四つのグループに分けて、四つの側面から説明するとすっきりします。

一般的には、何のタイハーブを袋に入れるのか、そのタイハーブはそれぞれどんな効能があるのかを説明されるだけです。

四つのグループに分けた説明は、教える方も知らないのかしれません。

 

ハーブボールには、四大元素、それぞれのエレメントをバランスを整える、四つのグループのハーブで構成されています。

それはタイ伝統医学の原理に基づいています。

 

タイ伝統医学では、テイスト(味)により、タイハーブを四つに分類します。

 

タイハーブは、それぞれのタイハーブは、たくさんの効能がありますが、四つのグループ別にざっくり説明すると、すっきりします。

塩は、タイハーブの長持ちさせ、熱を持続させ、保温、保湿、殺菌、ハーブエキスを肌に浸透させ、悪い気を払うというように、他のハーブの能力を引き出し、統合するスーパープレイヤーです。

アユタヤ時代も、ミネラル豊富な、海の塩が使わていました。

 

身近な和のハーブで、タイのハーブボールを組み立て直すにしても、この四つグループの原則を守ると、タイの伝統文化に対するリスペクトが感じられる。

「お主もなかなかやるのう」とタイの代官に褒めらるかも。

 

-ハーブボールセラピーインストクター講座、オンライン授業化まで、後100日-

 

CCA予習・復習動画がYouTubeでオンラインで視聴できます。

日本のインストラクターはオンライン授業時間としても活用してください。
01-05CCAタイマッサージレベル1-5
06CCAジャップセンマッサージ
07CCAハーブボールセラピー

08CCAトークセンマッサージ
09CCAフットリフレクソロジー
10CCAルーシーダットン
11CCAタイオイルマッサージ
12CCAホットストーンマッサージ
13CCAおなかダイレクソロジー
14CCAベビーマッサージ
15-17CCAホームマッサージ

CCAタイマッサージ理論の本の更新バージョンがWEBでお読みになれます。

CCA読んでうまくなるタイマッサージ理論のHP