タイ伝統医学では、土・水・風・火の4大エレメントのバランスがくずれると、宇宙では、天変地異が起こり、小宇宙の人間は、病気になります。

 

 

エレメントのバランスがくずれるとは、正常のエレメントが、①過剰(カムラープ)、②減少(ヨーン)、③異常(ピカーン)の状態に変化することをさします。

 

このエレメントを変化される要因を5つあげてます。

1.季節要因(ウトゥ・サムターン)

2.年齢要因(アーユ・サムターン)

3.時間要因(カーン・サムターン)

4.国要因(プレテート・サムターン)

5.行動要因(プルティカム・サムターン)

です。

5要因を並列にかかげているので、そのまま並列に説明して行くと、聞いてる人は少し混乱します。

 

1.季節要因と4.国要因は、季節の変化とか住んでる土地とか、その人間をとりまく環境が要因となります。

季節は、日本は春、夏、秋、冬の4分類ですが、タイでは、夏、雨季、冬の3分類です。

季節によって、バランスをくずしやすいエレメントが存在し、季節の変化、冷夏など、夏が夏らしくなくことなで、バランスがくずしやすくなります。

国は、その特徴で4分類に分けていますが、もちろんその頃の世界観ですので、つっこまず、柔軟に考えることが重要です。

暑い国は火、暖かい国は水、涼しい国は風、寒い国は土のエレメントの病気になりやすいそうです。

国を移り住んだりする環境の変化は、バランスをくずす要因になり、大病したりします。

 

今回の新型コロナの感染状況も、それぞれの国で、まったく違う状況となりました。

その国は、その国の歴史、社会、文化などの膨大な情報(氣)の空間であるような気がします。

なんでも治しちゃう中国の有名気功師の氣が日本ではまったっく効かないなんてことも起こっちゃいます。

 

 

2.の年齢要因は3つに分けていて、16歳までの幼年期は水、32歳までの青年期は火、33歳からの壮年・老年期は風のバランスをくずしやすいとなっています。

米スタンフォード大学の研究によると、老化は一定のペースで進行するのでなく、34歳、60歳、78歳のときに劇的に進行するようです。

 

3.の時間要因は、3時間毎にバランスがくずれやすいエレメントが変化します。

理由はわかりませんが、月の引力や、潮の満ち引きに関係しているのかもしれません。

 

5.の行動要因は、理解しやすい概念で、5に分類されています。

①食事

②姿勢

③気候

④睡眠

⑤便・尿

⑥力以上の仕事

⑦悲しみ

⑧怒り

です。

 

③の気候は、1.の季節要因と重複していますが、暑いとか寒いとかの狭いことを言っているのでしょう。

要するに、正しい①食事をとり、正しい②姿勢ですごし、⑥働き方改革をし、充分な④睡眠をとり、⑤うんちやおしっこをがまんしないで、⑦悲しみや⑧怒りのような否定的な感情を持たないようにすれば、健康です。

日本人のように、5分で飯を食い、猫背で、サービス残業をし、徹夜で、うんちやおしっこを我慢し、ストレスをため、上司に罵倒されるような職場はNGということです。

 

国語教科書(小学校1年生)

 

タイの学校は、1時間目 8:30 ~ 9:20、2時間目9:20 ~ 10:10、3時間目10:10 ~ 11:00・・・のように休み時間がありません、うんちもおしっこも行けないので日本人なら発狂しそうです。

タイ人の生徒は、授業開始に三々五々集まり、授業中にトイレに行って、そのまま帰ってこないこともあります。

タイ伝統医学の教えを遵守しているんでしょうね。

 

CCA予習・復習動画がYouTubeでオンラインで視聴できます。

日本のインストラクターはオンライン授業時間としても活用してください。
01-05CCAタイマッサージレベル1-5
06CCAジャップセンマッサージ
07CCAハーブボールセラピー

08CCAトークセンマッサージ
09CCAフットリフレクソロジー
10CCAルーシーダットン
11CCAタイオイルマッサージ
12CCAホットストーンマッサージ
13CCAおなかダイレクソロジー
14CCAベビーマッサージ
15-17CCAホームマッサージ

CCAタイマッサージ理論の本の更新バージョンがWEBでお読みになれます。

CCA読んでうまくなるタイマッサージ理論のHP