タイマッサージ復興の立役者:プミポン国王 | CCAタイマッサージスクールのあそこ

CCAタイマッサージスクールのあそこ

CCAタイマッサージスクールのあんな事、そんな事、こんな事。CCAのスタッフが、CCAの授業風景から、お昼ごはん、おやつ、アフタースクール、すべてをさらけ出します。

今日12月5日は、王様ラーマ9世ことプミポン国王誕生日で祝日です。

3年前にお亡くなりになりになりました。

当時のスクールの受講生も、タイ文字九の人文字を作って追悼しました。

名君として今も国民に愛されています。

 

 

アユタヤ時代に王宮で発達した①祈り、②タイマッサージ、3ハーブの3点セットのタイ伝統医療は、ラーマ6世で診療や学校での講義が禁止。

ラーマ8世で、免許制になりましたが、祈り、タイマッサージは外されました。

ラーマ9世がワットポーの伝統医学学校に訪れたとき、「タイマッサージ教えないのか?」とお尋ねになったのがきっかけで、また教えられようになりました。

タイマッサージ復興の立役者です。

 

現在は10代目の長男ワチラロンコン王が即位しています。

次女のシリントン王女が人気で、女性の王様との声もありましたが、男系が継いでいます。

タイの王様はキング、日本の天皇はエンペラー。

日本の徳仁(なるひと)天皇陛下は、126代目です。