皆さん、こんにちは。

 

簿記の専門塾 わらびゼミナールです。

 

弊社は五反田の不動前という場所にあります。

 

前回の「貸倒引当金」の解説講義をします。

 

解答手順は以下のとおりです。

 

〔資料Ⅰ〕期末修正事項→〔資料Ⅱ〕決算整理事項

 

次に〔資料Ⅰ〕期末修正事項を一つ一つ見ていきます。

 

1. (1) 受取手形¥3,000が入金されていたが当社に未通知であった。

 

当社→(受取手形請求)→取引先

 

当社←(当座預金口座に入金されたが未通知)←銀行

 

未通知のため当社は上記取引について期中に仕訳をしていません。

 

しかし、未通知でも入金された事実は変わりありません。

 

よって下記のように期末修正仕訳をして下さい。

 

 当座預金3,000/売掛金3,000

 

以上が1. (1) の答えです。

 

次回は1. (2) の解説講義をします。

 

※わらびゼミナールでは教室受講を希望されている方募集中です。

 何としても合格したい人が受講する要件です。

 受講相談や体験講義をご希望の方は弊社ホームページよりアクセスしてくださいね。