不動前で簿記の個別指導塾を経営しておりますわらびゼミナールです。

 

今日は爽やかなお天気で過ごしやすいですね。皆さんはいかがお過ごしですか?

 

現在、会計士試験の受講生さんがいて財務会計(簿記とほぼ同じ)を教えていますが、かなり難しくて驚いています。

 

税理士試験の簿記論の10倍くらい難しいんじゃないですかね。

 

おかげ様で私の簿記のスキルが1年前よりも10倍近く向上しています。

 

現在、わらびゼミナールでは受講生さんを大募集しております。

 

わらびゼミナールのHPにアクセスしてくださいね。

https://www.warabi-zemi.com/

 

ご応募お待ちしております。

 

 

今日はパチンコは賭博ではない理由をお話します。

 

その前に賭博がなぜいけないのか皆さんはご存じですか?

 

現行法では賭博とは

 

「偶然で決まる勝負事についてお金を賭けて楽しむ行為」

 

になります。

 

偶然で決まる勝負事にはトラブルがつきものです。

 

そうすると暴行や強盗などを誘発することになります。

 

結果的に国民の生活に重大な悪影響を及ぼします。

 

よって賭博法で賭博はダメだと規制するわけです。

 

ここで問題なのはパチンコはなぜ賭博にならないかです。

 

賭博の定義をもう一度確認しましょう。

 

「偶然で決まる勝負事についてお金を賭けて楽しむ行為」

 

これってパチンコにも当てはまりますね。

 

パチンコがなぜ賭博にならないかは「三店方式」というシステムで守られているからです。

 

 

では「三店方式」がなぜ賭博にならないか?

 

それは金品の授受を直接やりとりしていないからです。

 

換金所という別会社を作ってそこで景品と金品の授受をすればお客も喜ぶし、景品を問屋→パチンコ屋に戻せば法律に違反しないワケです。

 

このようにパチンコは直接金品の授受をしていないので賭博にならないわけです。

 

ちなみに「三店方式」はパチンコのみの特権で他の娯楽(ゲームセンターなど)では使えません。

 

なぜパチンコのみの特権か?

 

それは警察が絡んでいるからです。

 

詳細は次回お話しします。

 

 

ここで恒例の音楽コーナーに移ります。

 

まずは岡村孝子の名曲「あなたへ・・・」です。

 

 

安定していて素晴らしい曲ですね。高校生の時に聴いて感動しました。

 

 

つぎにボビー・コールドウェルの「Stay With Me」です。

 

 

これも高校生くらいに聴いて感動しましたが、今でも素晴らしい曲ですね。

 

それでは今日はここまで。

良い一日を。