不動前で簿記を教えているわらびゼミナールと申します。

 

久々のブログの更新です。

 

昨年、一昨年とお仕事が忙しくてブログの更新が全然できませんでした。

 

最近のわらびゼミナールの活動は下記の通りです。

・日商簿記3級および2級の受験指導

・ビジネス会計2級の受験指導

・公認会計士(短答式)の財務会計の受験指導(大手予備校の答練に関する質問対応がメインです。)

 

あと、大手資格予備校での活動は下記の通りです。

・税務大学校での研修講師(簿記3級および2級)

・千葉県市原市の市民講座(簿記3級および2級)

・神奈川県藤沢市の市民講座(簿記3級)

 

わらびゼミナールは講義から運営まで私ひとりでやっていますのでかなり大変です。

 

営業だけは違う人にお願いした方がいいのかなぁ。

 

今後はブログやホームページの更新の頻度を少しずつ増やしていきます。

 

話は変わりますが、昨日は日商簿記試験でした。

 

受験された方お疲れ様でした!

 

試験の結果はどうであれ今週はゆっくり休んでくださいね。

 

ちなみに今回の試験の難易度ですが、

 

3級は例年通り標準的な内容・問題レベルでしたので合格率は40パーセント以上になるでしょう。

 

2級は前回よりもさらに難しい内容で問題レベルも高い内容でした。合格率は15パーセント前後でしょう。

 

2級は第2問で連結精算表(子会社2個、サービス業というおまけつき)、第4問で部門別計算(補助部門の予定配賦あり)が今回の目玉でした。

 

これはもはや1級に近い内容でしょう。なぜこのような出題をしたのか?

 

正直なぞです。

 

受験生のためを思うなら2級テキストレベルの標準的な出題にしてほしいですね。

 

今日のブログはここまで。

 

ではまた!