ウェディングドレスをレンタル、購入する際、どうやって決めますか?

 

たぶん、誰もが考えることは

 

① デザイン

② 自分の体型

③ 予算

 

の3つではないでしょうか?

 

私自身、(かなり昔ですが)ウェディングドレスを購入したとき、予算とデザインだけで決めてしまった記憶があります。

 

 

ただ、このほかに、会場がどのようなところかを考えて選ぶのが大切です。

 

 

例えば、教会やチャペル、階段のある会場だと、長いトレーン(ドレスの後ろのスカート部分)が映えます。

 

(写真撮影: Chung Li)

 

(写真撮影: Two Irises)

 

 

アウトドアの式の場合は、短めのトレーンがお勧めです。


(写真撮影: Two Irises)

 

トレーンが長いとそれだけ汚れたり、レースの部分が破れたりする可能性が高くなります。

 

特に地面が芝生だと、ヒールを履いて歩くだけでも大変ですから、そこに長くて重いトレーンのドレスを着て綺麗に歩くのは至難の業です。

 

(どうしても長いトレーンのドレスを着て、芝生のバージンロードを歩きたければ、低くて太めのヒールの靴を履いてください。)

 

 

ファーストダンスを踊る場合も、短いトレーンかトレーンが取り外しできるタイプが良いですね。

 

 

もし挙式後、いろいろなロケーションに行って写真撮影を行う場合は、自分でトレーンを持って歩ける、もしくはトレーンが取り外しできるようなドレスがお勧めです。

 

(写真撮影: Two Irises)

 

ロケーション撮影には私も同行しお手伝いはしますが、同じ車に乗って移動しないので、先に到着した場合などは、自分で持って移動していただく必要があるからです。

 

 

あと、ドレスの長さを自分の背丈にきちんと合わせてもらうのが重要です。

 

アウトドアウェディングはもちろん、屋内の会場であっても、ドレスの裾が長いと、つまずきそうになって歩きにくくなります。

 

もちろん、裾を軽く蹴るような感じで歩いたり、片手でドレスをつまんで歩いたりすることもできますが、できればつまずく心配をせずに、綺麗にバージンロードを歩きたい、と願うのは新婦全員の願いだと思います。

 

 

あと、生地についても考えてください。

 

アウトドア・ウェディングで、チュールを何枚も重ねてあるようなドレスだと、チュールとチュールの間に小さな虫が入ってしまうことが良くあります。

 

写真には写りませんが、気分的に嫌やですよね、小さな虫がドレスの中に入ってしまうなんて。

 

ダンスを踊る場合、ドレスが重たすぎると綺麗にターンできないことがあるので、軽い生地で作られているドレスのほうが良いかもしれません。

 

 

いろいろと書きましたが、ドレスのことはドレスショップの方が一番良く知っているので、お店の担当者に

  • どのような会場で式を挙げるのか
  • 挙式後ロケーション撮影やダンスをする予定なのか

の2点を伝えたうえで、自分に似合う最高に素敵なドレスを選んでくださいね。