パートを始めたわけ | 転勤族的生活

転勤族的生活

数年おきに引っ越ししてます

ずっと専業主婦だったのですが、去年、パートを始めました。

理由は、2つあります。

 

一つ目は、病院代。

咳喘息が治らず、薬代・診療代合わせて、月に1万円ぐらいかかります。

もう5年ぐらいになります。

自分の病気のために、月に1万円・・・なんだか申し訳なく思ってしまうのです。

加えて、今は歯の治療にも通っています。

1本の歯の治療のために、3万円ほどかかっています。

夫に何か言われるとかそんなことはありません。

ですが、毎月毎月治療費を払うなんて、私にそんな価値があるのか、なんて

どんどん思考がマイナス方向へ行ってしまうんです。

負のスパイラルから抜け出したかった。

 

二つ目は、「仕事をしている私」になりたかった。

仕事をしている人がキラキラ輝いて見えました。

家庭と仕事を両立してます、なんて聞くと、もう羨望の眼差しです。

家事もたいしてしていないのに、お金もかせがずにだらだらしている私に、価値があるのか。なんて。

く、暗い・・・。

 

疲れて御飯がレトルトや冷凍食品になってしまう日もあるけれど、

それでも、

「仕事をしている私」に満足しています。

週にたった二日なんですけどね。

たいした収入にはなりませんが、マイナス思考から抜け出すには十分です。